サイコグラフィック マーケティング

【サイコグラフィック】消費者の心理面を分析してターゲットニーズを知ろう

企業が顧客に対して効果的なアプローチをするためには、ターゲットに合う適切なマーケティング施策を実施することだけでなく、消費者の心理面をきちんと把握しておくことが重要です。

消費者のニーズ把握に役立つものとして、「サイコグラフィック」があります。

ここでは、サイコグラフィックとはどういうものなのか、詳しく解説していきます。

デモグラフィックとの違いや具体的な収集方法も合わせてチェックしていきましょう。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • サイコグラフィックの基本情報が気になる人
  • デモグラフィックとの違いが分からない人
  • サイコグラフィックの収集方法を知りたい人

サイコグラフィックとは?

サイコグラフィックとは、マーケティングにおいて重要になるセグメンテーションのものさしのことです。

セグメンテーションとは市場細分化のことで、企業が消費者に対して効果的なアプローチをするために必要不可欠なものです。

サイコグラフィックは消費者の心理的な要因を変数として表します。

具体例としては次のようなものが挙げられます。

  • 顧客の特性
  • 価値観
  • ライフスタイル
  • 意見
  • 立場
  • 嗜好
  • 趣味
  • 興味
  • ロイヤルティ

 

サイコグラフィックを徹底的に分析してターゲットの人物像が見えてくると、潜在ニーズであるインサイトを把握しやすくなります。

顧客の潜在ニーズをいち早く満たすことができれば、売上の拡大や認知度の向上などが期待できますが、潜在ニーズはターゲット自身も認知していないことが多いため、他者が把握するのはなかなか難しいものです。

しかし、顧客が持つ本質的な欲求を満たすことでターゲットに響くマーケティング施策の実行が可能になるでしょう。

デモグラフィックとの違いは?

サイコグラフィックとデモグラフィックは、どちらも変数ですが内容がまったく異なります。

デモグラフィックとは、人口統計学をもとにセグメンテーションをした場合の変数です。

デモグラフィックの具体例は、次の通りです。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 年数

 

サイコグラフィックが消費者の内面を表す変数であるのに対して、デモグラフィックは定量的データに基づいた変数であるのが両者の大きな違いです。

別の観点から説明すると、デモグラフィックは「誰が」購買するのかを表している一方で、サイコグラフィックは「なぜ」買うのかを表現しているといえるでしょう。

サイコグラフィックデータとデモグラフィックデータの違いの理解を深めるために、それぞれの具体例を紹介します。

下図をチェックしたうえで、両者の違いをしっかりと押さえてください。

サイコグラフィック デモグラフィック

サイコグラフィックデータを収集する方法は?

先述した通り、サイコグラフィックデータは消費者の内面に関する変数なので、「どうやって集めればいいのか」と疑問に思う人もいるでしょう。

ここでは、サイコグラフィックデータを収集する方法として

  • 顧客に聞く
  • データ分析

という2つを紹介します。

それぞれの収集方法の内容を順番に解説していきます。

顧客に聞く

顧客の心理的状況を把握するためには、直接聞くのが一番手っ取り早い方法です。

顧客の意見を聞く具体的な方法としては、次の2種類がおすすめです。

  • インタビュー
  • アンケート

【インタビュー】

インタビューは、顧客に対して担当者が直接対話する方法であり、複雑な情報をゲットすることができます。

後ほど紹介するアンケートと比較すると、顧客の心理的な側面をよりキャッチしやすいのがインタビューの魅力といえるでしょう。

高品質な情報収集ができるメリットがある一方、データの母数を増やすのが難しいのがデメリットです。

顧客一人ひとりに対して割く時間と人件費が高くつきやすいので、情報の質を重視する場合におすすめの方法です。

【アンケート】

アンケートは、自社であらかじめ作成した質問内容に消費者に回答してもらうことで情報を得る方法です。

アンケートを実施するタイミングとしては、イベントの前後や店舗に消費者が訪れたときなどがいいでしょう。

SNSやWebサイトを活用したアンケート調査は紙ベースのアンケートよりもコストが押さえられるので、自社で利用ツールをよく検討してみるといいでしょう。

アンケートは手軽に情報を収集できる方法ではありますが、あまり複雑な質問ができない点がデメリットです。

アンケートで得た回答の正確性が疑われることもあります。

データ分析

自社がすでに持っている顧客に関するデータを分析することで、新しい情報を収集する方法もあります。

例えば、過去に実践したマーケティング施策を見直して市場の反応が良かったものの共通点を洗い出してみましょう。

参考として、見直しをすべきデータの例を紹介します。

  • webサイトのアクセス多数のページ
  • 高開封率のメール
  • 応募数が多いキャンペーン

 

また、反応が悪かった施策の共通点も同様に見つけるのもひとつの方法です。

すべての特徴を表などにまとめて分析すると、顧客の心理的背景を推測できるかもしれません。

効果的なマーケティング施策の特徴と不発だった施策の改良点を組み合わせれば、自社にとってベストなマーケティング施策を見出すことができそうです。

サイコグラフィックをマーケティングに活用する方法

サイコグラフィックを収集しただけでは、自社のマーケティングが変革することはありません。

なぜなら、サイコグラフィックはあくまでもセグメンテーションの手段に過ぎないからです。

サイコグラフィックデータを正確に分析した上で、情報に基づいた的確なマーケティング施策を考案して実行しなければ何も変わらないのです。

サイコグラフィックを活用したマーケティング施策の主な例としては、次のようなものが挙げられます。

  • 販促のアピール内容の変更
  • 販促種類の変更
  • 製品・サービスの価格の適正化
  • キャッチコピーの変更
  • 製品・サービス名の変更

自社のターゲットがどのような製品・サービスを求めているのかを明確にしたうえで、それにピッタリなマーケティング施策を実施することが大切です。

まとめ

サイコグラフィックとデモグラフィックは少し似た言葉ですが、それぞれが表す内容はまったく異なります。

サイコグラフィックデータを正確に収集して適切に分析することで消費者の潜在ニーズを把握し、そのニーズを満たす製品・サービスを開発すれば大きな売上に繋げることが可能です。

今回紹介した内容を参考に、サイコグラフィックを活用してマーケティング施策を行うと良いでしょう。


<参考>