ログ管理の必要性と方法を徹底解説!【ログを活かす方法とは?】

「ログ」というキーワードを耳にしたことがある方は多いでしょう。

しかし、「ログとは?」「どういうものがあるの?」と聞かれると、どうでしょう?

ログとはいったいどういうものなのか、そして、ログにはどのような種類があり、なぜ管理が必要なのか、詳しく見ていきましょう。

ログとは?

ログとは、コンピューターの使用状況や通信などの記録のことをいいます。

もともと、「ログ」は「航海日誌」という意味で使われていたキーワードでしたが、これを転用。

「ログイン」「ログオン」でコンピューターを使い始めることを、「ログアウト」「ログオフ」でコンピューターを使い終えることを表します。

システムなどの稼働状況やユーザーの操作履歴、通信履歴などが記録され、エラーが発生した際には、ログから修復作業を行うことも可能です。

ログにはどんな種類がある?

ログには

  • 通信ログ
  • 設定変更ログ
  • 認証ログ
  • イベントログ
  • 操作ログ
  • 印刷ログ
  • エラーログ

などがあります。

どういうものなのか、1つずつ見ていきましょう。

通信ログ

通信ログは、その名の通り、「通信」の記録です。

通信を開始した時間や通信内容、通信した相手や通信修了の時間などが記録されます。

設定変更ログ

設定変更ログは、設定を変更した際に残される記録です。

設定を変更した日時や設定の内容を知ることができます。

認証ログ

認証ログとは、「誰が」「いつ」システムにログインしたのかを残すログです。

認証ログで重視されるのは、「エラー」の回数。

エラー回数が多いアカウントを要注意として管理することができます。

イベントログ

イベントログとは、システム内で起こった特定のイベントの記録です。

アプリケーションに対するログインやログオフ、特定のファイルへのアクセスなどが記録されます。

操作ログ

操作ログとは、ユーザーの操作履歴のこと。

パソコンへのログインやログアウト、ネットワークへの接続やファイルの閲覧・編集といったさまざまな履歴が記録されます。

操作ログは、情報漏えいの際の調査に役立てることができます。

印刷ログ

印刷ログは、印刷する際に使用したプリンターや印刷枚数、印刷したファイルなどを記録します。

印刷ログは、情報漏えいの調査に役立ちます。

エラーログ

エラーログは、エラーが発生した時に記録されるもの。

エラーが発生した日時や内容などが記録されます。

エラーログを見ることで、障害が発生した原因を特定することができます。

ログの管理はなぜ必要?

上述した様に、操作ログや認証ログ、イベントログなどログにはさまざまな種類があります。

これらのログを管理することは

  • 利用状況の把握
  • 外部からの不正なアクセスを防止
  • 内部統制

などのために必要です。

それぞれについて、見ていきましょう。

利用状況の把握

ログは、パソコンの操作履歴やネットワークへの接続履歴を記録することができるもの。

したがって、ログを管理することでユーザーが適切な時間にログインしているかどうかなどの利用状況を知ることができます。

また、エラーが発生した際には、エラーが発生した前後にどういう操作が行われていたのかを確認し、復旧に役立てることができます。

外部からの不正なアクセスを防止

ログ管理をしていれば、不正なアクセスがあったときに「どのファイルから」「いつ」情報が漏れたのかをすぐに把握することができます。

したがって、情報漏えいが発生した際に、原因究明を行ったり対策を立てることが可能となります。

内部統制

情報漏えいの原因は、外部からの不正アクセスだけでなく、内部犯行や内部からの情報の持ち出しなどもあります。

もしログを管理しておけば、管理ミスや誤操作などをすぐに調べることができます。

また、ログの管理をしていることを社内に通知していれば、内部犯行を抑止する効果や社員の業務を把握することも可能です。

さらに、情報漏えいの際に、内部犯行や持ち出しではないことを証明することができるので、社員を守ることもできます。

ログを管理する方法とは?

ログ管理

ログには、前述した通り、操作ログや認証ログ、アクセスログなどさまざまなものがあり、利用状況を把握したり、外部からの不正アクセスを防止することができます。

パソコンを使用することによってログは増えていきます。

したがって、利用状況を把握したり外部からの不正アクセスを防止するには、増え続けるログを管理することが重要です。

ログを管理するには、「どの」ログを「どこに」保存するのか、そして、「どれくらいの期間」保存するのかを決めることが大切です。

保存するログの種類を選ぶ

ログを管理する際には、「なぜログを保存するのか?」という目的を決めて、保存するログの種類を絞ると良いでしょう。

例えば、情報漏えいに対するログを保存する場合は、「誰が」「いつ」「どのファイル・アプリにアクセスしたのか」などが分かる情報を選ぶようにしましょう。

ログ管理システムを利用するのもおすすめ

社員数が多ければ多いほど、ログの量は膨大になります。

したがって、そのログを手作業で確認するのは困難です。

もし、エラーが起こったり、外部に情報が漏れたりした場合にも、対応が遅れてしまいます。

そこでおすすめなのが、ログ管理システムを利用することです。

ログ管理システムには、

  • 収集
  • 管理
  • 監視
  • 分析・活用

という4つの機能があります。

まず、「収集」ですが、ログ管理システムは、サーバやパソコンなど、システム全体のログを収集することができます。

そのため、それぞれの機器ごとにログをチェックする必要がありません。

次に、「管理」ですが、ログ管理システムは、集めたログを一元管理することができます。

そのシステムごとに保存期間が定められているため、一定の期間保存した後、自動で消去してくれます。

そして、「監視」。

ログ管理システムは、収集したログを監視することができます。

不正アクセスやエラーがあったときには、アラートで知らせてくれるという機能も。

システムの担当者が不正アクセスやエラーにすぐ気付くことができるため、とても便利です。

ログ管理システムには、特定のログを追跡できる機能もあります。

最後に「分析・活用」。

ログ管理システムでは、収集し、保管しているログを分析することもできます。

ログの分析によって、情報漏えいの発生やシステムエラーを防ぐことも可能です。

まとめ

ログにはさまざまな種類があり、パソコンを使用するだけで自動的に溜まるということが分かったかと思います。

ログは、利用状況を把握したり、不正アクセスを防止するためにとても重要なものです。

目的に応じて必要な種類のログを選び、適切に管理するようにしましょう。


<参考>

  1. ログ管理とは?
    https://www.mylogstar.net/introduction/management.html
  2. ログ管理システムでセキュリティ対策を!導入のメリットと4つの機能
    https://hnavi.co.jp/knowledge/blog/log_management/