リマーケティングでCVを増やす|メリット・デメリットと7つの手法を紹介

リマーケティングとは、自社のサイトを訪問しながら商品を購入しなかった顧客をターゲットとし、コンバージョン(CV)につながる行動を起こさせる取り組みです。

もちろん、リマーケティングにもデメリットはありますが、そのデメリットを克服して、メリットを大きくすれば、インターネットやサイトを使ったマーケティングで成功することができます。

リマーケティングとは何か、メリットやデメリットや具体的な手法を分かりやすく紹介します。

リマーケティングとは

リマーケティングとは、自社のサイトを訪問しながら商品を購入しなかった顧客をターゲットとし、コンバージョン(CV)につながる行動を起こさせる取り組みです。

リマーケティングとはGoogle広告で提供されていますが、同じ仕組みとしてYahoo!広告で提供されるリターゲティングがあります。

ここからは、リマーケティングのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メリット

リマーケティングのメリットとして、リマーケティングを実施することで、サイトやアプリにアクセスしたユーザーの行動履歴や属性からユーザーをリスト化し、そのリストをもとにターゲティングした広告を配信することができる、ということが挙げられます。

「当てずっぽう」に配信される広告は、サイト閲覧者やアプリ・ユーザーに「邪魔者扱いされる」ことが少なくありません。

リマーケティングを実施すれば、サイトを閲覧したのに購入せず離脱した見込み客に、別の提案をして、引き寄せることができるでしょう。

デメリット

リマーケティングのデメリットはほとんどありません。

あえて挙げるなら、手間とコストがかかることでしょう。

リマーケティングを担当するマーケターや、リマーケティングの導入を決める経営者は、技術的な知識を獲得する必要があります。

それは、リマーケティングにはいくつもの手法があるからです。

どの手法を採用するかは、目指すゴールによって違ってきますが、ゴールを設定するには、それぞれの手法について「このリマーケティングで何を目指すことができるのか」を知っておく必要があります。

リマーケティングで効果を上げるには、手間をかけなければならない、ということを理解しておきましょう。

7つのリマーケティングを解説

リマーケティングの具体的な手法として、次の7つを紹介します。

リマーケティング

標準リマーケティング

標準リマーケティングは、最も一般的で、なおかつ効果を上げやすいリマーケティングです。

過去に自社サイトを訪問した閲覧者や、自社のアプリを利用したことがあるユーザーに、自社の広告を見せることができます。

ユーザーが、かつてそのサイトを訪問したときの気持ちを思い出せば、広告効果が高まります。

 

例えば、AさんがB社のサイトに訪問したとしましょう。

B社のサイトは、Aさんを「リマーケティングリスト」に登録しますが、それによってAさんのネット内の行動を追跡できるようになります。

そして、Aさんが別のサイトを見たとき、そのサイトの広告欄にB社の広告が載るようになるのです。

 

標準リマーケティングを実行するには、B社のサイトに「リマーケティングタグ」というコードを設置する必要があります。

動的リマーケティング

動的リマーケティングは、標準リマーケティングの進化版です。

先ほどの例と同じく、Aさんが、B社のサイトで商品Cの情報を閲覧したとします。

Aさんが別のサイトを閲覧したときに、そのサイトの広告欄に商品Cの広告を掲示することができる、というものです。

この動的リマーケティングでは、特定の商品に特化したリマーケティングを行えるので、高い効果が期待できるといえます。

検索広告と連動したリマーケティング

検索広告と連動したリマーケティングは、検索エンジンを使った人が見る検索広告を、広告主向けにカスタマイズする手法です。

検索広告と連動したリマーケティングとはどういうものか、ということを説明するにあたって、まず、検索広告について紹介します。

検索広告とは、グーグルやヤフーなどの検索エンジンサイトに掲載される広告のこと。

例えば、ユーザーが「お茶」で検索したら、抹茶メーカーの広告が掲載されるなど、検索に使われたキーワードに連動した広告が掲載されますが、検索広告向けマーケティングでは、検索広告の機能を使います。

例えば、AさんがB社のサイトを閲覧したものの、何も購入しなかったとしましょう。

B社サイトに特殊な加工を施すことによって、Aさんのネット内での行動が追跡できるようになり、別の機会に、Aさんが検索エンジンでB社に関連したキーワードを入力したとき、検索エンジンサイトの広告欄にB社の広告が掲載されるのが検索広告と連動したリマーケティングです。

アプリを使ったリマーケティング

アプリリマーケティングは、企業(広告主)のアプリを使ったリマーケティング手法です。

例えば、Aさんが、B社のアプリをダウンロードしたものの、数回使っただけで放置していたとします。

その場合、Aさんが別の会社のアプリを使っているときに、広告欄にB社の広告を掲載するのです。

それでAさんに、B社のアプリの存在を思い出してもらう、という手法です。

顧客情報に基づくリマーケティング

グーグルは「顧客情報に基づくリマーケティング」というサービスを提供しています。

このサービスは、まず広告主が、自社の顧客リストをグーグルに提供し、グーグルはその顧客リストのデータを使って、顧客がグーグル検索をしたときに広告主の広告を表示する、というものです。

グーグルアナリティクスを使ったリマーケティング

グーグルアナリティクスは、サイトやアプリのユーザーを分析するサービスですが、グーグルは、これを活用したリマーケティング・サービスを提供しています。

グーグルアナリティクスは、ユーザーのあらゆるネット内行動をチェックしているので、例えば、滞在時間が長い・短い、セッション数が多い・少ない、といったことがわかります。

グーグルアナリティクスと連携させたリマーケティングを行えば、例えば「セッション数は多いけど、滞在時間が短いユーザー」に的を絞って、リマーケティングを仕掛けることができるのです。

ユーチューブを使ったリマーケティング

ユーチューブなど、動画投稿サイトと連携したリマーケティングもあります。

例えば、ある動画を視聴したユーザーに広告を配信したり、ある動画を高評価した人にリマーケティングを仕掛けたりすることができます。

まとめ~「思い出させる」アフターフォロー

自社のサイトを閲覧してくれた人を大切にしたいという気持ちは、どの企業にも、どのマーケターにもあるはずです。

しかし、ネット・ユーザーやサイト視聴者は、気持ちが移ろいやすく、飽きっぽく、そして忘れっぽいものです。

そこで企業は、自社のサイトを見つけたときの「想い」を思い出してもらう必要があります。

リマーケティングを実施することで、見込み客や潜在客に「そうそう、だから私はこの会社のサイトを探したんだった」と気づかせることができます。

リマーケティングは、自社サイトを気にかけてくれた見込み客のアフターフォローといえるでしょう。


<参考>