KJ法

新発想が浮かばないときに試したい「KJ法」|概要とメリットを分かりやすく解説

アイデアが出ないと悩んでいるビジネスパーソンやマーケターは、KJ法を試してみてはいかがでしょうか。

KJ法とは、文化人類学者の川喜田二郎氏が1967年に「発想法」という著書で紹介したオリジナルの発想法のこと。氏のイニシャルを取ってKJと名づけられています。

KJ法は伝統的な発想法ですが、試してみると「1周回って新鮮」な発見ができるはずです。

この記事では、KJ法の概要を紹介したうえで、マーケティングやビジネスで使うメリットとデメリットを考えていきます。

KJ法とは、その概要

東京工業大学の名誉教授である川喜田氏は、自身のフィールドワークを効率的かつ効果的に進めるためにKJ法を考案しました。

当初は、文化人類学の研究が目的であったKJ法ですが、次第にあらゆる領域、分野で使えることがわかり、川喜田氏はKJ法の普及に力を入れていったのです。

膨大な情報を処理できる、カードを使う

KJ法に適したシーンは、膨大な情報を処理しなければならないとき。

そして、KJ法の最大の特徴は1枚のカードに1つの情報を記載することです。

膨大な情報とカードは、KJ法のベースとなっています。

膨大な情報のなかからしか新発想は出てこない、と考える

カードの使い方を解説する前に、KJ法の理念について紹介します。

KJ法では、新しい発想は膨大な情報のなかから生まれる、と考えます。

つまり、1人の天才が画期的なアイデアを出すことを期待するなら、KJ法は必要ないということ。また、膨大な情報を集める労力を省略したい場合も、KJ法は使えません。

川喜田氏は文化人類学者であり、フィールドワークを重視していたので、観察から新事実を導き出そうとしていたと考えられます。文化人類学の研究対象は人々と社会の長年の営みなので、観察と考察を積み重ねていく必要があります。

しかし、観察結果は、一定量を超えると人の情報処理能力を超えてしまいます。そこで効率的かつ効果的な情報処理手法が必要になったわけです。

マーケティング業務では、天才的なクリエイターがキャンペーンを企画して大ヒットすることがある一方で、地道な調査を重ねて外れないキャンペーンを多数生み出すこともあります。

KJ法は後者のマーケティングに使えるでしょう。

カードをどのように使うか

川喜田氏がKJ法を考案した1960年代は、まだ一般の人がコンピュータを使うことはなかったので、アナログなカードが使われました。

KJ法におけるカードとは、手の平サイズの紙製のカードです。

このカードの使い方を、順を追って紹介します。

●ステップ1:1枚のカードに1つの情報を記載する

1枚のカードに、膨大な情報のなかの1つの情報だけを書き込みます。情報群のなかに100個の情報があれば、カードは100枚必要になります。

ここでの注意点は、情報を捨てないこと。無駄なように感じる情報でも、収集したものはすべてカードに書いていってください。そして、無駄に感じる情報も、複数を1枚にまとめるのではなく、1枚1情報のルールを守りましょう。

●ステップ2:情報グループをつくり表札を書く

100個の情報を100枚のカードに書き写すことができたら、似た情報を1つのグループにまとめます。

そしてグループごとに「表札」または「見出し」をつけます。

表札または見出しとは、1つの情報グループの性質を一言で表したもの、と理解してください。

●ステップ3:情報グループの関係を探る

表札をつけるのは、情報グループどうしの関係性を探るためです。

例えば、100個の情報を似た情報で分類したところ、A、B、C、D、E の5個の情報グループにわけることができたとします。1つの情報グループは、20個の情報を保有しているとします。

情報グループA、B、C、D、Eの性質をみて、大テーマに関する情報を情報グループAにまとめ、表札を「大テーマ」とします。

次に、大テーマを補足した内容の情報を情報グループBにくくり、表札は「大テーマの補足」とします。

大テーマとは関連しないものの、1つのテーマを形成できそうな情報を情報グループCにまとめ、表札を「小テーマ」とします。

小テーマを補足した内容の情報を、情報グループDにまとめ表札を「小テーマの補足」とします。

そして、どの情報グループにも属さない情報を、情報グループEに格納します。

●ステップ4:情報内容を考察する

上記のステップ3までは情報の整理であり、ステップ4は情報の活用を行います。

考察するときに活きてくるのが1情報1カードであるということ。

情報の考察では、隅々まで徹底してチェックしていく必要があります。新発想の種は、どこに埋められているかわからないからです。

1情報1カードの状態になっていることで、そこにある新発想の種をひと目で確認することができます。

そして、1人がそれを発見すれば、チームの全員に示すことができます。そのカードには情報が1つしか載っていないので、チームのメンバーもすぐに理解できます。

KJ法のメリットはイノベーションにつなげやすくなること

KJ法を使うと、新発想がつかみやすくなり、イノベーションが生まれやすくなります。

発明より普及のほうが価値が高い

イノベーションや新発想という単語を聞くと、0から1が生まれる様子を想像するかもしれませんが、そのイメージは必ずしも正しいものとは限りません。

例えば、インターネットの発明とインターネットの普及は、どちらもイノベーションであり、一般的にはインターネットの発明のほうが「すごい」と思われがちです。

しかし、社会的なインパクトがあり大きなビジネスを生み出し、人々の生活を劇的に変えたのは、インターネットの普及です。つまり、インターネットの普及のほうが、より価値が高いイノベーションである、と考えることができます。

インターネットの普及をイノベーションしてみる

インターネットはすでに十分普及していますが、ここではあえて、「インターネットが発明されたことは知れ渡っているものの、まだ十分に普及している状態とはいえない」状態を想定します。

そして、ある企業で「電話に代わる、より便利な情報通信手段をイノベーションしたい」という目標が設定されたとします。

このとき、KJ法を使ってイノベーションを起こす方法を考えてみます。

KJ法は、多くの情報を集め、それを1情報1カードにまとめ、カードを類似情報ごとにグループわけして、情報グループの関係性を考察する、という手法でした。

「インターネットの存在は知っている」「便利な情報通信手段をイノベーションする」という状況下でKJ法を使うと、このようになります。

1)インターネット関連の情報を、情報グループAにくくる

2)電話の不便さの情報を、情報グループBにくくる

3)インターネット通信回線の整備に関連する情報を、情報グループCにくくる

4)他の情報通信手段に関する情報を、情報グループDにくくる

5)インターネットが普及したときの生活者のメリットに関する情報を、情報グループEにくくる

このように情報を整理していけば、インターネットの優位性や、インターネットの普及に必要なインフラ・メニューが浮かび上がります。

KJ法を使えば、イノベーションや新発想を、理論的かつ機械的に生み出すことができます。

まとめ~KJ法のデメリットはほとんどない

KJ法のデメリットはほとんどありません。

ただ、あえて欠点を挙げるとすれば、時間がかかることといえるでしょう。

KJ法は、情報群に含まれるすべての情報にアクセスして、内容を確認して、グループわけして、表札をつけ、情報グループどうしの関係性をみつけるといった作業が必要になります。

しかしこの欠点は、情報群のなかの情報を総ざらいするメリットで十分相殺されるもの。

KJ法は急がば回れの考え方なので、もしマーケターが、経営者から「時間はいくらかかってもよい、その代り、次のマーケティング・キャンペーンを必ずヒットさせてほしい」と命じられたら、試してみる価値があります。

関連記事

「こうすれば新発想が生まれる」KJ法のやり方を解説

情報整理術と発想法のKJ法がアプリになった「IT化で利便性アップ」

無料お役立ち資料フォーム


<参考>

ブレーンストーミングとKJ法