SNSマーケティングへのお誘い【手軽で安くて効果的】

まだマーケティングでSNS(ソーシャルネットワークサービス、ソーシャルメディア)を使っていない企業は、早く始めましょう。

SNSを使えば、良質な顧客を手軽に、かつ短期間で、かつ低コストで獲得することができます。

BtoC系の大企業で、SNSマーケティングを実施していないところはもうないでしょう。しかしSNSは種類が多く機能も多彩です。SNSの潜在能力をすべて引き出せているでしょうか。

SNSを使いわけることによって、変化に富むPRを展開できます。

そしてSNSマーケティングのよい点は、大企業が実施しても中小零細企業が実行しても「大きな差」がつかないところです。むしろ小規模事業者による「ちょっと不器用な感じ」のSNSのほうが、ユーザー(消費者)の心をしっかり捕らえることもあります。

SNSマーケティングは、やらない理由をみつけるほうが難しいでしょう。

SNSマーケティングの概要

まずはSNSマーケティングの概要を解説します。

一般の人向けサービスに便乗したマーケティング

SNSは元来、一般の人向けのサービスです。SNSの大半は無料で利用できます。SNSを提供しているのはIT企業やネット企業です。

SNSが登場するまで一般の人は情報を発信するツールを持っていませんでした。SNSはそれを可能にしたのです。

したがって企業が行うSNSマーケティングは、一般の人向けのサービスに便乗した手法といえます。

SNSの種類

SNSの種類は豊富ですが、主なものは次のとおりです。SNSによって、消費者や顧客との接触方法がかなり異なります。

・フェイスブックは交流が得意

・ツイッターは情報発信に便利

・LINEは交流系と情報発信系の中間的な位置づけ

・インスタグラムはビジュアル系、イメージ重視

・ユーチューブの動画によるPR力は圧倒的

・各種ブログは詳細な情報を提供できる

どう使いわけるか~ハーゲンダッツの場合

多彩なSNSをどのように使いわけたらいいのでしょうか。ここではアイスクリーム製造販売のハーゲンダッツジャパン株式会社の事例を使って「SNSの使い方」をみていきましょう。

以下の画像は、ハーゲンダッツのフェイスブックのひとコマです。

画像引用:https://www.facebook.com/HaagenDazsJP/

タレントを使ったCM動画を貼り付けています。それに対してユーザーがコメントしています。コメントの多くは、実際にハーゲンダッツのアイスを食べた感想です。

フェイスブックをみてハーゲンダッツのアイスを買うパターンもあると思いますが、それよりもハーゲンダッツのアイスを食べてそのおいしさを企業に伝えたくなって投稿しているケースが目立ちます。

以下の画像は、ハーゲンダッツのインスタグラムのひとコマです。

画像引用:https://www.instagram.com/haagendazs_jp/?hl=ja

写真の美しさが際立っています。この画面では6枚の写真が載っていますが、「ハーゲンダッツであること」がわかるのは2枚だけです。つまりハーゲンダッツジャパンが、インスタグラムをイメージ戦略に使っていることがわかります。

以下の画像は、LINEのLINEギフトというサービスの公式ブログです。ハーゲンダッツジャパンがつくっているサイトではありません。

http://gift-blog.line.me/ja/archives/28588396.html

LINEギフトとは、LINEユーザーが友達に商品をプレゼントすることができる機能です。LINEユーザーがLINEギフトのページからハーゲンダッツのアイスと贈り先を選ぶと、贈られた人のLINEにアイスの「ギフト券」が届きます。

贈られた人はコンビニなどで、その「ギフト券」が掲載されているスマホを提示すると、ハーゲンダッツのアイスを受け取ることができます。料金は贈り主がオンライン決済で支払います。

つまりハーゲンダッツジャパンは、LINEギフトというLINEのサービスを使って商品を販売しているわけです。

この販売方法は決して効率的とはいえませんが、消費者に「ハーゲンダッツのアイスを贈る喜び」と「ハーゲンダッツのアイスを受け取る喜び」と「ハーゲンダッツのアイスでつながった喜び」の3種類の体験を提供できます。

ハーゲンダッツに対する愛着がわくことでしょう。

以下の画像はハーゲンダッツのユーチューブの画像です。動画なので、ほとんどテレビCMと変わりありません。しかし、この動画は2分4秒あります。テレビCMは30秒ほどなので、その4倍を確保できるわけです。企業は「のびのび」とPRすることができます。

SNSマーケティングをするメリット

SNSマーケティングは、企業に次のようなメリットをもたらすでしょう。

ひとつずつみていきます。

SNS マーケティング

双方向性=接触感が得られる

企業がSNSで商品やサービスを紹介すると、ユーザー(消費者)はそれに対して意見や感想を届けることができます。この双方向性は、テレビCMや街中の看板にはありません。

双方向性は、企業と消費者の接触感を演出します。企業は消費者の反応をダイレクトに感じることができ、マーケティングに活かすことができます。

一方、消費者は企業に愛着を抱くようになります。同質、同価格の2つの商品があった場合、消費者は愛着を持った企業の商品を選ぶでしょう。

コスト安=企画で勝負できる

SNSの運営会社は、SNSを無料で開放しています。SNSの運営会社は、SNSの利用者が増えれば広告媒体としての価値が上がり広告収入が得られるので、無料開放のコストを十分回収できます。

企業が無料でSNSマーケティングを始められるメリットは計り知れません。

例えばテレビCMは制作費や放映費を含めると「百万円」「千万円」単位の資金が必要になります。広告のクオリティを高めるほど、お金がかかってきます。

しかしSNSならコスト安なので、企画力で勝負できます。お金がかからなければ、試行錯誤を繰り返すこともできます。

広報的=非営業的なので安心感を与えられる

企業によるSNS活動は、一般的に「広報」の一環ととらえられています。一般の人は、広報と営業・販売を次のように理解しています。

・広報:消費者に歩み寄る手段

・営業・販売:消費者に売る手段

したがって消費者は営業・販売の「臭い」を感じると警戒しますが、広報の「匂い」を感じると警戒を解きます。

SNSマーケティングの広報的なイメージは消費者に安心感を与えるので「話」を聞いてもらいやすくなります。

「買ってください」といわない=熱意をアピールできる

テレビCMや街中の看板は多額の費用がかかるので、どうしてもコストを回収しようと、商品やサービスを「買ってもらう」内容にしがちです。そうなると表現の幅が狭まってしまいます。

しかしSNSは無料なので、いわゆる「無駄撃ち」ができます。「買ってください」といわないPRをいくらでも仕掛けることができるのです。

トヨタ自動車が「意外なSNS戦略」を展開しています。「買ってください」といわずに熱意を伝えています。詳しく紹介します。

春闘の様子を公式に公開~トヨタの場合

トヨタ自動車はユーチューブで、春闘の様子を流しています。春闘とは、労働組合が会社に「賃金を上げよ、労働条件を改善せよ」と要求する活動のことです。極めて社内的なもので、そもそも外に公表する必要のないものです。

したがって「普通は」春闘を広告・宣伝に使うことはありません。

以下の画像は、トヨタ公式のユーチューブ番組「トヨタイムズ」のワンカットです。

画像引用:https://www.youtube.com/watch?v=9kajeAgRcPk

経営陣と労働組合の話し合いを流しているだけですが、これをみると「トヨタは労使ともによいクルマをつくろうとしている」と感じるでしょう。

トヨタはこの動画で「車を買ってください」といっているわけではありませんが、視聴者は「こういう人たちがつくっている車なら安心できそうだ」と思うはずです。

このようなイメージ戦略の展開は、ユーチューブというSNSでないと難しいでしょう。

まとめ~かゆいところに届く

SNSには1)情報を伝えたい人にだけ情報を届ける性質と、2)伝えたい人に確実の届けられる性質と、3)伝えたくない人に届けない性質があります。SNSマーケティングはこの3つの性質を上手に活用するとうまくいくでしょう。工夫次第で情報を「かゆいところ」に届けることができます。

画一的な製品を大量につくって大多数の消費者に売るビジネスが通用しなくなった以上、マーケティングも個人にフォーカスしていくしかありません。SNSマーケティングは、企業の想いを個人に届けるのに有効な手段です。


<参考>