マーケティングプロセス

【必見!】これさえ読めばマーケティングの流れがすぐにわかる!

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

商品やサービスを市場に提供している企業にとって、「マーケティング」は欠かせないものですが、どこから始めればいいのかが分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、マーケティングの流れ、「マーケティングプロセス」について紹介していきます。

マーケティングプロセスはなぜ重要なのか、商品・サービスが売れる仕組みはどう作れば良いのか、などについても記載しているので、ぜひ参考にしてください。

マーケティングの流れ=マーケティングプロセス

マーケティング プロセス

マーケティングとは、消費者が求める商品やサービスを作り、購入してもらうための戦略や仕組みを作ることです。

表現を変えると

  • 市場で求められているものは何なのか
  • 誰をターゲットとするのか
  • 値段設定はどうするのか
  • 販売経路や販売場所はどうするのか
  • どういう広告が効果的なのか

ということを決めて消費者に購入してもらえるような仕組みをつくることであり、マーケティングの流れは「マーケティングプロセス」といわれます。

「マーケティングプロセス」は

  1. 環境分析と市場調査
  2. セグメンテーション
  3. ターゲティング
  4. ポジショニング
  5. マーケティングミックス
  6. マーケティング戦略の実行と評価

の6つに分けられます。

それぞれのステップについて、1つずつ見ていきましょう。

環境分析と市場調査

環境分析では、企業内外の環境について分析をします。

自社の強みはどこなのか、今、市場で流行っているものはどういうものなのか、などを洗いだしましょう。

環境分析に用いられる分析方法には、SWOT分析や3C分析、ファイブフォース分析やPEST分析などがあります。

それぞれの分析方法ごとに分析できる内容が異なるので、分析したい内容によって方法を選ぶと良いでしょう。

セグメンテーション

セグメンテーションとは、市場の細分化のこと。

年齢・性別・職業といった属性や、価値観・ニーズなどの要素によって市場をグループ分けします。

ターゲティング

ターゲティングとは、セグメンテーションで細分化したグループの中で、どのグループを標的市場にするかを決めることです。

  • 成長性(Rate of Growth)
  • 有効な市場規模(Realistic Scale)
  • 到達可能性(Reach)
  • 競合状態(Rival)
  • 顧客の優先順位・波及効果(Rank/Ripple Effect)
  • 反応の測定(Response)

という6つの「R」を考慮して判断します。

ターゲットを決めることで、適切な商品・サービスの開発が可能となります。

ポジショニング

ポジショニングとは、ターゲティングによって標的とした市場で、自社の商品やサービスの差別化を図ることをいいます。

ポジショニングでは、消費者の視点に立って考えることが重要となります。

マーケティングミックス

マーケティングミックスとは、マーケティングの手法を組み合わせて顧客に対してアプローチすることをいいます。

マーケティングミックスの代表的な手法として4Pがありますが、4Pとは

  • Product(製品)
  • Price(価格)
  • Promotion(広告)
  • Place(流通)

の4つの頭文字をとったものであり、これらの要素を組み合わせて商品やサービスを作り、見込み客へアプローチします。

4Pに代わる考え方として

  • Customer Value(顧客価値)
  • Cost(顧客コスト)
  • Convenience(利便性)
  • Communication(対話)

の頭文字をとる4Cという考え方が注目されていますが、4Cとは、見込み客の視点に立って考える理論です。

4Pと4C、それぞれの考え方を理解しておくことで、効果的なマーケティングが可能となります。

マーケティング戦略の実行と評価

マーケティング戦略が決まったら、その戦略を実行していきますが、戦略を実行してどういう効果が表れたのか、を評価することも重要です。

施策によって効果が得られない場合は、いずれかの部分に問題があるということなので、その問題を発見して、見直しを行いましょう。

マーケティングプロセスの重要性とは

マーケティングプロセスについて解説してきましたが、このマーケティングプロセスはマーケティング活動において重要なものです。

市場が多様化し、顧客のニーズが日々変化する中で、自社製品の強みや他社との違いをはっきりとさせ、商品やサービスを適切な顧客に提供することは、企業が安定して成長するために必要です。

企業規模に関係なく、精度の高いマーケティング戦略が求められているといえるでしょう。

マーケティング戦略の3ステップ

マーケティングプロセスについては上述しましたが、マーケティング戦略を立てる際に考えることは

  • 顧客の明確化
  • 提供価値の明確化
  • 商品・サービスが売れる仕組みづくり

の3つです。

まずは、顧客の明確化。

顧客を決めずに商品・サービスを作ることはできますが、顧客を決めずに開発した商品・サービスは、市場に提供しても売れない可能性があります。

商品・サービスが売れなければ、商品・サービスの開発・提供にかかるコストがかさんでしまうだけ。

顧客が誰なのか、を明確にして商品やサービスを作ることが、商品やサービスを「売る」ために重要です。

次に、提供価値の明確化ですが、商品やサービスには、顧客が「お金を出しても良い」と感じるものであることが求められます。

商品やサービスと顧客の「買いたい」という意識がつながった時、その商品やサービスは売れるでしょう。

お客さんに選んでもらうための仕組みはどう作るべき?

顧客と提供価値を明確化することによって、売れる商品を「作る」ことはできたら、次は、消費者にその商品・サービスを購入してもらうために「どういう仕組みを作ればいいか?」を考えましょう。

商品・サービスを売るためには、市場で消費者に商品・サービスを認知してもらい、購入してもらうことができそうな「見込み客」を集めて育て、新規の顧客を得ることが必要です。

見込み客とは、商品・サービスについて少しでも興味を持ってくれた消費者のことであり、見込み客に対して、商品・サービスを購入すればどういうメリットがあるかを理解もらうことができれば、見込み客が新規の顧客となるでしょう。

新規の顧客を獲得で来たら、その顧客がリピート客となるよう、顧客を虜にする戦略を実行しましょう。

リピート客を獲得することで、商品・サービスが売れ続ける仕組みを作ることが可能となります。

「売る」だけでなく、「売れる」仕組みを作ることが企業の安定的な経済活動には重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

市場が多様化し、顧客のニーズも変化する中、企業が安定的に成長するためにはマーケティングプロセスが重要です。

マーケティングプロセスの流れを理解し、求められる商品・サービスを適切な価格で適切な市場に流通させられるようにしましょう。


参考