プロダクトマネージャー

プロダクトマネージャーとは|概要や必要なこと、プロジェクトマネージャーとの違い

直訳すると、「プロダクト」を「マネジメント」する人、となるプロダクトマネージャー。

耳にしたことがあるけれど、いったいどういう役割を持つのかは分からない、という方も少なくないでしょう。

本記事ではプロダクトマネージャーの概要や必要なこと、​​​​プロダクトマネージャーになる方法を詳しく解説いたします。加えて、プロジェクトマネージャとの違いも把握しましょう。

プロダクトマネージャーとは

プロダクトマネージャーの仕事は顧客満足度を向上することによって、企業にとって最大限の利益を図ること。つまり、顧客の満足度を向上できる製品を見つけ、製品を販売する最適な手段などを計画して実行することです。

具体的には、ロードマップの作成やプロジェクト・投資の際の戦略上ならびに財務上の情報・分析を提示するビジネスケースの作成、新製品の開発や市場への投入、そして、プロダクトのライフサイクルの管理やブランド管理、効果的な販売戦略を実現するためのマーケティングを行います。

そのため、プロダクトマネージャーは、製品販売に関わる営業や財務、法務、研究開発などのあらゆる部署を取りまとめて方針を定める必要があります。

なお、プロダクトマネージャーはPdMと略されることもあります。

プロダクトマネージャーに必要なこと

プロダクトマネージャになるために、特別な資格は必要ありません。しかし、次のスキルはプロダクトマネージャーとして活躍する上で役に立つでしょう。

理解力

プロダクトマネージャーの仕事は課題解決から始まるもの。したがって、プロダクトの課題に関して深く理解できる力が求められます。

発想力

プロダクトマネージャーは、プロダクト開発に携わる仕事。新しいことに取り組むためには、発想の転換が求められます。

コミュニケーション能力

プロダクト開発は、マーケターを始め、開発・営業・経営陣など、さまざまな人が関わるもの。したがって、部署間でのやり取りは欠かせません。このやり取りが上手くいかないとプロダクトの成功が難しくなることも。意思疎通のためのコミュニケーションは能力は、プロダクトマネージャーに必須のスキルといえるでしょう。また、プロジェクトに関わる部署をまとめて引っ張るリーダーシップ力も求められます。

ステークホルダーマネジメントスキル

ステークホルダーとは、顧客や協力先の企業、経営者、部門長、プロジェクトマネージャー、技術者、デザイナーなどのプロジェクトに関係する人のこと。

ステークホルダーとの良好な関係を保つことは、プロジェクトの成功に欠かせません。そのため、ステークホルダーとの関係を維持することは、プロジェクトマネージャーに必要なスキルといえます。

ステークホルダーに安心してもらえるマネジメント計画を立てること、スケジュールに応じて計画の経過やルールの遵守を確認することが求められます。

プロダクトマネージャーの仕事にはビジネスとUX、テクノロジーの領域が関わるため、これら3領域に基づいてプロダクトの舵取りを行うことが大切です。ビジネスでは、製品を求めるユーザーを市場で獲得して収益を上げられるかの検証を、UXでは、ユーザーが本当に求めていることを追求して、ユーザーに愛用されるように製品化することが、そして、テクノロジーには、実現可能性を判断する分野が分類されます。

プロジェクトマネージャーとの違い

プロダクトマネージャーとプロジェクトマネージャ。よく似た言葉ですが、2つは全く異なる仕事です。

プロダクトマネージャーは、顧客の課題解決を図りながら開発する商品を決めていきますが、プロジェクトマネージャーは、品質や開発コスト、リリーススケジュールなどの観点からプロダクト開発に関わります。

言い換えると、何をなぜ開発するのかを決定するプロダクトマネージャーに対して、いつまでにどのように開発するかを定めるのがプロジェクトマネージェーと言えるでしょう。

プロダクトマネージャーになるには

プロダクトマネージャーになるときに、特定の資格は必要ありません。また、特定の仕事に就いているから将来的にプロダクトマネージャになれる、ということもありません。

ただし、IT企業であれば、自分でコードを書いて運用することによって、プロダクトマネージャーとしての経験を積むことができます。

プロダクトマネージャーはあらゆる部署をまとめる仕事であるため、営業やエンジニアなど幅広い部署からキャリアアップしてなることが可能。まずは、自社で商品開発などを行っている会社で経験を積み成果を出し、プロダクトマネージャーになることを希望する方法が最も現実的な手段といえるでしょう。

プロダクトマネージャーになるには

  • 優先順位を絶対に付けるようにする
  • 必ず状況を把握する
  • チームにそれぞれの意思決定を促す
  • チームメンバーをしっかりと観察して、各自に影響を与える方法を考える
  • 神経質になり過ぎないように意識する

という点を頭に入れておくといいでしょう。

まとめ

プロダクトマネージャーとは何か、プロダクトマネージャーになる方法やプロジェクトマネージャとの違いについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

プロダクトマネージャーになるために必要なスキルや資格はありません。

こうすれば確実にプロダクトマネージャーになれる、という方法はありませんが、本記事で紹介した内容を参考に、必要なスキルを身に付けてみてください。

無料お役立ち資料フォーム


参考記事一覧

プロダクトマネージャーとは?プロジェクトマネージャーとの違いは?仕事内容や必要なスキルを徹底解説!(Geekly)

製品マネージャー:役割と初心者向けのベストプラクティス(ATLASSIAN Agile Coach)

最も魅力的な職業「プロダクトマネージャー」の役割とは?重要性が増すプロダクト作りに必要な仕事を解説(SEBook)