Content marketing

コンテンツマーケティングとは|ポイントや注目される背景を紹介します

コンテンツマーケティングとはユーザーにとって有用なコンテンツを発信することで、見込み客をファンに育てる手法のこと。

本記事では、コンテンツマーケティングが注目される理由や成功事例について紹介します。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって有用なコンテンツで潜在顧客にアプローチし、その顧客を育ててファン化するマーケティング手法のこと。

企業にとって有用な情報を伝えるのではなく、ユーザーにとって有用な情報を伝えるということがポイントであり、多くのファンを獲得することができれば、中長期的な売り上げが期待できます。

ユーザーが求めるもの・知りたいものが何かを把握し、そのニーズを満たすコンテンツを作成できるかどうかが最重要課題であるといえるでしょう。

コンテンツマーケティングが必要になった背景

従来、マーケティングで定番の手法というと、テレビCMやダイレクトメール、印刷物の広告などのアウトバウンドマーケティングです。

しかし、アウトバウンドマーケティングは、企業が伝えたい情報を顧客に伝えるものであり、顧客が知りたい情報とは限りません。

その結果、顧客は表示される広告に嫌気がさすようになったのです。

そこで広告は、イメージ戦略を使うようになりました。例えば「こんな生活に憧れませんか」と、広告から商品の存在感を極力消し去り、イメージや雰囲気や豊かさを前面に出したのです。

イメージ広告は一定の成果を収めましたが、消費者が満足するものではありませんでした。

広告で消費者を引き寄せることができなくなると、企業やマーケターは、マーケティングを展開しづらくなります。そこで注目され始めたのがコンテンツマーケティングなのです。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違い

コンテンツマーケティングと混同されるのにコンテンツSEOがあります。

コンテンツSEOは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでコンテンツを上位表示させるためのもの。

検索エンジンでは、アルゴリズムによって検索順位を決定するので、それを重視するものがコンテンツSEOであると理解すると良いでしょう。

一方、コンテンツマーケティングはユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供することでファン化する、というものであり、検索エンジンだけでなく、メールやSNS、セミナーや説明会、パンフレットやプレゼンテーションなど、さまざまな媒体を対象とするもの。

コンテンツSEOはコンテンツマーケティングの一部分である、と理解すると良いでしょう。

コンテンツマーケティングの事例

ユーザーにとって有用な情報を伝え、ファン化することで中長期的な売り上げを伸ばす取り組みであるコンテンツマーケティング。

その事例として

  • オゾンplus
  • Yahoo!ニュース

の2つを紹介します。

オゾンがコロナを殺菌することを知らせる

オゾンplus」は、ウイルスや細菌に対する殺菌効果があるオゾンという気体を発生させる装置や、オゾンを水に溶かしたオゾン水をつくる装置をPRするためのサイト。

その「オゾンplus」には、オゾンに新型コロナウイルス感染拡大を予防する効果がある、とする記事が掲載されていますが、その記事は、エビデンス(科学的根拠)を示して解説したもの。

例えば「低濃度だからオゾン水で手洗いも野菜の洗浄も可能【コロナ新常識】」という記事では、奈良県立医科大学が世界で初めて、オゾンが新型コロナウイルスを不活化させることを確認したことや、藤田医科大学が低濃度のオゾン水にもコロナ殺菌効果があることを証明したことなどを伝えています。

オゾンに関する純粋に客観的なニュースを伝えることで、閲覧者にオゾンに関する知識を身につけてもらい、オゾンへの関心につなげ、オゾン発生器やオゾン水生成器を買ってもらおうという戦略です。

Yahoo!ニュースは国内最強のコンテンツといえる

Yahoo!が提供しているYahoo!ニュース。

2020年4月に、月間ページビューが225億に達しました。

Yahoo!ニュースには、読売新聞や日本経済新聞、ロイター、文春、北海道新聞、ABEMAなどが発信している記事が掲載されているため、Yahoo!ニュースがあれば日々のニュース・チェックは十分、と感じている人も多いはず。

そんなYahoo!のトップページをみると、「ショッピング」「PayPayモール」「ヤフオク」「ZOZOTOWN」などのECサイト(ネット通販サイト)のリンクボタンが並んでいます。

このことから、Yahoo!は、Yahoo!経済圏に閲覧者や消費者を誘い込むために、Yahoo!ニュースというコンテンツを用意していることがわかります。

これこそ「コンテンツと商品販売を結びつけること」。

Yahoo!はYahoo!ニュースを展開するために、かなりの額のコストをかけて国内外のメディアからニュースを買っています。また、ニュース事業を展開するために、新聞社などから優秀な人材を集めています。

コンテンツマーケティングを展開するマーケターや経営者は、ユーザーがどんなことに興味を持っているのかをしっかり調査し、そのニーズを満たすコンテンツをしっかり作り上げることが必要であるといえるでしょう。

まとめ

コンテンツマーケティングの最大の壁は、マネタイズでしょう。

ただ、マネタイズありきでコンテンツづくりを進めると、うまくいかないかもしれません。なぜなら、コンテンツは閲覧者や消費者の興味を引くものでなければならないからです。

コンテンツマーケティングに取り組むマーケターは、まずは閲覧者や消費者から絶大な支持が得られるコンテンツ作りを行うことが大切です。

お役立ち資料ダウンロードはコチラ


<参考>

コンテンツマーケティングを理解しよう

オゾンplus

Yahoo!JAPAN

コロナ禍、Yahoo!ニュースはどう読まれた? PV、コメント分析から見えたこと