DMPの活用事例を徹底紹介!【どんな企業がどのような施策をしているのか!?】

DMPはいろいろな会社で利用されていますが、具体的な活用事例まで網羅している人はそれほど多くないでしょう。

そこで今回は、DMPを実際に導入した企業の事例を4つ取り上げて紹介していきます。

今回活用事例を見ていくのは、次の4つです。

  • カネボウ化粧品
  • ECLuvlit
  • ゴルフダイジェストオンライン
  • 神立高原スキー場の事例

それでは、順番にDMPの活用事例をチェックしていきましょう。

カネボウのプライベートDMP事例

カネボウ化粧品は、男性、女性問わず、豊富なコスメやヘアケア用品を世に送り続けている企業であり、幅広い需要に対応するために、同社内で多数のブランドを持っています。

以前は、それぞれのブランドで得た顧客情報を別々に管理していましたが、DMPを導入して企業内で情報の一元化を図りました。

カネボウ化粧品はプライベートDMPである「MOTHER」を導入していますが、このプライベートDMPを導入することによって、自社で運営しているメディアの利用者を特徴づけて、一人ひとりに合わせて広告を配信するように工夫しました。

また、「Audience Search」というオープンDMPも合わせて導入。

複数のブランドで得られる情報を横断的に把握するようにしたことで、顧客に対するアプローチの最適化を実現させたのです。

カネボウ化粧品のプライベートDMPとオープンDMPのそれぞれの役割をまとめると、次の図の通りになります。

DMP 事例

カネボウ化粧品に限らず、多くの企業はブランドごとに顧客データを管理していて、同じ企業内であっても利用客の情報を一元管理していないことがほとんどです。したがって、カネボウ化粧品が打ち出した今回の施策は非常に大きな意味を持つといえるでしょう。

カラコンECLuvlit(ラブリット)の事例

通販は、パソコンやスマホから注文ができるため、若い世代に多くの利用者がいますが、若い世代の女性から人気のカラコンを販売する公式通販ショップ、カラコンECLuvlit(ラブリット)では、「cosmi Relationships」というスマホに対応したDMPを導入しました。

そして、購買データや会員データをDMPでまとめることで会員セグメントに合わせてスマホのプッシュ通知を配信し、前年同月の売上500%という驚異の数字を叩きだしました。

若年層はスマホのチェックを欠かさない人が多いことから、スマホでの広告が功を奏したと考えられるでしょう。

また、DMPでサイト利用者の行動履歴をまとめたことで、違うデバイス(スマホやパソコン)を使っている対象者もリターゲティングできるようになり、カラコンを使い切るタイミングを見計らって次回の注文時に使用できる送料無料クーポンを配布し、リピーターを獲得したのです。

従来の通信販売ではWebサイトやパソコンのメールなどのチャネルが主流でしたが、スマホなどにも手を伸ばしてユーザーの情報の把握に努めた点がLuvilitが成功した要因といえるでしょう。

ゴルフダイジェストオンラインの事例

GDOの略称で知られるゴルフダイジェストオンラインでは、関連メディアの運営やゴルフ場の予約など、ゴルフに関係する次の3つのビジネスを展開しています。

  • メディア
  • ゴルフ場
  • リテール

ゴルフダイジェストオンラインでは、DMPを導入して顧客ステージに合わせたサービスを提供するマーケティング施策を実施したことで、コンバージョン率を8倍ほどアップさせることに成功しました。

DMPによって利用者の細分化ができ、マーケティング施策をパーソナライズ化したことが功を奏した事例です。

ゴルフダイジェストオンラインは、自社で運営しているサイト内でLPO(Landing Page Optimization)やレコメンデーションを実施するだけでなく、サイト外のメッセージ広告も顧客ごとに内容を変更。

さらに、「Rtoaster」というプライベートDMPを導入し、複数の事業で収集されるデータからマーケティング施策の改善を図りました。

Web上の顧客データと顧客情報を集約し、インターネット外に有効なリターゲティングの改善を行うなど徹底したのです。

ゴルフダイジェストオンラインは、顧客が利用するタイミングや属性などに合わせたコミュニケーションシナリオを事細かに設計することで、圧倒的なコンバージョン率の改善が実現しました。

複数の事業を別で運営・管理するのではなく、それぞれから収集できる情報を蓄積し、横断的にチャネルを活用することで先進的なマーケティング施策を導入できたのがゴルフダイジェストオンラインのDMPの導入事例といえます。

神立高原スキー場の事例

新潟県にある神立高原スキー場は、プライベートDMPを導入したことで売上を1.3倍にまで伸ばしました。

アンケートやスキー場で収集した情報などをDMPで統合し、顧客に応じたマーケティング施策を考案したのです。

スキーなどのウインターツポーツは競技人口が減少していて売上アップに苦戦するスキー場が多い中で、DMPを積極的に取り入れたことで、見事来場者の増加に繋がった事例です。

まとめ

顧客にアプローチするマーケティング施策の考案は、企業にとって商品やサービスの売上を大きく左右する重要な決定のひとつであり、DMPは、より効果的なマーケティング施策を検討する際に大切な情報を得ることができる方法です。

今回紹介したDMPの実例を参考に、自社でどのようにDMPを利用するべきか考えてみるといいでしょう。

 


<参考>

  1. プライベートDMPの導入・活用事例まとめ(SATORI)
    https://satori.marketing/marketing-blog/ad-technology/dmp_case/
  2. プライベートDMPとは|成功のポイントと活用事例・ツール比較14選・パブリックDMPの違い(ボクシルマガジン)
    https://boxil.jp/mag/a2798/
  3. プライベートDMPの活用事例と3つのステップで分かる始め方(LISKUL)
    https://liskul.com/private-dmp-18103
  4. DMPを導入しリターゲティング広告の精度と効果を上げた事例6選(LISKUL)
    https://liskul.com/wm-dmp-retargeting-8905