メルマガ 登録

メルマガ登録者が増えるメリットと増やす方法

SNSマーケティングが脚光を浴びるなかで、メールを送るだけの地味なメルマガは軽視されることがありますが、それは正しい認識とはいえないでしょう。

なぜなら、メルマガは、企業が顧客のメール受信箱にダイレクトに商品・サービス情報を届けることができるからです。

この記事では、メルマガ登録者が増えるメリットと、登録者を増やす方法を解説します。

問い合わせ数、資料ダウンロード数、申し込み数が増える

SNSがマーケティングで重要視されるようになったのは、企業が顧客と双方向のコミュニケーションを取れるからです。

企業は双方向コミュニケーションによって、濃厚な顧客情報を得ることができるため、よりパーソナルな働きかけが可能になり、結果、顧客のロイヤリティを上げやすくなります。

ただ、双方向コミュニケーションは手間も時間もかかるもの。

顧客への働きかけがパーソナルになるほど、リーチできる顧客の数が減ります。

もし、企業が、多くの消費者に自信を持ってすすめられる商品やサービスを開発したら、一方向コミュニケーション・ツールでPRしていくほうが効率的です。

メルマガは、一方向コミュニケーション・ツールでありながら、顧客1人ひとりの「手元」に情報を届けるパーソナル性を併せ持ちます。

なぜメルマガで顧客のアクションを増やすことができるのか

マーケターが「商品・サービスへの問い合わせを増やしたい」「資料ダウンロード件数を増やしたい」「セミナーの申し込みを増やしたい」と思っているならば、メルマガは有効です。

なぜならメルマガの受け手は、企業に自分のメールアドレスを提供しているからです。

メルマガ登録者は、一般的な消費者より強く、その企業に興味を持っています。そして、企業が商品・サービス情報をメルマガで提供し続けると、「もっと知りたい」と思ってもらえる確率が高くなります。その気持ちは、問い合わせや資料ダウンロードといった、顧客のアクションにつながります。

また、セミナーなどのイベントへの参加募集も、広告で無作為に広く呼び掛けるより、メルマガでピンポイントで呼び掛けたほうが、参加率は高くなるでしょう。

優良顧客を維持し、予備軍を優良顧客にできる

メルマガ登録者は、優良顧客または優良顧客予備軍と考えることができます。

メルマガを毎号丁寧に読んでいる登録者は、その企業の情報を求めている人であり、新商品が出たらすぐに買いたいと思う人。

メルマガの内容を充実させると、このような優良顧客が増えるでしょう。

また、メルマガに登録しているものの、気になったタイトルの号しか開封しない人は、その企業と縁が切れることは寂しいと感じているものの、関心がいまひとつ高まらない状態にあります。

メルマガの内容を充実させると、このような人をヘビー視聴者に変えることが可能です。

メルマガ登録者を増やすには、メルマガの内容を充実させる必要があり、それを実行すると、優良顧客を維持できたり、優良顧客予備軍を優良顧客に変えたり、優良顧客予備軍を増やしたりすることができます。

メルマガ登録者はこうやって増やそう

メルマガ登録者を増やすメリットを実感できたら、実際に登録者を増やす作業に取り掛かりましょう。

有益情報や魅力的なコンテンツを配信する

有益情報や魅力的なコンテンツを次々メルマガで発信できると、登録者数は確実に増えていきます。

メルマガでは、自社商品・サービスの紹介だけでなく、ニュースを掲載するようにしてみてください。

「有益情報が多いメルマガ」という評判が確立するまでには時間がかかるので、短期間で爆発的に登録者数を増やすことは難しいかもしれません。しかし、有益情報が載ったメルマガは、登録者の離脱を大幅に減らすことができます。

ヘビー視聴者を増やすには、有益情報や魅力的なコンテンツを増やす方法が近道です。

メルマガの有益性を高めるうえで効果的なのは、業界動向に関する情報です。

メルマガを担当しているマーケターは、メルマガをニュース発信ツールと考えるといいでしょう。

企業は、他社や顧客や一般消費者が知らない情報を数多く持っていますが、それらの情報に価値があれば、それはニュースになります。

現代人は「価値ある最新情報=ニュース」に飢えています。

自社のメルマガが「深掘りした業界情報が得られる」と評価されるようになれば、「あのメルマガを読んだほうがよい」と他人にすすめる人が増え、それが登録者増につながるでしょう。

特典やプレゼントをつける

メルマガ登録者を増やすには、メルマガを閲覧するメリットを増やす方法が有効です。

メルマガ登録者しか得られない特典やプレゼントは、メルマガ・メリットになります。

ただ、特典をつけることはコストがかかるので、これはカンフル剤と考えておいたほうがよいでしょう。特典を乱発すると、特典目当てでメルマガを読むようになり、その他のコンテンツの視聴率が下がってしまい、メルマガのマーケティング効果が低下してしまうため、注意が必要です。

簡単に登録できるようにする

細かいことですが、メルマガで重要なポイントとしてメルマガの登録方法を簡素にする、ということが挙げられます。

氏名、生年月日、住所、メールアドレス、電話番号、勤務先、役職、興味のある分野など、多くの項目を入力しないと登録できないとなると、入力している途中で離脱してしまう人も少なくありません。

メールアドレスを入力するだけで登録できると、入力ストレスを減らすことができ、登録者増につながります。

マーケターとしては、濃厚な登録者情報がほしいものですが、より詳しい個人情報が必要になったら、メルマガ登録者から引き出すことができます。

例えば、メルマガでアンケートの回答者を募集して、回答希望者に個人情報を尋ねてみるといいでしょう。

まとめ

メルマガで情報発信する以上、その情報には、ニュースとしての価値を持たせたほうがよいでしょう。

知らなかった情報が有益な情報であったとき、視聴者はそのニュースを知れたことを良かったと感じるもの。メルマガを担当しているマーケターは、その喜びを登録者に提供できるようにするのです。

メルマガの登録者が増えれば、企業はさまざまなメリットを得ることができます。マーケティング効果が高まることは、メリットの最たるものですが、登録者が増えれば、商品やサービスをPRできる機会が増えます。

ただ、メルマガはニュース発信ツールでもあるので、自社のメリットを考えるだけでなく、情報の価値を高めるようにしてください。よい情報を提供するニュース発信ツールはファンがつき、それが登録者を増やす原動力になります。


<参考>

問い合わせ数、資料ダウンロード数、申し込み数が増える