【徹底解説】新規事業の成功に必要なロードマップとは?書き方例も紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

企業が新規事業を立ち上げるときに、必要不可欠といっても過言ではないのがロードマップです。

作成方法はきちんと決められていないものの、ロードマップがある状態とない状態を比較するとプロジェクトの進行に差が出てくる可能性があるとされています。

そこで今回は、企業の新規事業の立ち上げに際して作成するロードマップについて、ロードマップとはどのようなものなのか、作成するとどういったメリットが得られるのか、分かりやすく解説していきます。

新規事業のロードマップの作り方が知りたい人は必見です。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 新規事業のロードマップの作り方が知りたい人
  • ロードマップの必要性が気になる人
  • ロードマップの基本的なポイントを押さえたい人

ロードマップとは?

ロードマップとは、企業が新規事業を立ち上げるときなどに使用されるワークフレームのことです。

時系列に沿って新しい商品やサービスが目指す最終的なゴールを視覚的に表すことで、ビジネスのさらなる発展を期待することができます。

一度作成したロードマップを継続して使い続ける場合もありますが、プロジェクトの途中で進捗状況の確認をして軌道修正を加えながら地図を書き直す方法もあります。

基本的には、最初の計画を元にプロジェクトを進行し、途中で検証や修正を繰り返していきます。

ロードマップは仮説検証のプロセスそのものだと表現されるほど、企業において非常に重要なフレームワークのひとつです。

具体的な作成方法は決められていませんが、主に書き出す項目や作成時に必要なポイントについては後ほど詳しく紹介するので合わせてチェックしてください。

ロードマップの大前提は「明確なゴール」を決めること

ロードマップを作成するときは、新規事業が向かうべき明確なゴールを決めることが大切です。

仮に、ゴールがない事業であれば、ロードマップをわざわざ作成する必要はないでしょう。

中にはロードマップなどの事業計画書をきちんと作成せずに、新規事業を始める企業もありますが、ビジネスにおいて「行き当たりばったり」の無計画のまま進めると、市場からの反応が悪かったり、資金繰りがうまくいかなかったりなどの状況に陥る危険性が高くなります。

新規事業を始める場合は、新商品・新サービスの概要を作成した後にロードマップを作成して明確なゴールを設定するようにしましょう。

ロードマップが無いことによるデメリット

ロードマップを作成しなければどのようなデメリットがあるのか、ロードマップを作成する必要性をチェックしていきましょう。

社員内での統一が図れない

視覚的に新規事業の内容を把握できるロードマップがなければ、社員内での統一を図ることが難しくなります。

まず、新規事業に関するロードマップを作成すれば、社員が新商品・新サービスの内容を把握しやすくなります。

そして、プロジェクトを担当する社員間で共通の理解を深め、行動施策やマーケティング施策などの方向性が揃いやすくなります。

ロードマップがなければ、社員内で新商品・新サービスに対する共通理解が得られないということを覚えておきましょう。

「選択」「決断」が遅れて機会を逃す

ロードマップを作成せずに新規事業を進めると、重要な選択や決断が遅れてしまうことがあります。

選択や決断が遅れると、機会を逃してしまうことも。

最終的なゴールや途中の目標などをあからじめ設定すれば、選択や決断のタイミングが遅れることを防止することができるので、ロードマップを作成し、ビジネスの重要なチャンスを逃さないようにしましょう。

ロードマップの作成時に必要なこととは?

先に少し触れましたが、ロードマップの具体的な作成方法は定められていません。

しかし、最低限記載するべき項目がいくつかあるので、まとめて紹介します。

新規事業 ロードマップ

ロードマップの作成時に最低限必要な項目は以上の6つです。それぞれの項目の内容について簡単に説明します。

【最終ゴール】

企業がロードマップを作成する上で忘れてはいけない必須事項が最終ゴールです。

新商品や新サービスによって、どれくらいの売上を目標にするのか、利益はいくらか、販売数はいくつかなど具体的なゴールを設定したり、顧客が持つブランドイメージの構築をゴールにしたりするなどいろいろな方法があります。

自社が新規事業を成功とみなすゴールを考えてロードマップに記載しましょう。

【期間(年度など)ごとのテーマ】

年度などの期間に分けてテーマを設定します。

「業界で〇位の売上を目指す年」など、期間中のスローガンのようなものを設定するのがおすすめです。

最終ゴールに辿りつくためには、どのようなテーマを設定するべきか、逆算して考えることがポイントです。

【ターゲット】

自社の新規事業のターゲットをロードマップに明記しましょう。

自社がもともとターゲットにしている顧客にアプローチするのか、新規開拓の一環として新しい商品やサービスを打ち出すのかによって、設定するターゲットは異なります。

ターゲットを広げるタイミングか否かを見極めることが新規事業の成功へのカギといえるでしょう。

【具体的な行動施策】

先に設定した期間ごとのテーマを達成するためには、どのような施策が必要なのか、具体的にリストアップしていきます。

ロードマップの行動施策を考えるときは、経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を基準にすると作成がスムーズに進みます。

【構築する強み(コア・コンピタンス)】

新規事業を成功させるためのロードマップには、新商品や新サービスが構築する強み(コア・コンピタンス)を必ず記載しましょう。

コア・コンピタンスとは、競合他社にはない自社ならではの核となる強みのことです。

コア・コンピタンスの確立にはある程度の時間が必要になりますが、新規事業に備わっているべき強みをロードマップに記載するのもひとつの方法です。

【マーケティング施策】

最後に、新規事業をどのように顧客に販売するのか、具体的なマーケティング施策を記入すればロードマップの完成です。

マーケティング施策には非常にたくさんの種類がありますが、WEBやSNSを使った広告やイベント・展示会の実施、チラシの配布、DMの送付など、ターゲットに効果的にアプローチするためには、どのマーケティング施策が適しているかを考えることがポイントです。

まとめ

企業が新規事業を成功させるためには、ロードマップの作成が非常に重要です。

プロジェクトをしっかり成功させるために、今回紹介した内容を参考にしてロードマップを作ってみましょう。


<参考>

  • 新規事業でのロードマップの書き方とは?テンプレート例も公開(UPBEATLABO)
    https://upbeatlabo.com/roadmap/
  • 第3回:上手くいかない新規事業に見える1つの共通点 “すぐにやってみる”と“行き当たりばったり”は別物だ!(スタートライズ広告ニュース)
    https://www.startrise.jp/columuns/view/4244