SnapChat スナップチャット

10秒で消える「スナップチャット」|マーケティングでの活用法と事例を紹介

「スナップチャット(Snapchat)」は、アメリカのスナップ社(Snap Inc.)が運営するスマホ専用のSNSです。

ツイッターやインスタグラムと同じように、企業やマーケターのマーケティング・ツールとして使われていますが、どういうSnapChatがどういうものか、ということについて詳しく知らないという方もいるでしょう。

そこで、この記事では、スナップチャットの基礎知識と、企業がスナップチャットをマーケティングにどう活かしているのか紹介します。

スナップチャットとは

スナップチャットを簡単に説明すると、ツイッターとインスタグラムとLINEのいいとこ取りをしたSNS、です。

スナップチャットの特徴は、「短い」、そして、「ビジュアル重視」。

スナップチャットは、スマホで撮影した写真や動画を色や飾りで加工し、友達やグループに送信することができます。

そして、その投稿した写真や動画の閲覧時間は10秒。

10秒が過ぎるとデータが消えてしまい、もう閲覧することはできません。

スナップチャットは「刹那的」で「後腐れがない」ため、デジタルタトゥーのリスクが少ないSNSなのです。

使用上のリスク

デジタルタトゥーのリスクが少ないSNSであるスナップチャットですが、スナップチャットの内容がツイッターやフェイスブックなどに転載されたら、その情報はネット内に存在し続けます。

また、「10秒限定閲覧」が売りのスナップチャットですが、24時間閲覧できる機能や保存機能もあります。

つまり、デジタルタトゥー・リスクが「ゼロ」とはならないのです。

スナップチャットの基本的な機能と専門用語

スナップチャットの基本的な機能と専門用語を解説します。

アプリをダウロードしてスタート

スナップチャットを始めるには、スマホにアプリをダウンロードする必要があります。

アプリを立ち上げて「登録」をタップ。

名前、生年月日、ユーザー名、パスワード、携帯番号などを入力すると、スナップチャットを使えるようになります。

スナップ

スナップとは、スナップチャットに投稿する写真や動画のことです。

チャット

スナップチャットのチャット機能は、LINEのチャットと同じです。

友人とリアルタイムで文字による会話ができます。

スナップチャットのチャットがLINEと異なるのは、文字データが、会話が終わると消去される点です。

ただ、消去される前に保存することができます。

フレンド

スナップを送ったり、チャットをしたりする相手のことを、フレンドといいます。

自分の友人や知人をフレンド登録することで、スナップチャットを始めることができます。

リプレイ

リプレイは、消えたはずのスナップを1日に1回だけ再生できる機能です。

ただ、リプレイすると、スナップを投稿した人に通知がいきます。

ストーリー

ストーリーは、複数のスナップをまとめたもの。

フレンドは24時間だけ、いつでもストーリーを見ることができます。

ディスカバー

ディスカバーは、企業向けのコンテンツ枠のこと。

ディスカバーのコンテンツは、すべてのスナップチャット・ユーザーが閲覧できますが、ディスカバーの利用を希望する企業は、スナップチャットの審査を受けなければなりません。

メモリーズ

メモリーズは保存フォルダのようなもので、この中にスナップやストーリーを入れておけば消去されることがありません。

また、メモリーズはそのまま友人に送ることができます。

マーケティングに活用するメリット

企業やマーケターが、マーケティングにスナップチャットを採用するメリットは次のとおりです。

SnapChat スナップチャット マーケティング

スマホ・ユーザーを飽きさせない

もし、マーケターが、これまでフェイスブックやツイッター、インスタグラム、ユーチューブ、ブログを使って一定の成果を挙げたものの、「マーケティング効果が薄れてきた」と感じていたら、スナップチャットを利用する価値が十分あります。

コンテンツのクオリティを下げていないのにマーケティング効果が落ちるのは、SNSツールに飽きられているからです。

例えば、スマホ・ユーザーの中には、「インスタ映えするスイーツ」といった表現を古く感じている人もいます。

そのようなスマホ・ユーザーは、インスタグラムと似た機能を持った、新しいSNSを使いたいと思っていて、スナップチャットがまさにそれに該当します。

超短期間マーケティングを仕掛けることができる

1回のマーケティング・キャンペーンにかける時間は、年々短くなっています。

また、キャンペーンの「前置き」が少しでも長くなってしまうと、消費者や視聴者は簡単に離脱してしまうでしょう。

そのため、マーケターは、超短時間マーケティングや超短期間マーケティングを企画する必要があり、それにはスナップチャットが便利です。

スナップチャットの有効期間だけマーケティング・キャンペーンを実施することで、インパクトを残すことができるでしょう。

インフルエンサーの力を借りることができる

インフルエンサーは今や「SNS界の実力者」といった存在であり、SNSだけで高額所得を得ているプロ・インフルエンサーも多数誕生しています。

インフルエンサーにとって、企業やマーケターとのコラボ企画は大きなチャンスなので、喜んで力を貸してくれるでしょう。

スナップチャットを使っている企業

スナップチャットを使ったマーケティング事例として、「マクドナルド」「16ハンドルズ」「ホンダ」の取り組みを紹介します。

【マクドナルド】アルバイト採用、1日3,000件の応募

オーストラリアのマクドナルドは、アルバイト採用にスナップチャットを使いました。

アルバイトを希望する人たちに、10秒間の自己PR動画をスナップチャットに投稿してもらい、気に入った投稿者を2次審査の採用面接に呼んだのです。

マクドナルドの「すごい」ところは、これをマーケティング・キャンペーンにしたこと。

純粋な社内活動である採用をスナップチャットという最新SNS使うことで「話題」にしてしまったのです。

10秒間の自己PR動画は、公開されることが前提となっていました。

アルバイト希望者なので、全員がマクドナルドのよいところを話すので、絶好のPR動画になるわけです。

応募者は初日だけで3,000人近くになり、マスコミにも取り上げられました。

【16ハンドルズ】10秒で消えるクーポン券

「16ハンドルズ」は、フローズンヨーグルトを主力製品にするスイーツメーカーですが、同社は、スナップチャットに同社製品を投稿したユーザーのスマホに、代金が割引になるクーポン券を送信する、というキャンペーンを実施しました。

一見、普通のSNSマーケティングですが、スナップチャットを使ったことで、16ハンドルズが発行するクーポン券は10秒で消えてしまうものとなり、ユーザーがクーポン券を有効利用するには、16ハンドルズの店のなかにいなければなりませんでした。

この「窮屈さ」が話題になりました。

【ホンダ】スーパーカーを熱心なファンだけに「チラ見」させる

アメリカのホンダでは、販売間近のスーパーカーを正式発表する前に、そのプロトタイプの走行シーンをスナップチャットに投稿しました。

しかし、そのスナップを閲覧できるのは、先着100人だけ。

このことによって、特別なキャンペーンになったのです。

まとめ

インスタグラム・マーケティングで成功した人や、ツイッター・マーケティングを管理している人は、自分が得意とするSNSで勝負し続けたいと思うかもしれません。

しかし、消費者の間には、SNS疲れやSNS飽きが表れています。

人々のコミュニケーション欲は旺盛であり、新しいSNSがあると一気に飛びつくため、マーケターは「話題になっているから試してみたい」という軽い気持ちで、スナップチャット・マーケティングに取り組んでみてはいかがでしょうか。


<参考>