ソーシャルマーケティング

ソーシャルマーケティングとは|事例や効果、CSRとの違いなどを紹介

ソーシャルマーケテイングは、売上アップのためのマーケテイング活動ではなく、企業による社会貢献や非営利的運動の認知を広めていくための手法であり、ブランドイメージアップにつながるのがポイントです。

大規模企業だけでなく個人規模でも実施可能なので、認知度を上げたい中小事業者の間でも積極的に取り入れられています。

今回は、ソーシャルマーケテイングのメリットや実例、似た言葉との違いを解説します。

ソーシャルマーケティングとは

ソーシャルマーケティング

ソーシャルマーケテイングとは、企業や団体による社会活動や理念を世に広めていくための手法です。

従来のマーケティング手法を使い、企業活動をより広く認知してもらうことを目的としています。

売上や利益を求めるマーケティング活動ではなく、あくまで社会とのつながりや社会的利益に重きを置いた活動ということを押さえておきましょう。

近年、環境問題や企業の社会的責任への関心が高まっていることもあり、ソーシャルマーケティングは企業イメージアップのポイントにもなっています。

このソーシャルマーケテイングには、行政機関や非営利団体など、利益のアピールがタブーとされている組織でのマーケテイング活動を意味する場合もあります。

まとめると、ソーシャルマーケテイングは直接的利益をもたらさない社会貢献活動を、知ってもらうマーケテイングといえるでしょう。

ソーシャルマーケティングとCRM

ソーシャルマーケテイングは直接的には利益になりません。

そこで、社会貢献と利益を両立させたCRMという手法に注目が集まっています。

「売上の〇〇%をNGO法人に寄付」や「売上の一部が森林維持活動に役立てられています」などの広告を見たことがある、という方は多いと思いますが、こういったアピールをしながら売上がアップすれば、社会問題の解決も可能です。

つまり、CRMは、企業と社会それぞれにメリットがある手法といえます。

ソーシャルマーケティングの事例

前章ではソーシャルマーケテイングの概要と関連するマーケテイング手法について紹介しましたが、ここからはソーシャルマーケテイングの活用事例を3つ紹介します。

サントリー

サントリーは「天然水の森 人類以外採用」というページを公式サイトに設置しています。

一見すると採用サイトのようですが、このページに込められたメッセージは天然水を生み出す森を守ろうというもの。

オリジナリティ溢れるキャンペーンとして注目を集め、「水のサントリー」というイメージが世間に広がるきっかけとなっています。

アメリカン・エキスプレス

世界にその名が通っているクレジットカードブランド、アメリカン・エキスプレス。

アメリカン・エキスプレスでは、ソーシャルマーケテイングとして自由の女神修復キャンペーンを実施しましたが、これは現代版のソーシャルマーケテイングが広がるきっかけになりました。

同社は文化遺産の保護や修復に力を入れており、1983年に実施されたこのキャンペーンもその一環として行われたもの。

自由の女神というアメリカのシンボル的存在を取り上げたことで、国民の関心を集めました。

結果、同社のクレジットカードを利用する人が増え、決済額は前年比28%アップ。新規申し込みも45%アップし大きな宣伝効果をもたらしたのです。

キリン

キリンは、前述したサントリーと同じくいろいろな飲料を製造・販売しているメーカーですが、このキリンもソーシャルマーケテイングに力を入れています。

同社では多くの社会的貢献活動をしていますが、代表的な取り組みとして挙げられるのがキリン絆プロジェクト。

このプロジェクトは東日本大震災の被災地域の住民とともに、今なお残る課題に対して取り組むものであり、活動の一環として、同社の代表的な缶チューハイ「氷結」で福島県の果実を使った商品を次々に販売し、売上の一部を農業の復興支援に活用しています。

2013年に販売した「氷結 和梨」は22万ケースが1ヶ月で完売するなど大きな反響を呼び、被災地の復興とともに、企業にも利益をもたらしています。

ソーシャルマーケティングとCSRの違いとは

ソーシャルマーケテイングと似た言葉にCSR(Corporate Social Responsibility)という言葉があります。

日本では企業による無償活動やボランティアという意味などに捉えられがちですが、実は違う意味を持つ言葉です。

ここではCSRの概要と、ソーシャルマーケテイングとの違いを解説します。

CSRとは

CSRを端的にいうと、企業が社会的責任を追う義務のこと。

企業には自社の利益追求だけでなく消費者や取引先、さらには投資家に至るまですべての利害関係者からの要求に対して意思決定をする責任があります。

また、関係者を取り巻く環境の変化による需要などにも対応し、市場創造や価値の創造にも結びつける必要があります。

こうした活動は、企業の維持発展や長期持続につながり、社会全体の発展に結びつきます。

つまり、CSRとは企業の社会的責任全体を指す言葉であり、すべての営利団体が取り組まなければならない課題なのです。

ソーシャルマーケテイングとCSRの違い

ソーシャルマーケテイングは、企業や団体が行う社会的責任を果たすための活動を指します。

具体的には、寄付活動や環境保全活動など。

消費者や社会が共感できる活動によって共感を得ることが目的です。

一方、CSRは企業の持続的な活動により、社会の継続的発展につなげる義務を意味する言葉です。

持続的な社会貢献活動やボランティア活動などをCSRと捉える風潮もあります。

このため、CSRは大きな企業による大規模な社会的活動というイメージが広がっているのです。

ソーシャルマーケテイングとCSRは似て異なる言葉であり、それぞれの意味をしっかり理解して取り組まなければなりません。

ソーシャルマーケティングによる効果

企業による社会貢献活動を指すソーシャルマーケテイング。

具体的にどのような効果があるのか紹介します。

社内のやる気向上や人材の確保

ソーシャルマーケテイングは「社会のため」を前面に押し出したマーケテイング活動です。

したがって、自分の働きが役立っていると実感しやすいということがメリットの1つとして挙げられます。

人の役に立つ仕事をしていると思うことによるモチベーションアップや、「人の役に立ちたい」という人材の確保が可能となります。

ソーシャルマーケテイングは賃金だけではないやりがいをもたらし、企業の士気向上に大きく役立つといえるでしょう。

差別化

現代の社会ではたくさんの商品やサービスが存在するため、差別化しにくい、という実情があります。

そのため、多くの企業は、ソーシャルマーケテイングを活用した差別化に取り組んでいます。

同じような商品なら、購入することで社会の役に立つ方を購入したい、という消費者に受け入れられる手法であり、物があふれる現代において、大きな意味を持つ手法であるといえるでしょう。

連鎖することによる社会発展

多くの企業では、自社が行っている社会貢献活動を広くアピールし、色々なメッセージを発信しています。

そのため、私たちが社会の抱えるいろいろな課題について目にする機会は数多くあります。

そうしたメッセージを見た人が社会問題に興味を持ち、行動する人が増えれば社会にとって大きなメリットとなり、他の企業が参入して切磋琢磨するようになれば、社会の発展にもつながっていきます。

こうした連鎖が起こることで、より大きな規模での社会改善が期待できるでしょう。

まとめ

ソーシャルマーケテイングは企業が社会問題に取り組むことで、いろいろな方面にメリットがある活動です。

多くの企業が参入することで社会がより良くなっていく可能性があり、企業で働く従業員のモチベーションアップにもつながります。

ソーシャルマーケテイングの輪が広がることで、企業や関係者だけでなく私達の生活もよりよいものになっていくことが期待されます。


参考