マーケティングの4Pとは?成功事例や4Cとの違いを紹介します

マーケティングを理解するうえで必ず押さえておくべきなのが、4Pです。

マーケティングの担当者であれば一度は耳にしたことがある言葉でしょう。しかし、4Pの内容とマーケティングへの活かし方を理解している人はそれほど多くありません。

そこで今回は、マーケティングの基礎である4Pについて詳しく解説します。先に基本的なポイントを紹介した後、どのようにマーケティング戦略に活かしていくのか4つの項目別に解説します。

また、4Pと合わせてチェックしておきべき4Cについても見ていきましょう。それぞれの違いを明確にすることでより4Pへの理解が深まります。

この記事は、次のような人にぴったりの内容になっています。

  • マーケティングを勉強し始めた人
  • 4Pについてきちんと理解したい人
  • 4Pと4Cの違いを押さえたい人

マーケティングの「4P」とは?

4Pはマーケティングにおいて非常に重要なフレームワークのひとつで、マーケティング・ミックスとも言います。次の4つの単語の頭文字を取って、4Pと呼ばれています。

4P マーケティング

上記の4つをうまく組み合わせて、商品やサービスが売れる仕組み作りを考えていくのが4Pです。

4Pのメリットは、商品、価格、販売促進、流通経路の4つに区分してマーケティング戦略を考えることで、シンプルかつ体系的に立案ができることです。市場で自社が提供する商品やサービスがどのような位置づけになるかを分析できると、企業は具体的なマーケティング戦略を立案しやすくなるのです。

4Pの概念は簡潔で理解しやすいため、1960年にジェローム・マッカーシー(Jerome McCarthy)が4Pを提唱して以降、現在まで広く浸透しています。

マーケティングは多くの人が想像するよりも非常に複雑なシステムでありながら、市場に商品やサービスを提供する企業にとっては必要不可欠です。4Pは4つの戦略領域に絞って企業の戦略を決めるフレームワークであり、何から手を付ければ良いのか、マーケティングを見える化したといっても過言ではないでしょう。

Product(商品)

Product(商品)は、「どの市場をターゲットにするか」や「狙うべき顧客層」を決定します。自社が市場に供給したい商品やサービスではなく、ターゲットが購買したいと感じるものを選定することが大切です。顧客に選ばれなければ、企業が利益を獲得することはないため適切な商品の見定めは大きなポイントになります。

また、ターゲットにとって商品やサービスの品質や機能性は十分と言えるかや他社との差別化ができているかなどについても分析する必要があります。

Product(商品)の分析は、自社の商品やサービスの不十分な部分を強化するために実施されるのです。

Price(価格)

Price(価格)は、ターゲット層にとって商品やサービスの価格が適正であるかを分析します。なぜなら、価格は購買行動においてハードルになるからです。

価格が低ければ購買へのハードルは低くなるが、企業の利益は低くなります。一方、価格が高いとターゲットの購買機会が減る可能性がある半面、ひとつの商品やサービスに対する利益が大きくなります。

また、他社との価格競争は維持できるかや自社の利益は確保できるかについても検討が必要です。コストをベースに商品やサービスの価格を検討し、市場環境や競合他社の価格設定などを考慮して適切な価格を決定することが大切です。

Price(価格)の分析は、プライシング戦略とも呼ばれることがあります。

Promotion(プロモーション)

広告戦略、宣伝戦略、コミュニケーションがプロモーションに該当し、販売促進とも呼ばれます。ターゲットに対して自社の商品やサービスのイメージをどれくらい与えているか、需要をどれくらい掻き立てているか分析します。

Place(流通)

Place(流通)は、顧客に対して必要な商品やサービスを十分に供給できるかを分析します。顧客が自社の商品やサービスの必要性を感じたときに、必要な場所にものがある状況を作り出すことがポイントです。

例えば、ターゲットが若者であれば利便性が高く、基本的にいつでも営業しているコンビニに商品を陳列するといいでしょう。富裕層がターゲットなら、百貨店など高品質な商品やサービスが提供されている場所に商品を置くと売上に繋がりやすくなると言えます。

ターゲットが最も自社の商品やサービスに接触しやすい場所を選択することがPlace(流通)のポイントです。

Place(流通)は、商品戦略と同様に自社の不十分な部分を強化するために実施します。

4Pの成功事例

4Pの成功事例として、コーラの価格強調の例を紹介します。

コーラのブランドとして名高いコカ・コーラでは、350ml缶を定価120円販売しています。コカ・コーラは絶大な知名度があるので、アメリカ輸入のプライベートブランドなどは同価格で販売しても売上に繋がりづらいため、40円という破格でコカ・コーラに対抗しています。

コカ・コーラのブランド力に勝るため、価格でターゲットにアプローチした4Pの例です。

4Pに代わる4Cという概念

最後に、4Cについて説明します。4Cは次の4つの単語の頭文字を取ってできたマーケティング用語です。

Commodity 製品
Channel 流通
Communication 広告、宣伝
Cost 価格

4Cは1993年にロバート・ロータボーンによって提唱されました。4Pが売り手視点のフレームワークであるのに対して、4Cは顧客視点で分析をします。絶えず変化する社会環境に対してロバート・ロータボーンが4Pを基に顧客視点に内容を置き換えて4Cとして再定義したのです。

4Pが提唱された1960年と現在とでは状況が大きく変わっています。商品やサービスが溢れる時代になったからこそ、企業は顧客が求めるものを供給しなければ売上に繋がりません。企業が生き残るためには、顧客視点で市場に提供する商品やサービスを考える必要があるため、4Cが重要視されつつあります。

しかし、4Pや4Cはマーケティングのフレームワークのひとつにすぎません。自社の商品やサービスだけでなく、市場や顧客の状況、競合他社との兼ね合いを総合的に判断してターゲットにアプローチすることが大切になります。よって、ひとつのフレームワークにこだわらずにトータルマーケティング・ソリューションの実行が企業の成功に繋がるとされています。

4Cについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。

マーケティングにおける4Cとは【事例を用いて活用方法を解説!】
https://kotodori.jp/research/4c-in-marketing/

まとめ

マーケティングの4Pは簡潔で分かりやすいフレームワークですが、時代の流れに合わせて適切なフレームワークを選択することが大切です。4Pだけにこだわるのではなく、必要に応じて4Cなどの他の概念も取り入れながら、総合的に自社のマーケティング戦略を立てることをおすすめします。

 


<参考>

  1. マーケティングミックス(4P)とは(ムサシノ広告社)
    https://www.musashino-ad.co.jp/column/marketingmix.html
  2. マーケティングの4Pは知っていても、4Cを知らない人が多いのはなぜだろう?
    https://www.advertimes.com/20160829/article232619/3/