新規事業 企画書

【新規事業の立ち上げ】読み手に伝わるわかりやすい企画書の書き方

新規事業を成功に導くためには、わかりやすい企画書の作成が必要不可欠です。しかし、初めて新規事業に携わる人や一連の業務に慣れていない人からすると、企画書の作成は大きな負担になるでしょう。

そこで今回は、新規事業の企画書を作成するときのポイントを具体的に紹介します。企画書に何を書けば読み手に伝わるのか悩んでいる人は、ぜひ最後まで内容をチェックしてみてください。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

・新規事業の立ち上げを任された人

・新規事業に関する企画書を作成することになった人

・読み手がわかりやすい企画書の作り方が知りたい人

企画書で大切なのは「見る側の観点から書く」こと

新規事業の企画書に限ったことではありませんが、書類を作成するときにも最も意識すべきことは読み手にとってのわかりやすさです。企画書を見る側の観点から作成すると、質が良い企画書を作れるでしょう。

新規事業の企画書に盛り込みたい10のポイント

新規事業の企画書に記載すべき項目は、次の10こです。

・企画を立てた理由

・解決する問題

・市場分析

・商品・サービスによって期待される効果

・顧客への提供手段

・事業を実行するメンバー

・スケジュール

・収支計画

・実現の可能性

・自社の強み(競合との違い)

ポイントごとに、新規事業の企画書でどのようなことを書けばいいのか解説していきます。

企画を立てた理由

新規事業を企画した理由は、必ず企画書に記載します。企画を立ち上げる根源になることなので、企画書の序盤で伝えた方がいいでしょう。

企画書を読む人が「この新規事業について真剣に考えるべきだ」と感じるような理由にするのがベストです。

解決する問題

新規事業が、自社が抱えている問題の解決手段であることを説明します。

例えば、自社が関わる市場規模が縮小している、既存市場での競争が激化している、既存の商品・サービスが陳腐化しているのような具体的な問題を提示しましょう。

そして、自社がその問題を解決しなければいけない理由を説明すると良いでしょう。

市場分析

新規事業の立ち上げにあたっては、市場についての分析結果の説明も必須です。

例えば、絶対的な競合他社の存在やターゲット層の特徴などについては、最低限言及する必要があるでしょう。

市場規模(例:顧客数×競合する頻度×単価)に関する情報も明記すると、説得力が増すので明記することがおすすめです。

商品・サービスによって期待される効果

消費者が当該商品・サービスを手にした場合に、どのような価値を感じられるかについても企画書で述べましょう。時間とお金をかけて自社が新規事業を立ち上げるだけの効果が期待されなければ、企画が通らない可能性が高くなります。

顧客への提供手段

商品やサービスを顧客に届ける方法も企業が新規事業を立ち上げるときに重要なポイントです。物流だけでなく、商流や情報の流れなどについてもしっかり説明することが大切です。

事業を実行するメンバー

新規事業をどのようなメンバーで動かしていくのかも、企画書を作成する段階で決めておくといいでしょう。新規事業を立ち上げる場合はメンバーが社内の人間だけでなく、社外にも及ぶこともあります。

専門家などから意見をもらって商品にいかす場合は、早めに適切な人材を見つけておかなければいけません。

スケジュール

商品の企画から販売までのスケジュールは、できるだけ具体的に記載することが大切です。事前にスケジュールを立てておけば実際に計画が動き出したときに、工程に遅れが出ているかどうか判断しやすくなります。

細かなスケジュールを立てるのが難しい場合は仕方ありませんが、だいたいの見通しはつけておきましょう。

収支計画

新規事業を立ち上げる場合は、収支計画をきちんと作っておく必要があります。事業を運用するためにかかる費用(人件費、開発費、外注費、販売促進費、変動費など)だけでなく、万が一の事態が発生した場合にかかる費用も想定しておくと会社としての対応がスピーディになるでしょう。

収益に関する情報も忘れずに企画書へ記載します。もちろん、収益の額はあくまでも予想のもの。データで収益予測が難しい場合は、新規事業の担当者の期待値を延べるなどの対応をとることをおすすめします。

実現の可能性

新規事業の企画を通すためには、読み手や聞き手に実現できる可能性を感じてもらう必要があります。どれだけ良い企画でも自社で実現できそうになければ、企画倒れになってしまいます。

新規事業をうまく動かせる可能性がどれくらいあるのかを根拠とともに企画書へ記載することがおすすめです。

自社の強み(競合との違い)

自社が企画書の通りに新規事業を立ち上げた場合に、他社に対して強みと言える部分について言及します。たくさんのものとサービスが溢れ、消費者のニーズが多様化する現代において、市場における競争優位性が重要になってきます。

自社の強みを活かしつつ、競合他社との差別化ができる事業を企てるのがベストな方法だといえるでしょう。

企画書はストーリー仕立てで読みやすいレイアウトに

企画書は新規事業について第三者に内容を伝えられるものにすることが必要です。そして、読み手にとって分かりやすいものを作成するには、ストーリー仕立てにするのがおすすめです。

ストーリー仕立ての企画書を作成する場合は、以下の4ステップを意識したレイアウトを構成するといいでしょう。

1.データなどを使って市場やサービスなどについて明記

2.新規事業の必要性と合わせて概要や競合優位性などについて説明

3.新規事業を立ち上げた場合の状況を具現化して説明

4.新規事業を運用した場合に想定されるインパクトを説明

データなどを使って市場やサービスなどについて明記

ステップ1では、対象になる市場の情報や統計データなどの数字を使って市場の状況を具体的に伝えます。競合他社の有無や他社製品の種類、消費者の潜在ニーズなどに関する具体的なデータを提示すると読み手から分かりやすい企画書になるでしょう。

新規事業の必要性と合わせて概要や競合優位性などについて説明

ステップ2では、新規事業が必要になる理由を伝えます。そして自社でどのような商品・サービスを市場に投入するつもりなのかを説明します。

このとき、事業の概要だけでなく、市場での競合優位性や販売施策などについても併せて説明すると説得力が増します。

新規事業を立ち上げる場合の工程を具現化して説明

ステップ3では、新規事業を立ち上げるために必要な業務などを明確にします。

例えば、行動スケジュールや運用体制、KPIなどを企画書に記載するといいでしょう。

また、リスク管理に関することも説明することをおすすめします。具体例としては、「新規事業がうまくいかなかった場合に徹底するタイミングを決めておく」などがあります。

新規事業を運用した場合に想定されるインパクトを説明

ステップ4では企画書の新規事業を立ち上げた場合に、市場や業界などにどういったインパクトを与えられるかについて説明します。

拡大が想定できる事業なら、将来の拡大プランも併せて説明すると新規事業を立ち上げるメリットがより伝わりやすいでしょう。

まとめ

新規事業の立ち上げに欠かせない企画書を作成するポイントを解説しましたが、いかがでしたでしょうか。「新規事業の企画書を作る」と考えただけで頭が痛くなっていた人も、今回紹介した内容を参考にすれば書類の作成がしやすくなるでしょう。

読み手に新規事業の魅力がしっかり伝わる企画書を作成してみてださい。

<参考>

新規事業をスムーズに進めるための効果的な企画書作りとは?作成する上で重要なポイントを解説します(マーキャリ MEDIA)

新規事業の企画書の書き方で、これだけは押さえておきたいことをまとめました(Preneur-Preneur)

新規事業の企画書の書き方:経営者を巻き込む8つのポイント(Finch〔フィンチ〕)