市場調査 マーケティングリサーチ

市場調査とマーケティングリサーチ|目的やメリット、違いについて徹底解説

「市場調査=マーケティングリサーチ」と考えている人も多くいますが、実は、両者には違いがあります。

自社で効果的なマーケティングを展開するためには、市場調査とマーケティングリサーチの違いをしっかり押さえることが重要です。

そこで今回は、市場調査とマーケティングリサーチの違いを分かりやすく解説します。

それぞれの基本的な情報はもちろん、目的やメリットも合わせてチェックしていきましょう。

 

この記事は、

  • 市場調査の目的やメリットが知りたい人
  • マーケティングリサーチの目的やメリットが気になる人
  • 市場調査とマーケティングリサーチの違いを押さえたい人

におすすめの内容です。

市場調査とは

市場調査とは、数値や数字で市場を把握した上で製品やサービスを販売するためのマーケティング施策を立てることです。

市場調査の主な方法として

  • 定性調査
  • 定量調査
  • 覆面調査
  • 統計データ調査

などがあります。

それぞれの調査方法について、簡単に紹介します。

【定性調査】

定性調査とは、ある共通する属性をもつグループに対してインタビューを実施し、意見を聞き出す調査方法です。

属性の設定方法としては、年齢、職業、性別などが挙げられます。

【定量調査】

定量調査は、市場調査の代表的な手法です。

既存顧客だけでなく見込み顧客に対しても、Webや対面、郵送などによってインタビューやアンケートを実施します。

【覆面調査】

覆面調査とは、調査担当者が消費者としてサービスを利用した後、依頼主に調査結果を報告する方法です。

サービス業で実施されることが多く、ミステリーショッパーと呼ばれることもあります。

ミシュランガイドなどの料理情報誌も覆面調査の情報を元に作成されています。

【統計データ調査】

統計データ調査とは、公的機関が公表しているデータを元に属性に合わせて調査を進める方法です。

大学や政府などが実施した調査をもとに統計を出したり、数値の割り出しをしたりするので信憑性が高いです。

市場調査の目的

市場調査とは、アンケート調査などで市場データを集め、統計や分析を実施することですが、市場調査の目的はその分析結果を商品・サービスの開発・改善につなげて、顧客満足度を上げるということといえます。

市場調査のメリット

市場調査のメリットは、市場の詳細な情報を把握することでマーケティングに関する意思決定を正確に行えるということです。

新しい製品やサービスの開発や既製品・サービスの改良などを効果的に行うことができます。

マーケティングリサーチとは

マーケティングリサーチは、現在だけでなく、将来の予測や考察、分析も含めて市場動向を調査するものです。

マーケティングリサーチの主な方法として

  • 事前事後調査
  • 製品テスト
  • パッケージ・テスト
  • ホームユース・テスト
  • テスト・マーケティング
  • ネーミング・テスト

などがあります。

 

それぞれの調査方法について、簡単に紹介します。

【事前事後調査】

事前事後調査は、広告キャンペーンの実施前と実施後に顧客に対してアンケート調査を実施する方法です。

イベントなどで用いられることが多く、宣伝効果や顧客の購入意向の変化を確認することができます。

【製品テスト】

製品テストは、顧客に製品を使用してもらい、評価をチェックする調査方法です。

既製品の改良や新製品の開発をするときなどに実施されることが多く、顧客の印象を知ることで製品の売上をアップする工夫が施せます。

【パッケージ・テスト】

パッケージ・テストとは、製品容器の材質や色合い、使いやすさについて顧客の評価を得る調査方法です。

顧客の購入意欲がパッケージでどれくらい掻き立てられるか、店頭で見つけてもらいやすいかなどについて知ることができます。

【ホームユース・テスト】

ホームユース・テストは、試供品(テスター)を顧客に配布して家庭で使用してもらう調査方法です。

テスト結果を顧客に記録してもらうことで、製品に対する意見を確認できます。

製品を家で使用してもらう調査方法なので、購入後の顧客意見に近いものを知ることができます。

【テスト・マーケティング】

テスト・マーケティングとは、自社で開発した新製品を実際に市場で販売し、売上などの状況を観察する調査方法です。

本来の市場規模で販売するのではなく、ある程度市場を限定して反応をみます。

テスト・マーケティングでチェックできる項目の例は以下の通りです。

  • 知名度
  • シェア
  • 購入率
  • 宣伝効果
  • 店頭での取扱い率

 

【ネーミング・テスト】

ネーミング・テストとは、複数ある新製品の名前候補から、最も適切なものを顧客に選んでもらう方法です。

顧客にとって印象が良い製品名を選ぶために実施されます。

マーケティングリサーチの目的

マーケティングリサーチは、現在および将来の市場動向を分析することが大きな目的です。

市場を客観的かつ総合的に把握した上で潜在ニーズを知り、自社の意思決定に結びつけます。

マーケティングリサーチのメリット

マーケティングリサーチを行えば、市場が求めているものの見通しがつけられます。

一時的な市場ニーズに対応することはもちろん、将来に向けた施策を講じられるのがマーケティングリサーチのメリットといえるでしょう。

市場調査とマーケティングリサーチの違いとは

市場調査は現在の市場動向を分析するのに対し、マーケティングリサーチは将来の市場動向も含めて分析する方法です。

したがって、市場調査はマーケティングリサーチの一部であるといえるでしょう。

市場調査とマーケティングリサーチの流れは、以下の図の通りです。

市場調査 マーケティングリサーチ

 

市場調査・マーケティングリサーチのポイントとは

市場調査やマーケティングリサーチのポイントは、調査目的を明確に定めることです。

なぜなら、いずれの調査も必要な情報を集めて分析をするためには軸を設定しなければいけないからです。

軸が途中でぶれると調査結果が異なってくるので注意しましょう。

特に、調査会社に市場調査やマーケティングリサーチを依頼する場合は、目的を具体的に伝えることが大切です。

まとめ

市場調査とマーケティングリサーチの意味を混同する人は多くいますが、前述したように、市場調査とマーケティングリサーチは異なるもの。

しかし、両者とも顧客に求められる製品・サービスの開発を行うために重要な方法です。

明確な目的を設定し、自社にとって有益な調査を行いましょう。


<参考>