シェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーとは?メリット・デメリットや事例を紹介

インターネットを通じて、モノや場所、スキルや時間などを共有するシェアリングエコノミー。

日本でも、空き部屋や車といったモノやスペースといった目に見えるモノのサービスだけでなく、スキルなどの目に見えないモノのサービスに普及してきています。

今回は、人々の新たなニーズにマッチしたシェアリングエコノミーに関してまとめたことを紹介します。

シェアリングエコノミーとは

シェアリングエコノミー

シリコンバレーを起点にして、さまざまな都市で広まっているシェアリングエコノミー。

そもそも、シェアリングエコノミーとは、モノ、スペース、乗り物、お金、スキルといった個人が所有する活用可能な資産を、個人間で貸し借りや交換する経済の形のことで、シェアエコや共有型経済とも呼ばれています。

現在、日本でもインターネットやSNSを通じて、空き部屋や使わない車、持っているスキルなどを提供し、共有する新しいシェアリングエコノミーサービスが次々と誕生しています。

シェアリングエコノミーのメリットとは

シェアリングエコノミーのメリットとして

  • 資産としての新たな価値をつけることができる
  • さまざまコストが削減できる

ということが挙げられます。

それぞれについてみていきましょう。

資産としての新たな価値をつけることができる

シェアリングエコノミーサービスを利用することで、所有しているけど使っていない家や車など、今の自分にとって不要となっているものでも、資産としての新たな価値を付けることができます。

新たな価値を付けることができるのはモノに限ったことではなく、仕事で活用していないスキルや資格、自由に使える空き時間を、必要なところに貸し出すことで、新たな収入を得ることができるようになります。

さまざまコストが削減できる

これまで所有することが当たり前だった車や家をシェアすれば、借りる側はモノを購入する必要や、購入したモノを維持・管理するためのコストの必要がなくなります。

また、貸す側もすでに所有している資産を貸し出すだけなので、新たなビジネスを始める際、必ず必要になってくるのが設備投資などの初期費用がほとんどかからないため、コストを大幅にカットすることができます。

シェアリングエコノミーのデメリットは?

シェアリングエコノミーのデメリットには

  • トラブルになるリスクがある
  • 法整備が不十分

ということなどがあります。

それぞれについてみていきましょう。

トラブルになるリスクがある

シェアリングエコノミーは、貸す側と借りる側の個人間での貸し借りとなることがほとんどのため、借りたものが思っていたものと違ったり、条件の認識に相違があったりすることがあります。

他にも、貸す側が不適切な値付けをする、借りる側が共有資産を丁寧に扱わない、料金の支払いがないといったことが原因でトラブルに発展する可能性があります。

法整備が不十分

貸す側と借りる側の間にトラブルが起きたときに、法律の整備が追い付いていないことが、シェアリングエコノミーの一番のデメリットです。

シェアリングエコノミーは新しい分野の経済の形であるため、シェアリングエコノミーを対象とした法整備はまだ完璧ではありません。

したがって、グレーゾーンでのサービス提供や違法なサービスが少なからず存在しており、シェアリングエコノミーサービスによって万が一事故やトラブルが発生しても補償を受けられない可能性もあります。

シェアリングエコノミーのサービスにはどんなものがある?

シェアリングエコノミー サービス

シェアリングエコノミーのサービスを、場所・モノ・ヒト・移動の4つに分け、それぞれ3つずつ紹介します。

場所

まず、場所についてのシェアリングエコノミーサービスについてみていきましょう。

akippa 

akippaは、全国の空いている月極や個人の駐車場を、予約して一時的に使わせてもらえるサービスです。

(akippa:https://www.akippa.com) 

レンタル農園「シェア畑」

レンタル農園「シェア畑」は、畑をレンタルして季節ごとの無農薬野菜をつくることができる貸し農園サービスです。

農具や資材が畑に常備されていて、種や苗、肥料も準備してもらえます。

(レンタル農園「シェア畑」:https://www.sharebatake.com

スペースマーケット

スペースマーケットは、会議室やスポーツ施設などを1時間単位で利用できるレンタルサービスです。

所有するスペースを登録し、貸し出すこともできます。

(スペースマーケット:https://www.spacemarket.com

モノ

次に、モノについてのシェアリングエコノミーサービスについてみていきましょう。

Air Closet

Air Closetは、スタイリストが選んだ服を返却期限なし、送料・クリーニング料不要で借りることができるサービスです。

毎月3着が借りられる定額プランのほか、何着でもレンタルできる借り放題プランもあります。

(Air Closet:https://www.air-closet.com) 

ReReレンタル 

ReReレンタルは、生活必需品から趣味のアイテムまで多種多様な商品を借りることができるレンタルサービスです。

全国各地への配送にも対応しています。

(ReReレンタル:https://www.rere.jp/rental/) 

jukies

jukiesは、豊田通商株式会社が運営する建設機械や工具類のレンタルサービスです。

日本全国に150以上の拠点があり、最短で翌日レンタルが可能です。

(jukies:https://jukies.net

ヒト

続いて、ヒトについてのシェアリングエコノミーサービスについてみていきましょう。

タイムチケット

タイムチケットは、自分のスキル、価格、提供できる時間を登録することで、必要とする人や興味を持つ人に個人の時間を30分単位で売買できるサービスです。

(タイムチケット:https://www.timeticket.jp)

Makuake

Makuakeは、自分のアイデアをネット上でプレゼンテーションすることで、アイデアを考えた方とそのアイデアを応援したい賛同者を繋いでくれるクラウドファンディングサイトです。

(Makuake:https://www.makuake.com)

CrowdWorks

CrowdWorksは、仕事を依頼したいクライアントと、特定のスキルや実績を持っていて仕事を受注したい人をマッチングするサービスです。

法人からの依頼だけでなく、個人と個人で仕事のやり取りもできます。

(CrowdWorks:https://crowdworks.jp)

移動

移動についてのシェアリングエコノミーサービスについてみていきましょう。

Uber

Uberは、どこかに行きたい利用者とドライバーとをマッチングしてくれるサービスです

乗客としてタクシー感覚利用できるだけでなく、収入を得たい方は、登録すればドライバーとなることもできます。

(Uber:https://www.uber.com/jp/ja/)

カレコ 

カレコは、時間貸し駐車場「三井のリパーク」で利用することができるカーシェアリングサービスです。

サービスに入会するだけで、さまざまな車がお得な料金で借りることができます。

(カレコ:https://www.careco.jp) 

notteco

nottecoは、同じ目的地、趣味の人同士を繋げてくれる相乗りマッチングサービスです。

安く移動したい方や、できるだけガソリン代などを節約したい方にぴったりのサービスです。

(notteco:https://notteco.jp/index_mb.html) 

まとめ

今回紹介したシェアリングエコノミーサービスはほんの一部で、日本でも年々さまざまなシェアリングエコノミーサービスが誕生しています。

シェアリングエコノミーは、貸す側にも借りる側にもメリットがあるサービスですが、法整備がまだきちんと整っていないため、サービスによってはトラブルに巻き込まれる可能性があります。

シェアリングエコノミーサービスを利用する場合には、デメリットやリスクがあることも覚えておくといいでしょう。


参考