Twitter マーケティング

Twitterマーケティングとは|メリット・デメリットと成功するポイントを解説

Twitterは無料で、スマホさえあれば利用できるので、中小企業も個人事業主も簡単にTwitterマーケティングを始めることができます。

ただしTwitterマーケティングには、SNSならではの落とし穴があるので注意が必要です。

本記事では、Twitterマーケティングとは何か、そして、Twitterマーケティングのメリットとデメリットについて分かりやすく紹介します。

Twitterマーケティングとは

「Twitterマーケティング」とは、SNSの1つ、Twitterを活用したマーケティングのこと。

Twitterは140文字以内の文字と写真や動画を投稿することができるSNSであり、情報や思ったことを手軽に発信できるツールとして幅広い年齢層に利用されているツールであり、Twitterをマーケティングに活用することで、商品やサービスの情報を発信して認知度を高めたり、ユーザーとコミュニケーションを図ることができるとして注目されています。

Twitterマーケティングのメリット

Twitterは、企業から消費者に対して新製品の紹介や新サービスの利用方法の解説、イベントの告知やトラブルが発生したことを伝えることはもちろん、ユーザーや消費者から意見を募ることもできます。

つまり、Twitterなら、「知らせること」と「知ること」の両方ができることによって顧客との関係を構築することができるのです。

また、Twitterのリツイート機能によって投稿が拡散されれば、その情報を広範囲のユーザーに知ってもらうこともできます。

ツイートが人気があると判断されれば、「トレンド」に掲載されることも。

トレンド入りすれば、大きな話題となることが期待できます。

Twitterマーケティングのデメリット

Twitterマーケティングのデメリットとして「マーケティングの成果を得るまでに時間がかかる」ことが挙げられます。

その理由は、記事や写真、動画を投稿しても、フォロワーがいなければ「観てもらう」ことができないため。

ユーザーに注目してもらえるツイートを理解している人がTwitterの投稿を担当することが、成果を得るまでの時間を短縮するためのポイントといえるでしょう。

担当者がフォロワー数を増やそうとして、ユーザーの目を引くパワー・ワードを使いすぎると、炎上というSNSマーケティング最大の惨事を起しかねません。

一度炎上してしまうとマイナスイメージが定着してしまう恐れがあるため、ツイートが炎上しないかどうか、登校前に慎重に判断することが大切です。

成功するためにやるべきこと

Twitterマーケティングを成功させるには、特に次の3点に注意してください。

・ゴールを決める

・質のよいフォロワーを増やす

・担当者のSNSリテラシーを向上させる

どれも重要なので1つずつ解説します。

ゴールを決める

Twitterマーケティングでは、ゴールを設定することが大切です。

「商品の認知度を高める」「サービスに好印象を抱いてもらう」「キャンペーンの参加者を1.5倍にする」「公式サイトに誘導する」といった具体的な目標を定めましょう。

そして1回のTwitterマーケティングでは、1つの目標しか設定しないほうがよいでしょう。複数の目標を設定してしまうと、狙いがぼやけてしまいます。

質のよいフォロワーを増やす

Twitterマーケティングの担当者は、フォロワーや視聴者をただ増やすのではなく、質のよいフォロワーを増やすことに専念することが大切です。

そのためには、質の高いコンテンツを提供していかなければなりません。

コンテンツづくりで手を抜くと、情報のクオリティに敏感なSNSユーザーにすぐに飽きられてしまうので、質の良いコンテンツを発信するようにしましょう。

担当者のSNSリテラシーを向上させる

Twitterマーケティングでつぶやく担当者には、SNSリテラシーが高い人を選びましょう。

また情報収集のアンテナを絶えず張っている人も、担当者にふさわしいといえます。

もしSNSリテラシーが高い社員がいなければ、Twitterの投稿文を複数人でチェックできるようにしておいてください。

ツイッターの機能を熟知しておく

Twitterにはさまざまな機能が搭載されています。マーケターはその機能を把握しておくことが大切です。

フォロワー数の変動を確認できる

Twitterではフォロワー数を日別や月別で確認できます。投稿内容と投稿日時とフォロワー数の変動を重ね合わせれば、コンテンツの改善に取り組むことができます。

閲覧者の知りたいことと、担当者が知らせたいことは、往々にして齟齬が生じます。齟齬が生じると、すぐにフォロワー数は減るでしょう。

フォロワー数の変動は、齟齬を埋めるのに役立ちます。

いつ「いいね」を押したかがわかる

Twitterでは、「いいね」や「お気に入り」といったユーザーの活動を、時系列で知ることができます。

Twitterのつぶやきは「鮮度」が大切なので、ユーザーが活発に活動しているときに投稿できるとよいでしょう。

予約投稿を使うことで担当者の負担を減らす

予約投稿とは、投稿文を公開する日時を指定できる機能のこと。

例えば、1日2回投稿する場合に、投稿するタイミングごとにコンテンツを作るとなると、投稿するのに最適な時間帯にツイートを投稿できないことも。

あらかじめコンテンツを作成しておき、そのコンテンツを投稿する時刻を予約すれば、投稿するタイミングを逃すこともありません。

まとめ

Twitterマーケティングとは何か、そして、そのメリットとデメリットは何か、紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

Twitterマーケティングは手軽に始めることができるので、ぜひ取り組んでみてください。

無料お役立ち資料フォーム


<参考>

Twitter(ツイッター)マーケティングとは。企業の成功事例と運用におすすめなツールもご紹介