User hearing for application development

ユーザー視点でのアプリ開発に重要なユーザーヒアリング|ポイントを解説

「アプリ開発を任されたけれど、どうすればいいのか分らない」という方も多いのではないでしょうか。

せっかくアプリを開発しても、使用するユーザーがいなければ意味がありません。

ユーザーに使用してもらえるアプリを開発する際に重要なのが「ユーザーヒアリング」です。

アプリ開発の流れや注意点、ユーザーヒアリングのポイントなどを分かりやすく解説します。

これからアプリ制作に携わる方に役立つ内容なので、ぜひ最後まで読んでみてください。

アプリ開発の手順

アプリ開発の手順は

  • 企画
  • 設計
  • 開発
  • テスト
  • リリース

の5つのフェーズに分けられます。

それぞれのポイントについて、1つずつ紹介していきます。

企画

アプリ開発をするにあたって、まず最初のフェーズが「企画」です。このフェーズは要件定義とも呼ばれ、アプリ開発の目的、必要な機能を明確にしていきます。

ここで洗いだした要件に基づいてアプリを開発していくことになるため、細かい部分までしっかり明確化することが大切です。

ここでのミスは、開発そのものに重大な影響を及ぼすので注意しましょう。

設計

企画の次は、設計を行います。

設計は外部設計と内部設計に分けられます。

外部設計

外部設計は、基本設計とも呼ばれる工程で、アプリの開発環境や見た目、使い勝手などを決めていきます。

アプリの開発環境は、プログラミング言語やフレームワーク、セキュリティ対策の方針などを、そして、見た目はどのようなデザインにするのか、ということを決めていきます。

外部設計というとデザインや見た目に注意が向きがちですが、ユーザーの使いやすさにフォーカスを当てることが大切です。

具体的な開発体制やスケジュールなども同時に決めておくといいでしょう。

内部設計

内部設計はアプリをどうプログラミングしていくか、を決定していく工程です。

この工程は詳細設計とも呼ばれ、モジュールの設計やデータ設計、プログラムの設計を決めていきます。

動作のスムーズさ、エラーの有無などにつながるので慎重に行いましょう。

開発

しっかりとした設計ができたら、いよいよ開発に進みます。

企画・設計の工程で決めたフレームワークやプログラミング言語を用いて、コーディングを行います。

事前準備に穴があると、開発が滞ったり思わぬトラブルが発生したりする可能性があるため、この工程で企画・設計が正しく行われていたかどうかが判明します。

どんなに念入りに設計していたとしても問題が発生することはあるので、柔軟に対応できる体制を作っておくことも、アプリ開発の大きなポイントといえるでしょう。

テスト

開発の次は、アプリのテストを行います。

テストには、通常テストと受け入れテストの2種類があります。

どちらも重要な項目なので、しっかりと確認しておきましょう。

通常テスト

通常テストとは、開発したアプリが設計したとおりに動くかを確認する、というもの。

仕様書通りに動くかどうか、データがきちんと登録されているかどうか、他のプログラムとの相性などを確認しましょう。

ちなみにアプリ単体で動くかどうかを確認することを単体テスト、複数のプログラムと合わせて動作確認するのを結合テストといいます。

受け入れテスト

受け入れテストは主に発注者が行うテストで、アプリの目的や使い心地などを確認していきます。

開発途中で変更があった場合は、それがしっかり反映されているか、エラーが出ないかなどをテストします。

ここでチェック漏れがあると製品化してリリースした際に評価を下げてしまうので、厳しく行うことが大切です。

リリース

テストを行って問題がなければ、いよいよリリースとなります。

ここで忘れてはならないのは「リリースして終わりではなく実際にユーザーが利用し、売上達成や企業宣伝などをすること」が最終目標であることです。

そのため、宣伝活動はもちろん、ダウンロード環境の整備やアプリのメンテナンスを行う必要があります。

また、ゲームなどの場合はユーザーを飽きさせないためにアップデートしていく必要もあります。

ソーシャルゲームのメンテナンスはそれだけで話題になるので、期待値が高いといえます。

アプリ開発の際にユーザーヒアリングを行いたいユーザー層とは

ユーザー層 ユーザーヒアリング

アプリ開発において重点的にヒアリングを行いたいユーザー層は、「賛同も否定もしない人たち」です。

なぜなら、好意的な印象を持っているユーザーはSNSをはじめとする多くの場所で賛同の書き込みをする一方、否定的なユーザーもいわゆるアンチコメントと呼ばれる意見や問題点などを書き込んでくれるため。

つまり、「賛同または否定する人たち」の意見は、ヒアリングする機会を設けなくても、いろいろなところで自主的に発信しているものを拾えばいい、といえるのです。

開発側がヒアリングを行うべきなのは、「賛同も否定もしない人たち」と述べましたが、とある調査結果によると、ユーザーのほとんどは利用しているアプリについて愛着も拒否感もないといわれています。

これらの人たちは、アプリに関する感想や意見を自発的に発信することは少ないため、開発者側が自ら情報収集しないと多くのユーザーの声を知ることはできません。

賛同的な意見や否定的な意見はインパクトが大きいため、どうしてもそちらに心が傾きがちですが、賛同も否定もしないユーザーの意見はそれ以上に大切といえるでしょう。

ユーザーヒアリングのポイント

実際にヒアリングをする際のポイントとして

  • ユーザーのタイミングでヒアリングを実施
  • 時間による変化を追う
  • ユーザーをセグメント分けしてセグメントの傾向を把握

の3つを紹介します。

ユーザーのタイミングでヒアリングを実施

ヒアリングのポイントの1つ目は、ユーザーのタイミングで実施することです。

ここでいうユーザーのタイミングとは、「アプリを利用しているユーザーが嫌がらないタイミング」のこと。

たとえば、ゲームの戦闘シーンや物語の山場、ビジネス系アプリの入力中などにアンケートを送ってしまうと邪魔になるだけでなく操作ミスを誘発しアプリの評判がガタ落ちしてしまいます。

そのため、ユーザーが気持ちよく答えてくれるタイミングで回答依頼をすることが大切です。

時間による変化を追う

2つ目のポイントは時間による変化を追うことです。

ヒアリングは1度だけではなく、何度も繰り返して実施し、ヒアリングを実施する度に過去データと照合することで、ユーザーへの理解を深めることができます。

ユーザーヒアリングを実施する際には、変化を追い改善に活用するようにしましょう。

ユーザーをセグメント分けしてセグメントの傾向を把握

3つ目のポイントはユーザーをセグメント別に分け、属性ごとの傾向を把握すること。

セグメントとは、「集団を細かく区分けしたもの」。

つまり、ユーザーを細かく区分けし、どういった属性や特徴があるのかを把握する必要があるということです。

ゲームアプリであれば、「もとからのシリーズファン」「キャラクター好き」「重課金ユーザー」「キャラに愛着はないもののストーリーが好き」「全くのシリーズ新規者」などに分けることができ、その属性ごとにどういった特徴を持っているかを正確に分析することが大切です。

ターゲットを絞ったアプリの改善策の検討・実施もできるため、効率的なアプリ運営につながるでしょう。

セグメント分けは、ユーザー一人ひとりを知る大事なポイントとなるので、必ず実施するようにしましょう。

成功にはチーム内での情報共有が重要

アプリ開発に限らず、チームでプロジェクトを進める際に重要になるのがチーム内で情報を共有することです。

もし、チーム内で情報共有がなされずにいると、チームの連携がうまくいかず、一つのゴールに向けて進んでいくことができなくなります。

また、情報を多く所持しているメンバーに業務が集中すれば、業務量の格差を生み、対立が発生することも。

プロジェクトを成功に導くためには、メンバー間でしっかりと情報共有が行えるようにしましょう。

まとめ

アプリの開発をスムーズに行うためには、手順を追って開発すること、チーム内でしっかりと情報を共有することが大切です。

そして、求められるアプリを開発するためには、ユーザーへのヒアリングが重要となります。

今回紹介したポイントを踏まえて、ユーザーヒアリングを実施してみてください。

お役立ち資料ダウンロードはコチラ


 

参考

グループ、セグメント、クラスタの違いはなんでしょうか? ビジネス用- ビジネスマナー・ビジネス文書 | 教えて!goo

スマートフォンアプリ開発 | サービス | フェンリル

外注前に知っておきたい!アプリ開発の流れを1から解説

社内で情報共有をする3個のメリットと不足することで起こる問題点 | 営業管理ツール(SFA)のUPWARD(アップワード)

顧客中心主義でアプリを作る「7つのステップ」 | Growth Hack Journal

アプリのユーザーテスト 実は簡単なやり方 | Growth Hack Journal