SDGs

【SDGs】基礎知識とマーケティングにSDGsを取り込む意義

Sustainable Development Goalsの頭文字(GsはGoalsのGとs)を取った略語で「持続可能な開発目標」を意味するSDGs。

SDGsについてよく知らなくても、このマークは見たことがあるのではないでしょうか。

すでにビジネスで無視できない存在となり、ときにビジネスの本流になることすらあるSDGsの取り組み。

企業経営者やマーケターは、自社のマーケティングにSDGsの要素を取り入れるようにしましょう。

この記事ではSDGsの基礎知識を紹介したうえで、マーケティングにこれを組み込む意義について考えていきます。

SDGsとは

外務省はSDGsを

●2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標

と説明。SDGsとは「よりよい世界」をつくる取り組みといえるでしょう。

SDGsの目標は、17のゴールと169のターゲットで構成されています。

そしてこの目標は発展途上国のものであると同時に、先進国のものでもあります。

17のゴールは次のとおりです。

1:貧困をなくす

2:飢餓をゼロにする

3:すべての人に健康と福祉を行き渡らせる

4:すべての人に質の高い教育を提供する

5:ジェンダーの平等を実現する

6:世界中に安全な水とトイレを行き渡らせる

7:すべての人にエネルギーを供給し、クリーンにする

8:働きがいと経済成長を両立させる

9:産業と技術革新の基盤をつくる

10:人や国の不平等をなくす

11:住み続けられるまちをつくる

12:つくる責任と使う責任を負う

13:気候変動に対して具体的な対策を立てる

14:海の豊かさを守る

15:陸の豊かさを守る

16:すべての人に平和と公正をもたらす

17:パートナーシップで目標を達成する

ここにビジネスとマーケティングに関係するものが含まれています。

マーケティングにSDGsを取り入れる意義

マーケティングにSDGsを取り入れる意義は、いくつか存在します。

例えば企業は、正しく儲けなければなりませんし、社会に貢献することも求められます。SDGsの17の目標には企業のあるべき姿や企業の社会貢献の仕方が含まれているので、マーケティングに取り入れなければならないのは明白です。

さらに、「より経営に直結した」意義もあります。

それは、SDGsに与(くみ)していると市場から評価される、という実利が得られることです。

SDGs企業は投資家に選ばれる

例えば、ニッセイアセットマネジメントは「ニッセイSDGsジャパンセレクト(資産成長)」という投資信託をつくっていますが、ここにはトヨタ自動車、ダイキン工業、三菱UFJリース、日本M&Aセンター、TOTO、信越化学工業、オムロン、日本電産、テルモ、旭化成などの企業の株式が組み込まれています。

これらの企業は、ニッセイアセットマネジメントから「SDGs達成に関連した事業を展開していて、なおかつ株価上昇が期待される企業」と認定されているということ。

そしてこの投資信託の純資産は7.9億円と、多くの投資家からの期待を集めています。

SDGsに取り組み、それが社会で評価されることは、自社の株価を高めることにつながります。自社の株価が上昇すれば時価総額も上がり、企業価値が上がることになります。

経営者はマーケターに「SDGsに関すること」に取り組むよう、指示を出すといいでしょう。

そしてマーケターは「SDGsに取り組んでいる」と世間に認められるマーケティング・キャンペーンを企画していくことが求められます。

マーケティングにSDGsを取り入れる際の課題

マーケティングにSDGsを取り入れるときは、次の2点に注意してください。

・単なる善行やボランティアで終わらせない(収益に結びつける)

・利益優先にしない

SDGsの目標には「よきこと」が記されています。

例えば、貧困をなくすことや、飢餓をゼロにすることは、すべての人類の願いといえます。

しかし、これらをそのままマーケティングに取り入れることは簡単ではありません。

利益をあげている企業なら、貧困に苦しんでいる国や地域や人々に寄付することはできますが、恒久的に多額の資金を寄付に回すことはできません。

つまり、単なる善行やボランティアで終わってしまっては、企業はSDGsを継続できないため、企業のSDGsへの取り組みには、事業化が欠かせません。

一方、SDGsの8番目の目標に「働きがいと経済成長を両立させる」があることから、経済的な成功はSDGsに合致するといえますが、SDGsは「よきこと」を進める取り組みなので、企業といえども利益を優先していては、そもそもSDGsに与する意義を失ってしまいます。

SDGsにおいて利益は二の次になりますが、とても重要な、欠かすことのできないものといえるでしょう。

「単なる善行やボランティアで終わらせない」ことと「利益優先にしない」ことは、矛盾する取り組みですが、その矛盾を解決することが、マーケターに求められます。

企業のSDGs事例

SDGsの取り組み事例として、味の素、ユニリーバ、ホンダのマーケティングを紹介します。

味の素のSDGsなマーケティングとは

味の素のSDGsコンセプトは「健康で強い体、元気な体をつくる~命のもとアミノ酸の力」。同社は「3:すべての人に健康と福祉を行き渡らせる」の項目にコミットしようとしています。

味の素はアミノ酸を100年以上研究しています。

アミノ酸とは、人の健康に欠かせない栄養素の1つであるタンパク質のもと。人の体の20%はアミノ酸でできています。そして、人の体を構成する10万種類のタンパク質は、わずか20種類のアミノ酸の組み合わせでできています。

アミノ酸を効果的に補給すると(食べたり飲んだりすると)、運動効率が高まったり、運動後に疲れが出なかったりすることがわかっていますが、味の素は、人のもとになっているアミノ酸を研究し、優れたアミノ酸商品を世に送り出すことでSDGs目標を達成しようとしています。

ユニリーバのSDGsなマーケティングとは

ユニリーバは「10億人以上のすこやかな暮らしを支援」「製品の製造・使用から生じる環境負荷を半減」「数百万人の暮らしの向上を支援」の3つの分野で約50項目の数値目標を設けています。

同社のSDGsで注目したいのは、SDGsの前にこの3分野50目標が存在していたこと。

SDGsが提唱されてから自社の3分野50目標を確認したところ、SDGsの17のゴールのすべてに合致することが判明。ユニリーバはSDGsの前にSDGsをしていたわけです。

ユニリーバは、新しい試みにも積極的に取り組んでいます。

例えば、2020年度の採用から、求職者に対し、顔写真と性別に関する情報の提供を求めないこととしました。また、新型コロナウイルス感染症が拡大するはるか前の2016年には、働く場所と働く自由に選べる制度を導入。さらに、衛生関連商品を国や地域によっては価格を下げて販売して、清潔な生活が安価に送れるようにしています。

ホンダのSDGsなマーケティングとは

ホンダは「2030年ビジョン」を定めていますが、そのなかで、すべての人に生活の可能性が拡がる喜びを提供し、世界中の1人ひとりの移動と暮らしの進化をリードすることでSDGsの目標を達成する、としています。

具体的には、モビリティ、ロボティクス、エネルギーの3分野に注力していくとしています。

ホンダは、ガソリンエンジンを積んだ2輪車と4輪車の製造を得意とするモビリティの会社ですが、それを突き詰めるだけではSDGs目標を達成できないず、従来のビジネスも危うくなる可能性があります。そこで、ロボティクスとエネルギーを加えることにしたのです。

ロボティクスをモビリティに加えると、交通事故ゼロ社会を実現できるかもしれません。また、エネルギーをモビリティに加えると、カーボンフリー社会を実現できるかもしれません。

「ロボティクスなモビリティ」や「エネルギーなモビリティ」は、よく売れるはずです。よく売れればSDGs目標を早く達成できますし、経営も安定します。

まとめ

SDGsなマーケティングは、持続的でなければならず、さらに、企業に利益をもたらすものでなければなりません。企業のSDGsマーケティングは、この2点が大きな課題になるでしょう。

しかし、これまで社会貢献や地域との共存を意識してきた企業なら、社内にすでにSDGsな取り組みが存在するはずです。まずはそれをマーケティングに組み込んでいってはいかがでしょうか。

無料お役立ち資料フォーム


<参考>

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)と日本の取組

SDGsってなに?味の素社の考えるSDGs

健康で強い体、元気な体をつくる~いのちのもと「アミノ酸」の力

SDGsを企業の成長戦略に据え、サステナビリティの実現に取り組むユニリーバ

2030年ビジョン