digital transformation ,概要

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?基礎知識と実態を解説します

今、注目を集めているデジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation、以下DX)。

総務省は「ICTによって生活をあらゆる面でよりよい方向に変化させる動き」、三菱UFJフィナンシャル・グループは「すべての戦略を貫く柱」と位置づけ、日本経済新聞は、「AI(人工知能)などのデジタル技術と膨大なデータを組み合わせ、ビジネスモデルを変革すること」と説明しています。

なぜ世の中は今、これほどDXに注目しているのでしょうか。

DXの基本知識と、DXが注目されている理由、DXの国内事例について、次の3本の記事で解説します。

本稿は1本目の「DXとは何なのか、基礎知識と実態」です。

DXの基礎知識と実態について見ていきましょう。

いろいろな定義を確認してみる

DXの実態をとらえるために、まずは、あらゆる分野のDXの定義を追ってみましょう。

DX

DXは2004年にスウェーデンで誕生

DXを提唱したのは、スウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授とされています。

ストルターマン氏はDXを「人間の生活に何らかの影響を与え、進化し続けるテクノロジーであり、その結果、人々の生活がよい方向に変化する」概念であると紹介しました。

この定義を知ると「現在でも、すでに、技術の進歩が人々の生活に影響を与えて、生活をよくしているではないか」という疑問がわく人もいるでしょう。

その疑問は、その通りです。

では、DXと現在の技術の進歩の違いは何かというと「変化」です。

現在の人々が享受している技術進歩の果実は「結果」であり、DXの世界では、さらに「変化」することでまだまだよいことが起きる、と考えるわけです。

DXには未来志向が含まれています。

総務省は社会・経済システムに注目している

総務省は、IT(情報技術)やIoT(ネットとモノ)、そして、AIが、インフラや制度、組織や生産方法などの社会システムと経済システムに導入されることが、DXの取り組みであると紹介しています。

そしてDXの取り組みによって

  • 製造業が、製品から収集したデータを活用して、新たなサービスを展開する
  • 自動化技術によって、異業種と連携したり、異業種に進出したりできるようになる
  • シェアリングサービスが普及して、所有する社会から利用する社会になる
  • 特定の分野や組織にだけ最適化されていたシステムや制度が、社会全体のシステムや制度に変貌する

としています。

データが重要になる

先ほど紹介したとおり、日本経済新聞はDXを「デジタル技術と膨大なデータを組み合わせ、ビジネスモデルを変革すること」と定義し、「データ」が強調されています。

現代のデジタル技術を使えば、とてつもなく高度な分析力を使って新しい知見を次々獲得することができるでしょう。

しかし、分析対象であるデータを手に入れておかなければ、いくらDXでも無から有を生み出すことはできません。

経営資源には、これまで、人・モノ・カネの3要素が必要であるといわれてきましたが、DXの世界ではそれに加えてデータが4番目の要素として重要になります。

IT化とどう違うのか

DXの動きはIT化と似ていますが、両者は何が違うのでしょうか。

IT化が、これまでの世の中のデジタル化だとしたら、DXはこれからのデジタル化といえます。そして、DXのデジタル化はIT化より強力なものとなるでしょう。

ITは情報を伝達する技術なので、DXのベースとして、その重要性は変わりありません。

IoTとDXの関係

DXは、ITだけでは達成できません。

DXを実現するには、あらゆる生活シーンにITを埋め込む必要があります。

そして、あらゆるモノというモノにITを埋め込み、それらをすべてネットでつなぎ、情報を集めたりモノを動かしたり制御したりするには、IoTの技術が必要になります。

例えば、自動運転車はDXの成果品の1つと考えられますが、これを実現するには自動車のあらゆる部品にセンサーをつけるだけでは足りず、信号機や地面などにセンサーを装着して道路をスマート化する必要があります。

DXには、このように徹底的なIoT化が必要になるのです。

AIとDXの関係

DXの実現には、もう一段上のAIが必要になるでしょう。

2020年現在、AIはかなり普段の生活に浸透してきましたが、今のIT業界には、1、2年ほどの前の「AI熱」はありません。

多くの人は、AIのことを「すごく優れたIT」といった程度に理解していて、AI熱が最高潮だったころにいわれていた「夢の技術」という印象は薄れています。

しかし、AIの研究者たちは開発の手を緩めていません。

それはDXにはAIが欠かせないからです。

DXの目標の1つに無人化や自動化がありますが、AIなくしてそれを実現することはできません。

DXの進化は、AIの発展によるところが多いといえるかもしれません。

何をすれば「DXした」ことになるのか

DXがまだ始まったばかりなのに、そのゴールを考えるのは時期尚早かもしれません。

しかし、DXが実現した世界を想像できなければ、DX投資やDX導入の検討は進まないでしょう。

総務省はDXの世界として「現実世界とサイバー空間がシームレスにつながっている」状態を提唱しています。

総務省が想い描く、現在のIT社会と将来のDX社会には、次のような違いがあります。

<現在のIT社会>

  • 現実世界とサイバー空間の両方が存在するが、両者のつながりはそれほど密接ではない
  • サイバー空間のなかでは、主にデータベース内の情報がやりとりされている
  • IT社会は「生産の効率化」「病気の早期発見」「環境破壊の防止」「安全な建物」「渋滞緩和」などを実現する

<将来のDX社会>

  • 現実世界とサイバー空間が融合していて、両者の違いが見分けられない状態になっている
  • IoTで情報を集めてビッグデータがつくられ、その膨大なデータをAIで次々分析し、新たな知見を生み出していく
  • DX社会は「生産性の向上」「健康の質の向上」「持続可能な社会」「安心・安全な社会」「快適な移動」などを実現する

生活や社会のあらゆる分野がグレードアップする

総務省が考える「将来のDX社会」は、「現在のIT社会」のあらゆる分野がグレードアップしているところが特徴的です。

例えば、現代の生産現場は、ITによって生産の効率化が図られました。これでも十分、大きな成果ですが、DXが実現すると生産性が向上します。

現代の「病気の早期発見」は「健康の質の向上」に進化し、「環境破壊の防止」は「持続可能な社会」へ、「安全な建物」と「渋滞緩和」は「安心・安全な社会」と「快適な移動」に変わるでしょう。

まとめ~未来の未来

ITだけでも「十分に未来の世界になった」と感じている人はいますが、DXは、さらに便利かつ快適な「未来の世界」をつくり出すことができます。

DXがどれだけ大きなビジネスチャンスをもたらすのか、想像するだけで期待感が高まります。

お役立ち資料ダウンロードはコチラ


<参考>