DMPとマーケティングオートメーションで効果的なデジタルマーケティングを実現

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

マーケティング業務を行っている方であれば、DMPとマーケティングオートメーションというキーワードを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

DMPとマーケティングオートメーションは、どちらもマーケティングの実務を支援するマーケティングプラットフォームであり、単体での利用はもちろん、組み合わせて活用されることもあります。

それぞれどのようなものなのか、組み合わせて使用することでどういうメリットがあるのか、分かりやすく解説します。

DMPとマーケティングオートメーションとは?

マーケティングプラットフォームにはさまざまなものがありますが、DMPとマーケティングオートメーションは、どちらもマーケティングの実務を支援するマーケティングプラットフォームです。

それぞれどのようなものなのか、1つずつ見ていきましょう。

DMP

DMPとは、Data Management Platformの略称で、インターネット上の顧客データを集めて管理するためのプラットフォームのこと。

「オープンDMP」と「プライベートDMP」との2種類に分けることができます。

「オープンDMP」とは、データ提供企業の保有するWebサイト上の行動履歴や購買履歴、年齢や性別などの属性といったさまざまなデータを蓄積し、管理するプラットフォームのことであり、「プライベートDMP」とは、自社が独自で保有する行動履歴や購買履歴などのデータと外部のデータを組み合わせて蓄積・管理するプラットフォームのことをいいます。

DMPを導入することで、Web上のさまざまなデータの分析に基づいた広告配信など、一人一人の顧客に対するマーケティング活動が可能となります。

マーケティングオートメーション

マーケティングオートメーション(MA)とは、マーケティングや営業業務の定型的な業務や作業を自動化して、見込み顧客の開拓におけるマーケティング活動の効率を高めるための仕組みやツールのこと。

見込み顧客の開拓をするためは、ユーザーのニーズを知り、ユーザーの欲しがるタイミングで最適な情報を最適な方法で提供する必要がありますが、インターネットやスマホの普及によってユーザーの行動が多様化した結果、一人一人のニーズやタイミングに合わせたマーケティングが複雑化しました。

そこで誕生したのがマーケティングオートメーションです。

マーケティングでは

  • 見込み客を獲得する「リードジェネレーション」
  • 見込み客を育成する「リードナーチャリング」
  • 見込み客を選定する「リードクオリフィケーション」

という3つのステップを段階的にすすめるデマンドジェネレーションの考えが重視されていますが、マーケティングオートメーションでは「リードクオリフィケーション」の「ホットリード」までを自動的に行うことができます。

マーケティングオートメーション

つまり、マーケティングオートメーションを用いれば、見込み客の情報を管理し、その見込み客を育成して、購買意欲の高い見込み客を絞り込むということが自動で行えるようになるのです。

マーケティングオートメーションでできる作業は

  • リード管理
  • スコアリング
  • メールマーケティング
  • Web解析
  • アクセスログ取得
  • ソーシャル機能

です。

マーケティングオートメーションのメリットとして、見込み客を抽出し、購買意欲を高めることが効率的にできるため、受注率を上げることができるということが挙げられます。

DMPとマーケティングオートメーションで効果的なマーケティングが可能

上述した様に、DMPは顧客データを管理してマーケティングに活用するツールであり、マーケティングオートメーションC(MA)はマーケティングや営業業務の定型的な業務や作業を自動化して、見込み顧客の開拓におけるマーケティング活動の効率を高めるための仕組みやツールのこと。

DMPには顧客の行動履歴や購買履歴、属性などの情報が管理されているため、ターゲットとする顧客をスピーディに検索することが可能です。

そして、その顧客情報を元にマーケティングオートメーション(MA)を用いれば、より効果的なマーケティングを行うことが可能となるのです。

とある商品を例に挙げて考えてみましょう。

商品の紹介サイトには、さまざまなユーザーがアクセスしています。

しかし、アクセスした全てのユーザーが商品を購入するとは限らず、サイトにアクセスしただけで離脱するユーザーもいれば、資料請求で終わるユーザーもいるなど、その行動履歴はさまざまです。

つまり、商品の紹介サイトにアクセスしたユーザーは商品について興味があるのは確かでも、「どれくらい」関心があるのかは分からないのです。

したがって、アクセスしただけで離脱したユーザーや、資料請求した段階で止まっているユーザーに対して商品の広告配信をしても、あまり効果が得られないこともあります。

もし、ユーザーの属性を知ることができれば、商品を購入したユーザーと似た属性のユーザーを絞り込むことで、購買意欲の高いユーザーに対してのみ広告配信をすることが可能となります。

つまり、DMPデータをマーケティングオートメーション(MA)に活用することによって、効果的なマーケティングが可能となるのです。

DMP×マーケティングオートメーションの市場規模は?

消費者の購買行動がAIDMAからAISASへ変化し、消費者に対してパーソナライズされた顧客体験を提供するという取り組みが進む中、デジタルマーケティングツールを導入する企業が増えています。

矢野経済研究所が2017年に行った調査によると、2016年におけるDMP・マーケティングオートメーション(MA)の市場規模は303億円。

2014年の市場規模が208億円であったことから、2年間で1.46倍成長したことが分かります。

DMPは、2015年5月に改正された個人情報保護法によって匿名加工情報の利用が定められたことで利用しやすい環境が整っていくとされていますが、DMPは利用目的が幅広く、さまざまなデータソースの活用を前提として構築する必要があるので、導入するためには敷居が高いというのがデメリットとなっています。

また、個人情報の取り扱いにおけるコンプライアンスプログラムによってDMPの導入を断念するケースも多いことから、成長の鈍化が見込まれていて、2022年の市場規模は109億円とされています。

一方、マーケティングオートメーションはマーケティング・セールスを強化するツールとしてBtoB企業だけでなくBtoC企業にも導入が進められていて、2022年にはMAの市場規模が530億円に達すると予想されています。

つまり、DMPの成長が鈍化するにもかかわらず、DMP・マーケティングオートメーション(MA)の市場規模は2022年には639億円に達すると予測されているのです。

まとめ

デジタルマーケティングで活用が進むDMPとマーケティングオートメーション。

導入することによって効果的なマーケティングが可能となるため、これらのツールを導入する企業が増えています。

組み合わせて活用すれば、より効果的なマーケティングが可能となるので、それぞれのツールの活用方法を理解して導入すると良いでしょう。


参考