コンテンツ content

コンテンツってなに?良質なコンテンツを作成するコツを紹介

インターネットマーケティングやWeb戦略などの仕事に関わっていると、「コンテンツ」という言葉をよく耳にするでしょう。

しかし、コンテンツとは何か具体的に説明できる人はそれほど多くないのではないでしょうか。

そこで今回は、コンテンツとは何か、また、コンテンツの種類や良いコンテンツとは何かを確認します。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • コンテンツについて良く知らない人
  • コンテンツの種類を理解したい人
  • 良質なコンテンツを作成したい人

コンテンツとは

そもそもWebサイトにおけるコンテンツ(contents)とは、情報の中身を意味する言葉。

娯楽や教養に関する著作物とも説明できるコンテンツは、情報の受け手が価値を感じたり、良質な体験ができたりすることが大切です。

また、コンテンツを直訳すると「内容」になりますが、インターネットマーケティングなどにおいては情報が記載されたページとされる事が多くあります。

パソコンやスマホなどのデバイスの普及によって、コンテンツはさらに重要視されています。情報のデジタル化の波に乗り遅れないためには、コンテンツへの理解を深めることが大切です。

コンテンツの種類

コンテンツと一口にいっても、さまざまな種類があります。

今回は、コンテンツの代表的な種類である以下の3つについて詳しく見ていきましょう。

  • デジタルコンテンツ
  • モバイルコンテンツ
  • Webコンテンツ

デジタルコンテンツ

デジタルコンテンツとは、創造性が高く、知的で、魅力的なコンテンツの総称です。

このように説明すると少し分かりづらいかもしれませんが、具体的には音楽や映画、漫画、ゲームなどがデジタルコンテンツとして扱われます。

モバイルコンテンツ

モバイルコンテンツとは、スマホやタブレットなどのデバイスで確認・利用できる情報のこと。

例えば、写真加工アプリやSNSアプリ、地図アプリ、スマホゲームなどがモバイルコンテンツに該当します。

今回紹介する3つのコンテンツの中で、一番身近に感じられるのがモバイルコンテンツだといえるでしょう。

Webコンテンツ

Webコンテンツとは、インターネット上の記事やサイト、サービスなどのこと。

例えば、ネットニュースやまとめ記事、解説記事などがWebコンテンツに分類されます。もちろん、この記事もWebコンテンツに該当するもの。

他にも、ECサイトの販売促進につなげるセールスコンテンツや集客を目的にしたSNSの発信などもWebコンテンツとして扱われるので、覚えておきましょう。

良質なコンテンツとは

コンテンツは、いずれも良質でなければ求める効果が発揮されません。

では、良質なコンテンツとはいったいどういったものでしょうか。この章では、良質なコンテンツと判断されるポイントや特徴について詳しく解説します。

良質なコンテンツのポイント①受け手(読み手)にとってプラスの影響を与えるもの

良質なコンテンツはそれをユーザーが読んだり、利用したりしたときに、何かしらのプラスの影響を与えます。

例えば、料理のWebコンテンツに目を落としたユーザーが記載された内容を元に新しい料理を作れれば、そのコンテンツはプラスの影響を与える良質なものであると判断されます。

Webコンテンツの場合、回遊率やPV数、滞在時間などを元に、受け手(読み手)にプラスの影響を与えられているか確認できます。

良質なコンテンツのポイント②受け手(読み手)が求めている情報

良質なコンテンツを作成するなら、情報の伝え方を変えることも大切です。

なぜなら、知りたい情報は同じでも、コンテンツの受け手(読み手)の理解力や知識は異なるため。

例えば、Webコンテンツの場合、専門的な言葉を多用した文章の方が好まれる場合もあれば、誰が読んでも理解できるような平易な文章が好まれる場合もあります。

良質なコンテンツを作成するときは、情報の受け手(読み手)になる人を想像してその人に合った内容を推測して著作物に活かすのがポイントです。

ユーザーが求めていない情報を元にコンテンツを作成しても、マイナスの評価を受けてしまうので注意しましょう。

良質なコンテンツのポイント③受け手(読み手)が知りたい情報に関連するものを網羅している

コンテンツの作成時は、チェックすべきこと網羅したコンテンツを作成することがおすすめです。

例えば、国民年金に関する記事を作成するなら、厚生年金や国民年金基金、確定拠出年金に関する情報も盛り込むことでユーザーはより国民年金に関連する事柄について理解できます。

良質なコンテンツのポイント④受け手(読み手)がワクワクする・問題解決につながる情報

良質なコンテンツを作成するなら、情報をただただ羅列するのではなく、受け手(読み手)が飽きないような工夫をすることが大切です。

例えば、文章ばかりのブログに図や表を入れたり、言い回しを変えたりするといいでしょう。

見出しの順番を入れ換えるだけでもユーザーの満足度が変化することも。

ユーザーが抱える問題を解決できるようなコンテンツ作成に努めることがポイントです。

まとめ

今回は、コンテンツについて基礎から詳しく説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

解説した内容のポイントをまとめると以下の通りです。

  • コンテンツとは、情報の中身のこと
  • コンテンツは、「デジタルコンテンツ」「モバイルコンテンツ」「Webコンテンツ」の3種類がある
  • 良質なコンテンツを作成するためにはポイントを押さえることが大切

コンテンツを作成するうえで大切なのは、受け手が価値を感じること。たとえ、教養や娯楽に関する内容であっても、受け手が価値を感じられなければ良質なコンテンツとはいえません。

今回紹介した内容を参考に、ぜひ良質なコンテンツの作成に取り組んでみてください。

お役立ち資料ダウンロードはコチラ


<参考>

「コンテンツ」の正しい意味、理解してる?Webに必須な良質コンテンツ(CINC Marketing Blog)

コンテンツとは? その意味と定義(SEO検索エンジン最適化)