リスティング広告

リスティング広告とは|メリット・デメリットから費用、出し方まで全て解説

ネット広告が注目される現代では、リスティング広告の効果は必ずチェックしておきましょう。

なぜなら、リスティング広告を賢く使うことで、企業は市場から大きな反応を得られる可能性があるからです。

今回は、リスティング広告の基本的なポイントや予算、メリット・デメリットをわかりやすく解説していきます。

この記事は、

  • リスティング広告が気になっている人
  • リスティング広告の予算が知りたい人
  • リスティング広告のメリットやデメリットを理解したい人

におすすめの内容です。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、ユーザーが検索エンジン(GoogleやYahooなど)にキーワードを入力して検索した場合に表示される広告のことです。

検索語句に基づいて掲載される広告が決定されるのが特徴であり、ユーザーが広告をクリックすると、広告を出している人が費用を支払う仕組みになっています。

そのため、リスティング広告は、PPC(Pay Per Click)や検索連動型広告(検索広告)と呼ばれることもあります。

リスティング広告は、自然に表示されるページよりも、ユーザの目に入るまでの時間が短いのが特徴です。

なぜなら、自然に表示されるページは、アルゴリズムを踏まえて検索の上位に表示されるようにするために相当な労力や時間がかかるからです。お金をかけてリスティング広告を出せば、すぐにユーザが閲覧しているページに表示できるのでスピーディな成果が期待できます。

リスティング広告の費用はどれくらい?

一部の記事では、広告費にかかる費用は30万円前後が目安であると紹介されていますが、リスティング広告の費用は自分で設定できるため、具体的な相場は存在しません。

リスティング広告を始める前に予算を組むと効果を最大化するのが難しくなる可能性があるため、リスティング広告にかける適切な費用を見極めることが大切となります。

リスティング広告にかける適切な費用の決め方は、以下の2つがあるのでぜひ参考にしてください。

リスティング広告

リスティング広告のメリット

リスティング広告を導入するメリットには、次のようなものがあります。

  • すぐに広告を出せる
  • ターゲットを絞ってアプローチできる
  • 費用対効果が分かりやすい

それでは、上記3つのリスティング広告のメリットについて詳しく見ていきましょう。

すぐに広告を出せる

リスティング広告は、他の広告と違って出稿さえ完了すればすぐに集客につながるというメリットがあります。

予算の都合にもよりますが、上限クリック単価をできるだけ引き上げればすぐにページが上位に掲載されるのです。

ページが上位に掲載されれば、ユーザーにページをクリックしてもらえる可能性がぐっと上がるため、Web集客の効果を高められるということが期待できます。

ターゲットを絞ってアプローチできる

リスティング広告は、ページを表示するユーザーを細かくターゲティングできるのも魅力の1つです。

ターゲットをしっかり絞ってユーザーにアプローチすれば、コンバージョンを高められる可能性があります。

「リスティング広告の設定をするのが面倒」と感じる人がいるかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。

費用対効果が分かりやすい

リスティング広告は、設定する広告のランクを上げれば費用対効果が高まるという非常にわかりやすいシステムです。

上限クリック単価を調整したり、クリック率や利便性などを考慮して品質の高い広告を出稿すれば、さらに費用対効果が大きくなります。

リスティング広告のデメリット

続いて、リスティング広告を導入した場合に気になるデメリットを紹介します。

  • 運用コストがかかる
  • 効果的に運用するためには知識が必要
  • 敬遠するユーザーもいる

以上のデメリットの内容を順番に解説していきます。

運用コストがかかる

販売促進をするためのコストは必要不可欠です。

しかし、リスティング広告は、ユーザーが広告をクリックするたびに費用が発生する仕組みになっているため、絶えず広告費が必要になります。

「ずっと広告費を払うのは負担が大きい」という場合にはリスティング広告の長期的な運用はおすすめできません。

効果的に運用するためには知識が必要

リスティング広告は誰でも簡単に始めることができますが、効果を最大化するためには専門的な知識を身につける必要があります。

どのような広告がコンバージョン率が高いのか、どのキーワードを入れれば狙ったターゲットにページを表示できるのかなどは、全く知識が無い人にとっては難しい問題でしょう。

長期的にリスティング広告を運用していくなら、ある程度専門的な知識を身につけることをおすすめします。

敬遠するユーザーもいる

リスティング広告は、必ず広告のラベルが表示されます。

そのため、ユーザからすれば広告ページなのか、自然に出てきたページなのかが一目瞭然です。

ネットユーザーの中には広告ページを閲覧することを避ける人もいます。

すべてのターゲットに受け入れられるわけではないことを覚えておきましょう。

リスティング広告の出稿方法

最後に、実際にリスティング広告を出稿する方法を紹介します。

先に、日本国内のリスティング広告はGoogle広告とYahoo広告があることに触れましたが、細かな出稿方法は異なります。

とは言え、いずれも専用のアカウントを取得してページの案内に沿って登録するだけで簡単に広告の出稿が可能です。

ユーザーの検索結果に表示する広告内容を考え、リンクするキーワードを選びましょう。

除外するキーワードやキャンペーンの細かな設定もすれば、よりリスティング広告の効果を高められるでしょう。

また、実際にリスティング広告でどれだけコンバージョンに至ったかを確認できるようにコンバージョンタグなどの設定を入れることも大切です。

リスティング広告の成約率が把握できれば、コストや広告の見直しがしやすくなります。 

まとめ

リスティング広告は検索エンジンにキーワードを入力したユーザーに対して、連動した広告を表示させる手法です。

関連性の高いページを表示できるため費用対効果やコンバージョン率が高いなどのメリットがありますが、その一方で、常に広告費がかかったり、効果的な運用を長期的に行う場合には専門的な知識の習得が必要だったりなどのデメリットもあります。

今回紹介した内容参考に、自社でリスティング広告を導入するか検討してみましょう。

誰でも簡単に始められるので、まずは少額な予算で実践してみるのも1つの方法です。


<参考>