混同しがちな広報とマーケティングの仕事内容の違いとは?【徹底解説】

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

「マーケティング」とよく似た仕事として、「広報」があげられます。

「マーケティング」と「広報」は、企業が情報発信を行うという点ではかなり似ている仕事といえますが、この2つには明確な違いがあります。

この記事では、マーケティングと広報の仕事の違いを紹介するとともに、マーケティングの仕事と広報の仕事はなぜ混同されがちなのかということ、また、マーケティングと広報、それぞれの仕事内容について紹介していきます。

マーケティングの仕事と広報の仕事はなぜ混同してしまうのか?

企業のPR活動などの広報活動はマーケティングにとっても有効な手段であり、広報が市場拡大の一手を担っているといえます。

したがって、マーケティングの仕事と広報の仕事は混同されがちですがマーケティングは、外部向けの作業ばかりではありません。

マーケティングの本来の目的は「需要を調査して顧客を集めること」。

消費者調査や市場調査などを行い、選択する際の参考になるデータを集めたり、従業員が目指す方向を示すことなどがその内容であり、広報のように知名度やイメージアップをはかるものではありません。

広報はマーケティングの一種ですが、「マーケティング=広報」ではない、ということを念頭に置いておいてください。

マーケティングの仕事内容

マーケティングの仕事内容は、企業や顧客、市場の調査を行い、その調査結果を分析して顧客の潜在ニーズを探り出し、既存の顧客の満足度向上や新規顧客の獲得につなげる活動をすることです。

ニーズが無ければ、どんなによい商品を売り出しても、売上げにつながりません。

したがって、マーケティングは企業戦略にたいへん重要な役割を担っているといえるでしょう。

また、マーケティングのイメージで市場調査を思い浮かべる方も多いかと思いますが、マーケティングでは、調査だけでなく、顧客獲得のための活動も行います。

つまり、企業の経営戦略を立てる業務などを担う役割をもっているといえるでしょう。

企業は、マーケティングによって消費者の潜在ニーズを明らかにし、製品開発の方向性を決定します。

製品が売れれば、企業は市場において頭角を現したり、地位を確かなものにすることができます。

つまり、それだけマーケティング職は重要な役割を担っているということです。

広報の仕事内容

広報の仕事には、社内広報と社外広報の2つがあります。

社内広報とは社内に向けた広報活動のことであり、社外広報は一般社会やメディア等に向けて情報を発信する広報活動を指します。

それぞれの活動について詳しく見ていきましょう。

社内広報

オフィスが1つであったり、社員数が少ない企業では、社内での情報共有が楽にできるので、わざわざ社内広報を設置する必要がありません。したがって、従業員数が多い企業やオフィスが複数ある企業に社内広報の部署があります。

つまり、「社内報」などを作る規模の会社になってはじめて、社内広報が置かれます。

社外広報

「広報」と聞いて一般的に思い浮かべるのは「社外広報」でしょう。

社外広報の具体的な仕事内容は、ニュースリリース作成やメディア対応、記者会見のセッティングなどです。

メーカーが新商品を開発する際に、何らかの形で発表しなければ、雑誌やTVなどのメディアに取り上げてもらうことができません。

したがって、市場に広く情報発信するために「メディアが取り上げてくれる方法」に焦点をあてて活動するのが社外広報の仕事の1つです。

メディアへの情報発信以外に、会社・工場の見学を担当するのも社外広報の仕事です。

つまり、メディアや一般消費者に対して、「会社の顔」となることが多いといえるでしょう。

また、上場企業であれば、「IR情報」という投資家向けに営業利益などを公開するのも社外広報の仕事となります。これは、財務部や経理部と協力して行うことが多い仕事です。

マーケティングの最終目的は「売り上げをのばす」こと

広報もマーケティングも、どちらも「情報発信を行う」という点では同じです。

しかし、マーケティングと広報が目指す目的は違います。

広報が「情報の発信をすること」を目的としているのに対し、マーケティングは「売り上げを増やすこと」が目的です。

そのため、マーケティングでは「どれくらい成果が上がったか」を可視化する必要性があります。

情報の発信と売り上げの向上。

広報とマーケティングの目的はかなり異なるといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

同じ仕事のようにとらえられがちなマーケティングと広報ですが、両者の違いについて、明確にわかるようになったかと思います。

広報は「情報の発信」を、そして、マーケティングは「売り上げの向上」を目的としています。

これさえおさえておけば、広報の仕事とマーケティングの仕事を混同してしまうこともなくなります。

広報とマーケティングの仕事の違いをおさえ、今後の仕事に活かしてみてください。


<参考>

  1. マーケティングと広報の違いとは?
    http://marketingnoiroiro.com/137
  2. マーケティング・広報・宣伝・ブランディング、似ているようで違うその目的とは
    https://ferret-plus.com/12334
  3. 組織における「広報」と「マーケティング」の機能と役割の違い
    http://u-note.me/note/47493665
  4. 広報とマーケティングの違いとは?知っておきたい仕事内容を徹底解説!
    https://mar-cari.jp/article/articledetail/?id=265