事業戦略に欠かせないフィールドリサーチ|方法と効果について解説します

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

企業が経営を維持・向上させるために必ず必要になるのが、事業戦略です。

事業戦略は内部環境と外部環境についての情報の収集が必須になります。

外部環境を分析するうえで欠かせないのが今回紹介するフィールドリサーチです。

事業戦略を立てること以外にもフィールドリサーチは効果的な手法なので、ポイントをしっかり押さえておくことが大切です。

今回は、基礎から詳しくフィールドリサーチについて解説していきます。

次のような人にぴったりの内容の記事になっています。

・フィールドリサーチが何か分からない人

・フィールドリサーチの実施目的が知りたい人

・フィールドリサーチの種類を把握したい人

それではまず、フィールドリサーチの基礎から見ていきましょう。

フィールドリサーチとは?

市場調査のひとつであるフィールドリサーチとは、販売の現場でしか入手できない情報を収集する調査です。

販売現場に出向いて、自社の商品やサービスの利用者から直接情報を得たり、販売現場自体の状況をリサーチすることになります。

フィールド リサーチ
冒頭で少し触れましたが、フィールドリサーチは事業戦略を定めるために活用されることが多くあります。

調査が適切に実施されると以下の課題解決に役立つことが、フィールドリサーチを実施する意義です。

既存事業の戦略 ・売上アップに効果があるPOPについて消費者の評価が知りたい

・販売員のスキルアップのために競合他社の接客を把握したい

・すでに打ち出している広告の消費者認知度を知りたい

新規事業の戦略 ・新製品の試作品について消費者からの意見が聞きたい

・競合他社が提供するサービスの内容を把握したい

・海外進出をするうえで、現地の競合他社の売り場レイアウトを知りたい

フィールドリサーチで分かること

先述したとおり、フィールドリサーチを実施すると自社の事業戦略を立てるために必要な情報の収集が可能ですが、調査の結果、把握できることは次の3つです。

・消費者の意見

・現場の状況

・広告効果

フィールドリサーチで収集できる3つの情報の内容について、詳しく解説していきます。

消費者の意見

先に少し触れましたが、フィールドリサーチは、販売現場で直接調査を実施するので、消費者の具体的な意見を把握することができます。

自社の商品やサービスが評価されている点や購買理由などの踏み込んだ調査ができるのがフィールドリサーチの特徴です。

電話でインターネットを利用した調査も市場の状況を知るうえでは効果的ですが、フィールドリサーチならニッチな消費者層からも情報を得ることができます。

新商品の試供品を消費者に配布すればリアルな使用感や評価も調査できるので、既存事業の戦略を立てるために必要な情報だけでなく、新商品開発や新規参入市場の検討にもいかせます。

現場の状況

販売現場では、POPやポスター、店内のレイアウトなどの広告状況や販売員の接客対応の確認もできます。自社の現場だけでなく、他社の売り場をチェックして自社に足りない部分はどこかを検討するのも効果的です。

フィールドリサーチは商品やサービスの販売戦略だけでなく、効果的な広告戦略の見直しにも繋がります。

広告効果

販売店の広告状況だけでなく、電車やバスの車内の交通広告や街頭の看板広告の効果をチェックできるのもフィールドリサーチの魅力です。

広告効果の確認は難易度が高いので、調査対象をしっかり絞ることがポイントになります。

広告を見ている可能性が高い人や自社のターゲット層に対して調査を実施するといいでしょう。

フィールドリサーチは大きく分けて4種類

フィールドリサーチには大きく分けて次の4種類があります。

・プレリサーチ

・定量的調査

・定性的調査

・プロトタイピング

それぞれの内容について分かりやすく解説していきます。

プレリサーチ

プレリサーチとは、あらかじめフィールドリサーチの対象を決定する作業です。

市場の状況や競合他社の動向・ビジネスモデルなどに関する情報を収集したうえでしっかり分析し、セグメントを定めます。

意味があるフィールドリサーチをするためには、事前に仮説を立てておく必要があります。少なくとも市場や調査対象の状況はチェックしておくことが大切です。フィールドリサーチの目的は仮説を検証することで、調査を実施した後に仮説と現実との相違点や事業の改善点を洗い出すことに意味があります。

根拠がある明確な仮説を調査担当者と共有しておくことで、フィールドリサーチの精度が高まります。

定量的調査

定量的調査とは数値化可能なデータを収集する調査で、アンケートを実施して購買動機や自社への評価を対象者に問うのが一般的です。

アンケートは二者択一で答えられる単純な質問内容にすることが定量的調査のポイントです。回収したアンケートからデータをまとめると、説得力がある調査データになります。

定量的調査を実施するうえでも、プレリサーチと同様に適切な仮説の設定が重要になります。収集対象の数が非常に大きい場合は仮説を立てずに定量的調査を実施する場合もありますが、フィールドリサーチの一環で自社の事業検証をするときは必ず仮説を設定しましょう。なぜなら、アンケートから得られたデータを仮説なしに深く分析するのは困難だからです。一般的に知識を得るだけでは事業の検討に繋げられません。

定量的調査は、得た情報から誰でも納得させられる根拠がある結論付けが必要になるので、優秀な人材の有無が調査の質に大きく影響します。データ処理をしっかり行えるだけではなく、自社の事業をきちんと理解している人を定量的調査の担当者にすべきです。

定量的調査は自社にとって都合が良い分析をするのではなく、あくまでも情報から結論を一般化することが大切です。適切な結論付けをするために自社の人材だけでなく、定量的調査の専門家に依頼する会社も増えています。

定性的調査

定量的調査は、観察調査やインタビューなどを通して調査対象者の価値観や心理的な構造を把握する調査です。定量的調査と比較すると、対象者のことをより深く知れる調査になっています。

数字などの客観的に判断しやすいデータにまとめるのが難しく、調査実施担当者の質問力がポイントになります。また、対象者と短い間に信頼関係を築いて素直な意見を聞きだす必要があるため、コミュニケーション能力を持ち合わせていることも大切です。

調査対象者に対して、自社の事業や調査の目的を明確に伝えることが定性的調査を成功させるうえでの大前提になります。適切な説明をして対象者に納得してもらえて始めて有効なデータが手に入るのが定性的調査です。

プロトタイピング

プロトタイピングとは、プロトタイプ(試作品)を対象者に実際に利用してもらうことでリアルな感想や反応を収集するフィールドリサーチの手法です。以前はプロトタイピングの対象は商品が主流でしたが、最近ではサービスでも実施されています。

新商品の打ち出しを考えている場合などにプロトタイピングは効果的で、商品やサービスの見直しや費用や時間を効率良く使えます。

まとめ

フィールドリサーチは事業戦略に欠かせない大切な調査で、消費者の意見や現場の状況、広告効果が把握できます。

フィールドリサーチを大きく分類するとプレリサーチ、定量的調査、定性的調査、プロトタイピングの4つがありますが、それぞれの手法に特徴があるので適切な方法を選ぶことが大切です。

適切な事業戦略を検討するためにも、時間と費用を使って念入りにフィールドリサーチをすることをおすすめします。