ホームユーステスト 実施例

ホームユーステストとは?実施する際のポイントや実施例を紹介

商品・サービスを一定の期間実際に使用してもらうことで消費者の生の声を調べる調査、「ホームユーステスト」。

どのような商品・サービスがホームユーステストに向いているのか、そして、ホームユーステストを実施する際のポイントや実施例について、詳しく紹介します。

ぜひ参考にしてください。

ホームユーステストとは

ホームユーステストとは、調査に協力してくれる対象者の自宅宛に新商品やリニューアル品などを送付して、一定期間利用や試飲・試食してもらう調査方法のこと。

ホームユーステストの協力者は、無料で商品を試すことができ、企業側は顧客のリアルな声を知ることができるため、商品の向上を図ることができます。

このようにいうと、商品開発の際にはホームユーステストをすればいいのでは?と思う方も少なくないでしょう。

しかし、ホームユーステストはすべての新商品やリニューアル商品にとって有効なわけではありません。

ホームユーステストが適するのは

①日常生活で使用した際の感想や評価を知りたい場合

②一定期間や長時間使用した後で評価を知りたい場合

です。

それぞれのケースについて見ていきましょう。

①日常生活で使用した際の感想や評価を知りたい場合

日常生活において利用される商品の場合、実際に使用してもらうホームユーステストは効果的です。

この商品例として、食品や日用品、電化製品などが挙げられます。

ホームユーステストの協力者に普段の生活の中で商品を使用してもらい、商品の感想や評価を聞き、その声を商品開発に活かすことで、より効率的なマーケティング活動が可能となるでしょう。

②一定期間や長時間使用した後で評価を知りたい場合

一定期間や長時間利用しないと効果が表れないタイプの商品も、ホームユーステストに適しています。

化粧品やヘアケア用品、健康補助食品などが、本タイプに該当するものとして挙げられます。

ホームユーステストを実施する際のポイント

ホームユーステストを実施する際のポイントとして

  • 十分な協力者を確保する
  • 協力者の立場に立って試用案内書を作成する
  • 商品の管理方法を案内する
  • 機密性が高い商品は避ける

ということが挙げられます。

1つずつ解説します。

十分な協力者を確保する

ホームユーステストは一定の期間に渡って商品・サービスを使用してもらう仕組み。

調査を引き受けた当初はその期間中を通して参加する意思があっても、何らかの理由で途中での離脱をする可能性もあります。

したがって、ホームユーステストを実施する際には、対象者が途中離脱することを考慮して、多くの協力者を確保しておくと良いでしょう。

協力者の立場に立って試用案内書を作成する

ホームユーステストの協力者には、試用案内書を渡しますが、この際、専門用語を多用すると、協力者が理解できずにホームユーステストから離脱する恐れがあります。

試用案内書は、協力者の方が理解しやすい言葉を用いて作成するようにしましょう。

ただし、作成した試用案内書があまりにもシンプルになると、協力者によって試用条件がバラつく可能性が生じるため、詳しく記載することが大切です。

商品の管理方法を案内する

ホームユーステストの期間中、商品を管理するのは協力者の方。

商品の管理が間違っていると条件に差が生じます。

ホームユーステストを正しく行えるように、商品の管理方法に関する案内書を作成しましょう。

機密性が高い商品は避ける

ホームユーステストは、協力者の自宅で商品・サービスを試してもらうもの。

したがって、機密性が高い商品には向いていません。

ホームユーステストの実施例

ホームユーステストの実施例を5例、紹介します。

自社がホームユーステストを行う際の参考にされてください。

美容機器のホームユーステスト

美容機器の効果を宣伝するため、現役のエステシャン200名を対象にホームユーステストを実施した例がありますが、これは、3ヶ月に渡って美容機器を試用してもらい、エステシャンのリアルな声を聴く、というもの。

高評価を下したエステシャンの方には別途インタビューも行い、そのインタビュー画像は広告に掲載されました。

エステティシャンが評価したことにより、その美容機器に興味をもち、購入する人が増加したとされています。

化粧品のホームユーステスト

オーガニックのコスメブランドが日本進出を図る際、ターゲットとなる女性にホームユーステストを実施しました。

このテストでは、協力者である女性たちに集まってもらい、自社のサンプル品を目の前にしてグループインタビューを実施。グループインタビューではパッケージや香り、テクスチャーに関しての意見を聞き、その後、3週間に渡ってサンプル品を実際に利用してもらいました。

その結果、パッケージやテクスチャーの印象、使用感に対して使用前と使用後で大きな違いがあったことが判明。

グループインタビュー時とホームユーステストでの感想の差を埋めるよう、成分やパッケージの変更がなされました。

アロマフレグランスのホームユーステスト

発売中のアロマフレグランスをリニューアルするため、また販売拡大を狙う目的で、ホームユーステストが行われました。

このテストでは、従来のターゲットよりも幅広い年代や条件の方を対象に、商品を1ヶ月利用してもらうという方法を採用。その際、協力者の方に渡す説明書はあえて基本的な内容だけのものとし、自由に利用してもらうこととしました。

その結果、予想していなかった使い方やニーズの把握に成功。商品のターゲット像の明確化と訴求メッセージの改善に成功しました。

美容ドリンクのホームユーステスト

美容ドリンクの効果や効能を確かめるために、ホームユーステストを実施したケース。

美容ドリンクの試飲期間中は定期的にWebアンケートを行い、対象者に体調や肌の状態を尋ねました。

本ホームユーステストでは、一瞬の効能だけでなく、美容ドリンクを飲むことによる経日変化が判明。

自由記述の欄に記載されたコメントの中で対象者の承諾を得られたものは商品の広告に掲載されました。実際に使用した方の口コミを見て、購入を決めた、という方も少なくなかったようです。

パスタソースのホームユーステスト

ゆでたパスタ麺に絡めるだけで美味しいパスタを食べることができるパスタソース。

この商品でも、協力者の自宅で試食してもらうホームユーステストが実施されたことがあります。

このテストは、普段使っている具材で料理してもらい、料理の完成後の画像をアップロードしてもらうというもの。

日頃知ることができない各家庭の料理スタイルから、新たな商品開発時のヒントを得ることができたとしています。

まとめ

実施する際のポイントや実施例も合わせて、ホームユーステストについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ホームユーステストはマーケティング戦略に効果的な調査方法です。

自社のニーズに応じて、ホームユーステストを活用してみてください。

無料お役立ち資料フォーム


参考記事一覧

メリット・デメリット・対応可能な会社一覧 ホームユーステスト(HUT)とは?(ネットリサーチ会社 比較サポーター)

ホームユーステスト ーHUTー(RakutenInsight)