インプレッション

インプレッションとは?広告の効果を最大化するにはどうすればいい?

マーケティングに携わったことがある人なら、「インプレッション」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

インプレッションは、ネット上に広告を出している企業にとって非常に重要な指標です。

そこで今回は、インプレッションの基本的なポイントをわかりやすく解説します。

インプレッションの数え方や増やし方も合わせてチェックしていきましょう。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 自社でネット広告を出している人
  • インプレッションの数え方がわからない人
  • インプレッションを増やす方法が知りたい人

インプレッションとは

広告業界におけるインプレッション(IMP)とは、ネット上に掲載する広告がユーザーに閲覧された回数のことをいいます。

そのため、Web広告を出している企業にとってインプレッションは非常に大切な指標とされています。

ネット広告の効果を最大化するためには、インプレッションの基本的なポイントの数え方、増やし方などをきちんと理解する必要があるのです。

インプレッションの数え方

インプレッションは、ユーザーがWeb上のページを開いて広告が表示された場合に「1インプレッション」と数えます。

名前が少し長いので、「インプ」と略されることもあります。 

このとき、ユーザーが表示したページに複数の広告が掲載されている場合は、インプレッションは広告数と同じ数値になります。

インプレッションを求める計算式は以下の通りです。

インプレッション

ただし、利用するメディアによってはインプレッションの数え方が違う場合があります。

例えば、実名登録をするSNSとして知られているFacebookでは、ユーザーがページの一部だけでも開けば、1インプレッションとして数えます。

自社でネット広告を掲載する場合は、利用するメディアのインプレッションの数え方をあらかじめチェックしておきましょう。

そうしなければ、インプレッション数を使った効果的なWeb広告の見直しがやりづらくなるので注意が必要です。

インプレッションで分かることとは?

広告を掲載しているページのインプレッションをチェックすると、広告をクリックしたユーザーの数がわかります。

広告のクリック数やクリック率も把握できるため、販売促進による実際の効果を具体的な数値できるのが大きな特徴です。

インプレションとPV・リーチの違いとは

インプレッションについて学び始めると、PVやリーチとの違いがわからなくなる人がいます。

いずれも意味がまったく違う言葉なので、きちんと内容を押さえておきましょう。

PVはページの表示回数

PV(ページビュー)は、ネット上でページがユーザーによって表示された回数を表す単位です。

例えば、ページの表示回数が500回である場合は「500PV」と表します。

リーチはページの閲覧者数

リーチは広告を掲載したメールやページを見たユーザーの数を表す言葉です。

UU(ユニークユーザー)と同じ意味として使用され、同一人物が同じページを複数回見ても、リーチは1になります。

インプレッションを増やすには

インプレッションを増やす方法は、全部で3種類あります。

  • 広告の検索ワードを見直す
  • 広告にかける予算を増やす
  • 広告出稿者の入札単価を比較する 

どの方法が自社のインプレッションを増やすために効果的か考えながらチェックしていきましょう。

広告の検索ワードを見直す

多くのWeb広告者から人気の検索ワードは、それなりの費用を支払えば広告が表示される回数が増える仕組みになっています。

1つの検索ワードに絞って高インプレッションを狙うには限界があるので、複数の検索ワードを盛り込むことが大切です。

例えば、メインのキーワードを「インプレッション」にして、「PV」「リーチ」「やり方」「増やし方」などをサブのキーワードとして広告に取り入れます。

こうすれば、競合のサイトが少なくなるだけでなく、費用対効果を高めることにつながります。

広告にかける予算を増やす

広告を掲載するメディアにもよりますが、1インプレッションごとに広告の単価を設定しているケースがほとんどです。

そのため、単純に広告にかける予算を倍にすればインプレッションも倍になります。

新規メディアを立ち上げて広告を掲載したり、既存のメディアの広告予算を増やしたりして広告にかけるお金を調整してみましょう。

広告出稿者の入札単価を比較する

入札単価とは、広告を出稿している人がメディアに対して支払う設定単価です。

同じメディアに複数の企業が広告の掲載を希望しているときは、単価を高く設定している企業ほど広告の掲載回数が多くなる仕組みになっています。

広告にかける予算を増やすことにもつながる方法ではありますが、単価は検索キーワードごとに設定できるので比較的費用を抑えて高インプレッションを狙えます。 

まとめ

ネット上に広告を掲載している企業にとって、インプレッションはとても大切な指標です。

Web上の広告の効果を高めたい場合は、今回紹介した内容を参考にインプレッションを見直してみてください。

自社に合ったインプレッションを増やすための方法を検討して実践してみましょう。


<参考>