新規事業の企画書の書き方とおさえるべきポイントとは?【通るコツも公開】

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

事業などを新たに始めるときに作成するのが新規事業企画書です。上司から「新規事業を考えて欲しい」と言われると、事業の担当者は頭を悩ませながらどのような新規事業企画書を作成します。頻繁に新規事業企画書を作成しているなら状況は違いますが、多くの人は新規事業企画書の作成に手間取ってしまうでしょう。それくらい新規事業を企てるのは、大変なのです。

新規事業企画書は、単に企画の内容を説明する書類ではありません。もちろん、内容が分かりやすいことは大切ですが、単車の企画への情熱を伝える企画書を作成することがポイントになります。

この記事では、新規事業企画書の書き方と企画が通りやすくなるポイントを詳しく紹介します。

新規事業企画書を作成する目的を明確にする

新規事業企画書を作成するにあたって、そもそも書類を作らなければいけない目的を押さえておきましょう。企画書とは、事業をどのように進めていくかなどを記載した書類で、担当者だけでなく社内・社外で企画を共有できる地図のようなものです。企画の意図を書面化すうることで共通理解を得られます。

新規事業に対する共通理解がなければ、会社で新規事業を進めていくことは難しいです。また、社内に理解されることはもちろん、企画の内容によっては社外でも認めてもらえる企画書を作成しなければいけません。たとえば、融資を受けている銀行などの金融機関や出資してもらっている株主、取引先会社などに企画を共有する可能性が考えられます。

作成した新規事業企画書を読む人に企画の内容を伝えるだけでなく、きちんと納得してもらうことが大切です。

新規事業を計画した意図を明確にして、理解を得るために新規事業企画書を作成するのです。

新規事業企画書を作成するにあたり把握しておくべきこと

新規事業企画書を作成する前に、会社や事業などの現状を客観的に把握しておく必要があります。企画の担当者が現状を把握していなければ将来の目標や達成すべき目的が明確にできません。新規事業を成功させるためには、将来と現状とのギャップを把握して今後必要になる行動を考える必要があるので、現状の理解が非常に大切になります。

仮に、現状把握をしないまま新規事業を進めてしまうと、せっかくの事業が空想夢想になりかねません。ビジネスにおいて空想夢想の企画は、特に失敗する可能性が高いです。

現状を理解できないまま新規事業を進めるときに障害になるのは銀行などの金融機関からの融資です。自己資金だけで新規事業を進めるのであればこの問題は回避できますが、現状を理解せずに見切り発車で企画した計画に対して銀行は出資しないでしょう。無計画に事業を進める姿勢を見た銀行担当者は企業の経営に不安を感じて、貸し渋りする可能性も否定できません。

また、会社のビジネスのやり方に疑問を感じる社員が生まれることもあるでしょう。優秀な人材が社外に流出する原因になりかねないので、新規事業企画書を作成する前に最低限、経営資源の現状は把握するようにしましょう。

新規事業 企画書

新規事業に会社のすべての経営資源を投入するわけにはいきません。会社は他の事業を運営しつつ、新規事業を発展させる必要があります。たとえば、スキルがある人が会社にいるからといって何も考えずに新規事業に異動させるのは危険です。社員から異動についての理解が得られなかったり、その社員の代わりに働ける人材がいなかったりなどの問題が考えられます。

新規事業企画書の作成を任されると、企画書を作ることに集中してしまいやすいですが、炎上を理解したうえで現実的に実現可能な企画を考えることが担当者に求められます。

新規事業企画書に書くべきこと

それでは、新規事業企画書に書くべき4つの項目を紹介します。具体的には次の4つです。

  1. 新規事業のねらいや目的
  2. 参入市場や顧客ニーズの問題
  3. 戦略・計画スケジュール
  4. 費用対効果

上記4つの項目について詳しく解説していきます。

新規事業のねらいや目的は、なぜ新規事業を実施する必要があるのかについて明確な理由を記載しましょう。会社の事情を新規事業の目的にするのではなく、社会的なニーズについて触れながら説明するのがポイントです。

わざわざ時間とお金をかけて新規事業を立ち上げるので、具体的かつ妥当性がある目的がなければ企画書は通りません。

参入市場や顧客ニーズの問題では、社会的なニーズの根拠などについて記載しましょう。そもそもなぜ市場の現状やニーズに着目したか、新規事業でどのようにそのニーズをみたしていくのかなどについて具体的に説明しましょう。

このとき市場規模も明確にすると効果的です。市場をセグメントに分けてリソースもしっかりさせるといいでしょう。主なセグメントには以下の4つがあります。

・地理的変数(ジオグラフィック)

・人口動態変数(デモグラフィック)

・心理的変数(サイコグラフィック)

・行動変数(ビヘイビア)

戦略・計画スケジュールでは、どのタイミングでどんな戦略を実行してアプローチしていくのかをフェイズごとに記載しましょう。戦略を実施するためにかかるコストの目安額も合わせて説明しましょう。

企画が通って事業が進行した場合に、当初の計画と実際の進捗状況を比較して作業に遅れがないか確認することになります。企画が通った後に細かくスケジューリングを立て直すにしろ、企画書を作成する時点で妥当性があるおおよそのスケジュールを立てることが大切です。

費用対効果の項目では、新規事業できちんと利益が発生するかについて書きましょう。ビジネスはボランティアではないので、仮に最初は費用が大きくて利益が出せなくても、最終的には利益が求められます。

利益だけでなく、必要に応じて新規事業を実施したことに結果、本業に与える影響やブランディングの成果などについて書くといいでしょう。

新規事業企画書を通りやすくする方法3つ

新規事業企画書を通りやすくするために、次の3つのポイントに気を付けて作成しましょう。

・データなどの裏付けをしっかりとる

・「なぜ」を中心に伝えていく

・専門用語集をあらかじめ用意しておく

現実的でない夢物語の計画が通る可能性は極めて低いです。どうしてその企画を思いついたのか、その事業でどのように市場のニーズをみたしていくのか、どのような障壁があるのかなどを含めて、客観的なデータを基に説得力がある新規事業企画書を作成しましょう。

まとめ

新規事業計画書がなければ企業は新規事業を成功できないと言っても過言ではありません。会社や市場などの現状をしっかり分析したうえで、ニーズを満たせる魅力的な新規事業を企画することが大切です。

新規事業企画書を作成するときは、分かりやすい言葉で文章を書くだけでなく、「この企画をやりたい」という思いが読み手に伝わるように意識することが大切です。そのためには、きちんとしたデータや情報を用いて説得力がある新規事業企画書を作成する必要があります。

 


<参考>

  1. 新規事業の企画書の書き方で、これだけは押さえておきたいことをまとめました(Preneurpreneur)
    https://preneur-preneur.com/how-to-write-a-business-proposal/
  2. 新規事業計画書の書き方と書くべき項目(スタートアップ開発ラボSTaP)
    https://crowd.itpropartners.com/pieceblog/671#i
  3. 通りやすい新規事業の企画書を作る方法(スタートアップ開発ラボSTaP)
    https://crowd.itpropartners.com/pieceblog/727