5G マーケティング

【第5世代移動通信システム「5G」】5Gでマーケティングはどう変わる?

2020年3月、サービスの提供が始まった第5世代移動通信システム「5G」。

5Gの恩恵を一言で表すと「インターネットが格段に快適になる」ということですが、5Gが経済や経営や消費に与えるインパクトはかなり大きなものになるとされています。

マーケターも、5G時代のマーケティングを構築することが求められています。

5Gとは

5Gとは、「5th Generation」の略で第5世代移動通信システムのこと。

これまでの4Gに比べて、通信速度は20倍、遅延は10分の1とされています。

最も身近に5Gを体感できるものとしてスマホがありますが、スマホの通信速度は、10年ごとに進化を遂げています。

デジタル通信が始まった時、その通信速度は2.4kbpsの2G。

約10年後に約100倍の通信速度の384kbpsである3Gが登場しました。

さらに10年後に約100倍の通信速度である37.5Mbpsの4Gが登場し、それから10年。

5Gへと進化したのです。

5Gの特徴は、

  • 高速かつ大容量
  • 信頼性の高さと遅延の減少
  • 多数同時接続

の3つ。

それぞれの特徴について、簡単に解説します。

高速かつ大容量

5Gの通信速度は4Gの20倍の20Gbps。

圧倒的な速さで、2時間の映画を数秒でダウンロードすることが可能です。

また、VRやARに必要な大容量のデータも「さくさく」送受信することができます。

信頼性の高さと遅延の減少

4Gではタイムラグが「気になる」レベルでしたが、5Gでは遅延ストレスがほぼ消えます。

遅延は、自動運転車や遠隔医療、ネットゲームにとって致命的なものであるため、5Gの普及により、自動運転車や遠隔医療、ネットゲームの利便性や快適性が格段に向上します。

多数同時接続

4Gでは、1㎢あたり10万デバイスとされていた接続が、5Gでは、100万デバイスへと拡大。

同時に接続できる端末の数が増えることにより、家中のモノはもちろん、地域をEMSで接続するスマートシティの実現が可能となります。

5Gにおけるマーケティング。「新しいこと」も「できなかったこと」もできる

ここまで、5Gの特徴について解説してきましたが、5Gの登場により、マーケティングも変化していきます

5Gマーケティングは、「バージョンアップ」と「これまでしたかったけどできなかったこと」の2つが軸であり、それぞれの軸に2項目ずつ、計4つのマーケティング・テーマがあるといわれています。

5G マーケティング

5Gという武器を得たことで、マーケティングは確実にバージョンアップし、環境が無くできないと感じていた「したいこと」や「理想」を一気に実現することができるでしょう。

データ収集に力を入れよう

5Gでは、データ収集の作業の効率化や素早い解析が可能となります。

メガ企業や先進企業はすでに、「情報」を「人・物・カネ」と同格に扱っていますが、5Gの到来によって、これまで情報に重きを置いていなかった企業がデータ収集に力を入れる必要性を認識するでしょう。

5Gは「情報格差」を埋めることができますが、その恩恵を受けられるのは、自身で積極的に情報を取りに行ったマーケターに限られます。

政府のサイト「e-Stat」を使えば、気象、人工、賃金、農林水産業、エネルギー、観光などの統計データを入手することができるので、ぜひ活用してみてください

「リアル」が重要になる

4G時代から、リアルへの回帰が始まっていますが、5Gでは、「リアル」が重要になります。

例えば、リアル小売業から顧客を奪ってきたアマゾンは、アメリカのリアル店舗の高級スーパーマーケットを買収。日本でも、中堅スーパーマーケット「ライフ」と業務提携して、客がネットで注文するとアマゾンがライフの食材を配送するサービスを始めています。

5Gはネット世界を膨張させますが、それは、ネット世界とリアル世界の融合を進めるだけで、リアル世界がネット世界に飲み込まれるわけではありません。

5Gが完全に普及しても、消費者の「実際に手に取って確かめてから買いたい」という欲求を消し去ることはないでしょう。

したがって、5Gマーケティングのメーンテーマは、リアル世界への欲求を満たすこととなります。

それは、5Gによってネット・ビジネスが簡単、確実になることでネット・ビジネスでの差別化が難しくなるため、「リアル勝負」になるからです。

ただし、現在のリアル店舗がそのまま生き残るわけではありません。

商品管理や顧客管理、広告管理をネット化・クラウド化した、スマート・リアル店舗にバージョンアップする必要があります。

コンテンツとクリエイティブの高度化する

マーケターの中には、これまでずっと「仮想現実(VR)や拡張現実(AR)をフル活用した最新のコンテンツをつくりたい」と思ってきた人もいるでしょう。

5Gによってコストの壁と技術の壁が取っ払われるため、その実現が可能となります。

コンテンツやエンターテイメントやクリエイティブを高度化することは、これまで、とてもコストがかかるものでしたが、5Gの普及と、それに伴うVR・AR投資の増大により、コンテンツを高度化するコストは大幅に下がります。

マーケターが優れたクリエイターとコラボしたり業務提携を結べば、消費者を熱狂させるマーケティング・キャンペーンを企画できるでしょう。

「1人の顧客に何を届けるか」

顧客洞察をどう深めるか――。

これはすべてのマーケターにとって、重い課題です。

もし、マーケターが、「顧客の意向は、調べ尽くしてもとらえられない」と考えていたら、あらためる必要があります。

顧客に寄り添ったマーケティングを展開するには、顧客1人ひとりの個性や志向や趣向を浮き彫りにする「データ」を収集し、分析することが求められますが、5Gなら、データ収集やデータ解析が容易にできます。

つまり、5G時代が幕を開けたことで、顧客洞察はいくらでも掘り下げることが可能となったのです。

5Gのサービス開始に伴って、経験と勘に頼ったマーケティングからデータ・マーケティングに転換し、「1人の顧客に何を届けるか」を重視することが求められています。

まとめ

5Gの登場によって通信速度が格段に速くなりますが、それに伴い、マーケティングの進化も求められています。

マーケターは、5Gをうまく活用し、「新しいこと」「できなかったこと」の実現を図ると良いでしょう。


<参考>