Tik Tok

TikTokをマーケティングに活用しよう!知っておきたいポイントを解説

Tik Tokは、撮影した15秒ほどの動画の特殊加工、編集を楽しめるショートムービープラットフォームです。

若い世代(小学生~高校生)に特に広く利用されているTikTokですが、ビジネスでも利用が広まりつつあります。

目で見る、音で聴く、Tik Tokのビジネスでの利用とは一体どういったものか解説していきたいと思います。

Tik Tokとは?

TikTok

Tik Tokとは、若い世代を中心に特に人気が高い、ショートムービーSNSです。

15秒ほどの動画を自由に加工・編集して、スマートフォンで投稿することができます。

音楽ツールが揃っていて、簡単に編集や加工が行えるも魅力の1つであり、最近では、ビジネスでも利用できるということで人気がさらに高まっています。

Tik Tokでのマーケティングとは?

Tik Tokは前述したように、若い世代で人気のショートムービーSNSです、

したがって、マーケティングに活用することで特に若い世代にアプローチすることができます。

TikTokでのマーケティングには

  • 広告を活用
  • インフルエンサーを活用
  • キャンペーン

などがあります。

広告を活用

Tik Tokは、アプリを開いたときや動画を見ているときに動画広告が自動で流れます。

この動画広告は、自然と目に入るため、高い効果が期待できます。

ただし、しつこかったり生理的に受けつけなかったりすると広告の意味がなくなってしまうので注意が必要です。

インフルエンサーを活用

インフルエンサーとは、世間に影響力を及ぼす人物や事物のことをいいますが、インフルエンサーを活用することでTik Tokの利用者、特に若年層世代に企業や商品などを広く知ってもらうことができます。

多くの人に知られることで、実際に商品購入に至ることが増えるので、インフルエンサーの活用は有効な手段であるといえるでしょう。

キャンペーン

キャンペーンは、誰でも気軽に参加することができ、拡散効果も高いマーケティング手法です。

キャンペーンを行うことで知名度を上げるきっかけにもなり、知名度が上がれば、売り上げも上がります。

TikTokのキャンペーンでは、特に拡散型が人気で、YouTubeなどの動画メディアと比較しても、投稿に対する高い拡散効果が期待できます。

そのため、Tik Tokでユーザー参加型のキャンペーンを発表すれば、ユーザーの能動的なアクションを促し、今まで以上に高いエンゲージメントをあげることができるでしょう。

Tik Tokでの広告は3タイプ

Tik Tok広告

Tik Tokの広告には、

  • 起動画面広告
  • インフィード広告
  • ハッシュタグチャレンジ広告

の3つのタイプがあります。

この3つの広告の違いを解説します。

起動画面広告

起動画面広告は、その名の通り、起動させると画面全体に表示される広告の手法です。

インパクトがあり一斉に拡散されますが、その分広告代金が高く、一日一枠(1社)の限定メニューになるため確保が難しいのが難点です。

この起動画面広告は、3~5秒間、表示されます。

インフィード広告

インフィード広告は、一番視聴時間が長い「おすすめ投稿」に表示されます。

かなりのインパクトを残すことができるため、「いいね」、「コメント」、「シェア」が付きやすく、コンテンツで興味を引くことができれば効果的な広告になります。

全画面に5~15秒間表示されます。

ハッシュタグチャレンジ広告

ハッシュタグチャレンジ広告は、オーガニック広告からキャンペーン拡散しやすいプロダクトです。

ユーザーにコンテンツとして受け入れられやすい反面、「製作費」、「広告費」、「キャスティング費」、「企画費」などがパッケージに含まれるため広告コストが高くなります。

Tik Tok広告の成功事例

Tik Tok広告は、今まで繋がりがなかった若年層との接点を増やすことと、動画により新しい世界の情報を提供することで、フォロワー数を新たに増やすことができるという狙いから、自社のプロモーションに活用する企業が増えています。

ここでは、TikTok広告の成功事例を4例、紹介します。

モンスターストライク

モンスターストライクの広告は、片目をつむって動画を見るとキャラクターが飛び出してくるといった工夫がなされていて、短い時間でインパクトがあるものとなっています。

モンスターストライクは、動画の内容に動的効果をつけることに重点をおいたことで、視聴者の目を惹くことに成功しました。

ハイチュウ

ハイチュウは、上半身だけで手軽にできる振付のハッシュタグチャレンジを行っています。

流行の振り付けで、誰でも参加しやすくなっているのが成功の秘訣といえるでしょう。

サランラップ

サランラップの動画は、もともと横長のテレビCM動画を用いていますが、モバイルに合わせて上手に編集しています。

画面の高さが足りない部分にはBGMの歌詞をテロップで表示したり、ブランドロゴを空いたスペースに表示させたりすることで、わかりやすく、見やすいものに仕上がっています。

ペプシJコーラ

「ペプシJコーラ」は、サントリー食品が2018年4月に発売した商品ですが、発売に伴って、約2週間の間に12本の動画を公開しました。

この動画には、10代に人気のキャスト9組を起用。

オリジナルダンス公開後、再生回数は1か月で1500万回を達成しました。

これは驚異的な数字といえます。

マーケティングにTik Tokを活用する際のポイント

マーケティングにTik Tokを活用する際にポイントとなる点は、基本的に映像のみで勝負するため、インパクトが必要でわかりやすくなければならないというところです。

また、アカウントをフォローしてもらうことが重要なので、見た人に興味を持ってもらえる工夫が必要です。

ハッシュタグの活用

ハッシュタグの活用は5つのポイントがあります。

  1. 目を引くバナー・動画素材を作成(多くのユーザーを獲得可能です)
  2. リズミカルな音楽の作成(リズミカルな音楽は耳に残りやすくなります)
  3. 簡単なダンスを作成(音楽に合っていて、振付が簡単で3~4秒で動きが変わることが望ましいです。トレンドの振り付けを入れてみることもおすすめです)
  4. 公式動画でハッシュタグチャレンジ参加を呼び掛ける(ハッシュタグチャレンジが開催していることを確実に知らせることと、興味を持ったユーザーにチャレンジ参加を確実に誘導することです)
  5. ターゲット層に人気があるインフルエンサーに動画投稿を依頼する(必ずターゲットに合ったインフルエンサーを選ぶようにする必要があります)

他のSNSでもシェア

Tik Tokは若年層を中心に人気の高いSNSツールの1つです。

そのため、若年層に伝えたい情報を拡散しやすいという特徴があります。

しかし、Tik Tokだけではシェアによる広がりに限界があります。

インスタグラムやツイッターなど、他のSNSでもシェアすることで、より多くの若年層に訴えかけることができます。

まとめ

Tik Tokのマーケティングの活用について述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。

Tik Tokは若年層に人気で、特に女子中高生の割合が全体の約65%を占めるショートムービーSNSです。

したがって、若年層に興味を持ってもらうには、TikTokを活用したマーケティングが有効です。

ハッシュタグの活用やインフルエンサーを起用など、今回紹介した内容を参考に、マーケティングにTikTokを活用してみてはいかがでしょうか。


参考