マーケティング職に必要な能力とは?【取得しておくと便利な資格も紹介!】

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

マーケターとして活躍するためには、マーケティングのスキルが必要です。

つまり、マーケティングのスキルを身に付ければ、マーケターとして十分活躍することができます。

この記事では、マーケターの仕事内容やマーケティング職に求められる能力、取得しておくと役に立つマーケティング関連の資格を紹介していきます。

これからマーケターとして活躍したい方はもちろん、マーケティング職に就いたはいいけれど、どうしたらいいかわからない、という方にも必見の内容となっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそもマーケターの仕事内容は?

マーケターの仕事内容は、商品やサービスが売れ続ける仕組みを作ることです。顧客に継続的に商品を購入してもらえる仕組みを作る仕事、ともいえます。

この場合の商品とは、形のあるもの(製品)はもちろん、形をもたないサービスも含まれます。

主な業務内容は、市場調査の結果をもとに集計や分析を行い、新商品販売時の戦略や計画を立てて、商品が売れる仕組みを作ることです。

サービスの質がよくとも、PR方法や販売ターゲット、値段設定を誤ってしまうと売り上げをアップさせることが難しくなるため、マーケターの仕事は大変重要な仕事といえます。

マーケティング職に求められる能力とは

では、マーケティング職に就くにあたって、求められる能力とは一体どのようなものなのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

市場調査をする行動力や分析力

マーケティングの仕事では、市場調査をしたり、思いついた企画やアイデアを瞬時にSNSで発信したりと、すぐに行動に移らなくてはならない場面が多々あります。

もし、マーケターに行動力がなければ、商品を売るタイミングやチャンスを逃し、売り上げが下がってしまいます。

つまり、マーケターには「行動力」が必要です。

また、マーケターに欠かせないものとして「分析力」があります。

アンケートなどで収集した情報は、集めるだけでは意味がありません。

消費者のニーズや市場の動向を正しく把握するためには、収集したデータを様々な面から分析する能力が必要です。

データの分析ができず、問題点や今後の施策を読み取れないマーケターは、当然、効果的な施策を打ち出すことができません。

マーケターにはデータ分析とデータから正しい情報を読み取るスキルも重要です。

コミュニケーション能力

マーケティングの仕事はチームで行うことも多いもの。

また、マーケターが消費者と意見のやり取りを行うこともしばしばあります。

したがって、マーケターにはコミュニケーション能力も重要です。

さまざまな場面で会話のやり取りをすることがあるので、コミュニケーション能力を鍛えておいて損はないでしょう。

プレゼンテーション能力

ビジネスマンの中には、「プレゼンテーション」に苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか。

マーケティングでは、上司や関係部署に現状の説明やあたらな施策を提案することが多くあるため、「プレゼンテーション能力」も必要となります。

もし、マーケターにプレゼンテーション力がないと、うまく説明することができず、せっかく考えた企画や施策が台なしになってしまいます。

提案内容を相手に理解してもらうためには、論理的に話す能力や話し方の工夫などが必要です。

プレゼンは苦手・・・と思わず、プレゼンに慣れることができるように練習をするといいでしょう。

取っておくと便利な資格

ここからは、マーケティング職に就くにあたって取得しておくと役立つ便利な資格の紹介をしていきます。

マーケティング検定

マーケティング検定は、2017年10月からスタートした比較的新しい資格です。

受験資格は特になく、学生・社会人問わず誰でも受験することが可能です。

出題範囲は、

  • 基本概念
  • 市場環境
  • マーケティング戦略
  • マーケティング・リサーチ
  • 消費者行動
  • 製品戦略
  • 価格戦略
  • コミュニケーション戦略
  • チャネル戦略
  • サービス・マーケティング

と、マーケティングの基礎レベル。

2019年現在、3級しか受験できませんが、今後、2級や1級の受験も可能になる予定です。

マーケティングの基礎を固めたい方は受験をしてみるのもいいかもしれません。

マーケティングビジネス実務検定

マーケティングビジネス実務検定は、国際実務マーケティング協会が主催する検定試験で、マーケティング分野のみならず、様々な業種に役立つ資格です。

この検定の勉強をすることで、マーケティングの実務事例やマーケティングの知識を学ぶことができます。

マーケティングビジネス実務検定は、A~C級まであり、難易度別に求められるレベルも変わってきます。

A級:戦略レベル

準A級:マネジメントレベル

C級・B級:オペレーションレベル

マーケティングの基礎知識だけでなく、流通チャネル戦略やプロモーション戦略なども学べるので、マーケティング関連の仕事に就いている人はもちろん、IT系の職業の方にもおすすめの資格です。

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定は、Webマーケティングを中心に学べる資格です。

ネットマーケティング検定の概要は

  • ファシリテート能力
  • Webに関する知識や技術
  • ネットマーケティングに関する知識
  • 経営戦略と連動したWebブランディング能力

の4項目です。

Web担当者にとって欠かせない資格のひとつでもあります。

ネットマーケティング検定はサーティファイという民間の企業が行っている検定試験ですが、サーティファイは、ネットマーケティング検定以外にも様々な検定試験を行っています。

まとめ

ここまで、マーケティング職に必要な能力(スキル)の紹介や、取得しておくと役に立つ資格の紹介をしてきました。

マーケティング職は奥が深く、様々なスキルがないとなかなかうまくいかないのが現状です。

しかし、コツさえつかめばマーケターとして十分に活躍できるでしょう。

マーケティング職に就く人は、今回紹介したスキルを、ぜひ、役立ててみてください。

 


<参考>

  1. マーケターに必要な4つのスキルとは?仕事の概要も合わせて紹介!
    https://mar-cari.jp/article/articledetail/?id=181
  2. あなたは大丈夫?新人マーケターに必要な8つのスキル
    https://ferret-plus.com/7884
  3. マーケティングの仕事とは?仕事内容から魅力、求められる能力まで
    https://townwork.net/magazine/job/expert/monitor/58414/#target1