view ability

ビューアビリティとは?デジタル広告で重視される理由と改善する方法を紹介

マーケティング施策として、Web上のサイトやコンテンツに広告を掲載する方法が一般的になりつつありますが、広告を掲載したからといって、必ずしも自社が求める成果に結びつくわけではありません。

自社が求める成果をWebサイトやコンテンツに広告を掲載することによって得るために必要なのが「ビューアビリティ」です。

「ビューアビリティとは何か」「なぜ重要なのか」など、分かりやすく解説します。

  • WEB広告の掲載を検討している人
  • ビューアビリティについて知りたい人
  • ビューアビリティの向上を狙っている人

はぜひ参考にしてください。

ビューアビリティとは

ビューアビリティ(View ability)とは、「ユーザーに広告が見られているかどうか」を表す言葉です。もう少し詳しく説明すると、ビューアビリティとは、ユーザーが対象の広告を閲覧可能だった状態に対する比率のこと。

ユーザーが広告を目に入れる可能性がある状態を「ビューアブル」、まったく可能性がない状態を「非ビューアブル」と表現することもあります。

広告はページのいたるところに掲載されていますが、ページが表示されたからと言って必ずしもビューアビリティになるわけではありません。一般的には、広告のピクセルが50%以上視認できる領域に表示された状態が1秒以上継続した場合に「ビューアブル・インプレッション」だと判断されます。

ただし、ビューアブル・インプレッションの基準はサービスや団体などによって異なるので注意が必要です。

ビューアビリティの求め方は、以下の通りです。

ビューアビリティ

ビューアブルインプレッションは、ページや媒体などの管理画面でチェックできます。もし、チェックできない場合や複数の媒体のビューアブルインプレッションを核にしたい場合は、専用の計測ツールを導入する方法も有効です。

ビューアビリティはなぜ重要?

広告が掲載されたページが表示されたからといって、ユーザーが掲載箇所までスクロールする保証はありません。しかし、ページの表示回数を元に広告料を請求されては、費用負担だけが増えてしまいます。

そこで、重要となるのがビューアビリティです。広告が掲載された箇所までユーザーがスクロールした場合にのみ、課金をすれば広告主の不平等感を少なくできるでしょう。

ネット広告に力を入れる企業が増えてきた現代において、ビューアビリティはより一層重要視されると言っても過言ではありません。

ビューアビリティを上げるには

ビューアビリティを上げるための方法として、次の3種類が挙げられます。

  • 広告の配置場所を工夫
  • デザインを工夫
  • ネイティブ広告を使う

それぞれの方法の具体的な内容を順番に紹介します。

広告の配置場所を工夫

webページを訪れたユーザーがページの下部まで目を通す保証はありません。そのため、広告の配置場所を工夫することが大切です。

例えば、Webページを開いたときに最初に表示される部分(Adobe the fold)は、一番ユーザーに見られる部分です。

つまり、ビューアビリティを上げたいなら、その広告をできるだけページの上部に持ってきたり、ユーザーエンゲージメント率が高い場所に広告を設置するといいでしょう。

デザインを工夫

ビューアビリティを上げるためには、表示されるデバイスに配慮したデザインにするのも1つの方法です。

サイズが大きい広告ほどビューアビリティが高いと考える人がいるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

例えば、広告のサイズがあまりにも大きいとスマホで見たときに邪魔になってしまい、ビューアビリティの向上にはつながらないでしょう。

ネイティブ広告を使う

ネイティブ広告とは、サイト上のコンテンツの一部に見える広告のことです。

例えば、Twitterのプロモーションツイートやフェイスブックの投稿形式の広告などがネイティブ広告に分類されます。

他の広告と比較すると、いわゆる「広告っぽさ」が少ないためユーザが細部まで目を通したり、クリックしたりする可能性があります。

ビューアビリティ以外にブランドセーフティ、アドフラウドという問題も

ビューアビリティは、広告毀損問題のうちの1つです。広告毀損問題には、ビューアビリティ以外に「ブランドセーフティ」と「アドフラウド」の2つがあります。

ブランドセーフティとアドフラウドとはどういう問題なのか、1つずつ見ていきましょう。

ブランドセーフティとは

ブランドセーフティ(Brand safety)とは、企業のブランドイメージを毀損する危険性があるサイトなどに広告を掲載しないように努める考え方のこと。

例えば、反社会的活動に関連するページやポルノコンテンツなどに広告掲載をしないようにする、というものです。

ブランドイメージはすぐに高められるものではなく、不適切なサイトなどに広告が掲載されてブランドイメージが落ちてしまってからでは、対処のしようがないケースも多くあります。

そのため、ブランドセーフティが守られる広告会社に掲載を依頼したり、自社で定期的に調査をすることが必要です。

アドフラウドとは

アドフラウド(Ad fraud)とは、機械(ボット)によって行われた広告クリックや広告閲覧のこと。

「機械は広告を閲覧するものタイプしかない」と考えている人もいますが、そんなことはありません。

クリック広告に対応したボットも存在していて、CTRと呼ばれるクリック率が高い広告枠は、高値で取引される傾向があります。

この仕組みを知るメディアがボットを悪用して、クリック率を高水準に保っているケースも確認されているので注意が必要です。

ちなみに、ボットは悪意の有無によって次の2種類に分類されます。

ボットの名前悪意の有無内容
GIVT(General acted Invalid Traffic)収益目的ではないボット
SIVT(Sophisticated acted Invalid Traffic)収益目的のボット

まとめ

Web上に広告を掲載するときは、ビューアビリティをよく確認することが大切です。

今回紹介した内容を参考に、自社の広告のビューアビリティが向上するように積極的に取り組んでみてください。


<参考>

ビューアビリティ とは 意味/解説/説明 【brand safety】(Web担当者Forum)

ビューアビリティについて、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語(アド論)

デジタル広告の新常識「ビューアビリティ」「アドフラウド」「ブランドセーフティ」(ウェブ電通報)

広告ビューアビリティを上げる5つの方法(かつあなたの収入の向上)(MarTechLab)