YouTube広告

【徹底解説】YouTube動画広告の活用でマーケティング効果を上げた事例

動画投稿サイトであるYouTubeは、広告を掲載することで効果的なマーケティンができるツールとして注目されています。

比較的安価な広告費で活用することができますが、成功事例が気になる人も多いでしょう。

そこで今回は、YouTube広告について徹底的に解説します。

YouTube広告の基本的なポイントはもちろん、利用するメリットや実際の成功事例も合わせて紹介します。

この記事は、

  • YouTube広告の基礎が気になる人
  • YouTube広告のメリットを知りたい人
  • YouTube広告の成功事例をチェックしたい人

におすすめの内容です。

YouTube広告って何?

YouTube広告とは、サイトに投稿した動画にGoogle広告を紐づけることで広告を配信する機能のことであり、動画視聴の回数を基準に報酬が発生します。

広告収入の中には、クリック制で報酬が発生する仕組みのものもありますがYouTube広告とは発生形態が違うと覚えておきましょう。

YouTube広告には3つの種類があります。

  • バンパー広告
  • インストリーム広告
  • TrueViewディスカバリー広告

それぞれどのような広告なのか、順番に解説していきます。

バンパー広告

バンパー広告とは、閲覧者が動画を選択した場合に再生される広告で一定時間スキップできないのが特徴です。

視聴者が継続して動画を閲覧する場合は、6秒間必ず表示された広告動画を視聴する必要がありますが、6秒経過すると、続けて広告を視聴するか動画を閲覧するかを選択できるようになります。

バンパー広告の広告収入はインプレッション課金になっているので、1000回表示されると報酬が発生します。

インストリーム広告

インストリーム広告とは、閲覧者が動画を選択した直後に再生される広告です。

広告が再生されてから5秒経過しなければ、動画を閲覧することができませんが、5秒経過すると、閲覧者はそのまま広告を見るか、スキップして動画を再生するかを選択できます。

インストリーム広告は、次のいずれかの条件を満たした場合にだけ報酬が発生します。

  • 閲覧者が広告を30秒以上閲覧した
  • 閲覧者が広告に対してアクションを起こした

なお、広告動画が30秒以内の場合は、閲覧者がすべて閲覧した場合に報酬が発生します。

TrueViewディスカバリー広告

TrueViewディスカバリー広告とは、関連動画や検索結果画面の付近に表示される広告です。

企業広告をTrueViewディスカバリー広告として掲載するためには、次のような流れで設定をする必要があります。

  • YouTubeアカウントにログインする
  • アカウントに広告動画をアップする
  • GoogleAdwordsで広告に設定する
  • YouTubeでCTAボタンの設定をする

YouTube広告のメリットとは?

YouTube広告を使うことによるメリットはいくつかありますが、その中から

  • マス広告に比べて安価
  • YouTubeアナリティクスで効果分析ができる

という2点について紹介します。

マス広告に比べて安価

YouTube広告はマス広告と比べて安価であるのが特徴の1つです。

マス広告とは、新聞やテレビ、雑誌などの幅広い顧客にアプローチできる広告のこと。

大人数に対して企業広告ができる点がマス広告の魅力ですが、影響力が大きい分、広告料が高額になりやすいのがデメリットです。

一方、YouTube広告なら掲載頻度や掲載方法などを細かく設定することで予算に合わせたマーケティングを行うことができます。

広告を表示するターゲットの条件も設定できるので、経費を効率良く使った運営ができる点がYouTube広告ならではのポイントといえるでしょう。

YouTubeアナリティクスで効果分析ができる

YouTube広告は、YouTubeアナリティクスという無料機能を利用して効果分析をすることができます。

YouTubeアナリティクスとは、自社で運営する動画チャンネルのパフォーマンスをデータ化して、視覚的に確認できるYouTube広告の機能であり、次のような項目をチェックできます。

YouTube広告 アナリティクス

以上の内容を無料でチェックできるため、YouTube広告は効率の良いPDCAを行うことができる方法であるといえるでしょう。

YouTube広告の成功事例

YouTube広告の成功事例として

  • アウディ
  • Majestic Heli Ski
  • LSTN ヘッドフォン

の3つを紹介します。

アウディ

ドイツの自動車メーカーであるアウディは、インストリーム広告の特徴を上手く使って新型スポーツカーのマーケティング施策を成功させました。

アウディが当時販売を斡旋していたR8と呼ばれるスポーツカーは、超高性能な自動車で時速100kmに到達するまでにかかる時間はわずか3.5秒。

アウディが打ち出した5秒間のインストリーム広告は、3.5秒を時速100kmに到達するまでの加速映像に使い、残りの1.5秒で企業名と商品名を表示するというものでした。

先述した通り、YouTube広告のインストリーム広告は絶対表示時間が5秒間に限定されていて、30秒以上視聴するか閲覧者が広告に何らかのアクションをしなければ広告料が発生しません。

アウディはスキップボタンを押されることを前提に5秒完結の動画広告を配信することで、費用対効果が高いマーケティング施策に成功したのです。

Majestic Heli Ski

Majestic Heli Skiは、ヘリコプターでアラスカまで行き、スキーを楽しめるサービスを提供する会社です。

同社の代表はプロのスキーガイドとアメリカ軍のヘリコプター操縦士として活躍した経験があり、会社を立ち上げたのも当然の成り行きだったと言います。

Majestic Heli Skiは、YouTube広告を使って幅広いユーザーにアプローチをするマーケティング施策を実施しました。

その結果、新規顧客の約50%がYouTube広告によって獲得できたとしています。

動画を使って、ヘリコプターやスキーの映像などを効果的にアピールしたことで、成功した事例といえるでしょう。

LSTN ヘッドフォン

カリフォルニアのヘッドフォンブランドであるLSTNは、質の高い商品を提供するだけでなく、社会貢献ができる企業として多くの人に認知されることを目指していました。

なぜなら、同社では聴覚障がい者や難聴についてできるだけ多くの人に知ってもらい、聴覚障がい者や難聴の人に金銭的な支援をしたいと考えていたからです。

そこで、LSTNはYouTube広告で自社の概要を紹介する動画を流し、新規顧客にアプローチをしました。

文章ではなく、動画で会社の熱意や思いを表現することで、成功したYouTube広告の事例といえるでしょう。

まとめ

YouTube広告は、詳細な条件を設定することで安価かつ精度の高いマーケティング施策を実施できるのが特徴です。

文章や写真ではなく、動画で企業の魅力や新商品・新サービスの情報をユーザーに見せることで効果的にアプローチできるので、動画広告を考えている方は、今回の記事を参考にYouTube広告を始めてみてはいかがでしょうか?。


<参考>