ビジネスを成功に導くビジネスロードマップ|詳しい作り方について徹底解説

企業にとって自社のビジネスを成功させることは非常に重要なことですが、目標を達成するために企業が取るべき行動を明確にする方法のひとつとしてビジネスロードマップがあります。

この記事では、ビジネスの成功に欠かせないビジネスロードマップの必要性や作り方について詳しく紹介します。

  • ビジネスロードマップの意味を知りたい人
  • ビジネスロードマップの効果が気になる人
  • ビジネスロードマップの作り方が分からない人

はぜひ参考にしてください。

ビジネスロードマップとは?

ビジネスロードマップとは、目標を確実に達成するために必要なことを紙に書き出したもののこと。

企業の未来予想図ともいえます。

将来の目標を達成するために必要な事項や問題を把握するのに効果的です。

全体像をチェックできるので、プロジェクトの進捗具合の確認などにも役立ちます。

ビジネスロードマップは時間軸をベースに作成しますが、数か月単位のものから数十年単位のものまで、ビジネスによって期間のスケールは大きく異なります。

自社の意向に合った時間軸を設定することが大切です。

ビジネスロードマップの必要性

ビジネスロードマップは、自社のビジネスを成功させるために必要不可欠なものです。

先に少し触れましたが、ビジネスロードマップを作ることによって目的を達成するために必要な行動や障害が明確になり、計画の全体像を把握できるようになるので、考案中のビジネスの構造を具体化して考えることができます。

また、ビジネスロードマップは基本的に紙に内容を書き出して作成するので、プロジェクトを視覚的に理解したり、複数人の担当者間で意思の統一をはかることが可能となります。

これらの理由から、ビジネスを成功させた多くの会社でビジネスロードマップは取り入れられています。

ビジネスロードマップの書き方

ビジネスロードマップの書き方は、特に決められた仕様はなく、プロジェクトに必要な項目を適宜判断して漏れなく含めることが大切となります。

ビジネスロードマップに書くべき項目は後ほど紹介するので、ここでは作り方をチェックしておきましょう。

【ビジネスロードマップの作り方】

  1. 達成したい目的を記入
  2. 想定される時間軸を記入
  3. 現状を記入
  4. 未来から逆算した中間目標の記入
  5. 問題点を記入
  6. 解決策を記入

完成したビジネスロードマップは、プロジェクトの担当者と共有して内容を見直します。

必要に応じて加筆修正をして、確実に目標を達成できるビジネスロードマップを吟味しましょう。

ビジネス ロード マップ

ビジネスロードマップに書くべき項目

次に、ビジネスロードマップに最低限書くべき項目を紹介します。

今回お伝えする項目は具体的に次の6つです。

  • 達成したいと思う目的
  • 目的を達成するための目標
  • 目的を達成するまでにかかる期間
  • 現在の状態
  • 想定される問題点
  • 問題を解決するための方法

それぞれの項目について順番に解説していくので、しっかりチェックしてください。

達成したいと思う目的

ビジネスロードマップには、将来必ず達成したい大きな目的を記入しましょう。

抽象的な目的でも構いませんが、具体性が高いほどビジネスロードマップを作成しやすくなります。例えば、「売上高を現状の10倍にする」など、具体的な数字を入れた目的にすると良いでしょう。

目的を達成するための目標を明確にする

達成までに時間がかかる場合や最終目的が大きい場合には、未来から逆算して途中目標を設定すると効果的です。

プロジェクトの進行が予定より遅れているときに気付くことができるだけでなく、客観的に進捗状況をチェックできます。

ビジネスロードマップを作成した後に定期的に見直して、状況に合わせて目標を設定しなおすことも大切です。

目的を達成するまでにかかる期間

先述したとおり、ビジネスロードマップは時間軸をベースに作成するので、設定した目的を達成するまでにかかる期間を予想して記入するようにしましょう。

期間を明確に定めることで、いつまでに現状と未来のギャップを埋めるべきかということがイメージしやすくなります。

現在の状態

現在の状態をできるだけ詳しくビジネスロードマップに記入すれば、未来とのギャップが明確になります。

将来の目的を設定する時と同様に、数字を入れて現状を表すことがおすすめです。

想定される問題点

将来の目的を達成するまでに発生する可能性がある問題について、思いつく限り書き出しましょう。

この時のポイントは、大きい問題だけでなく小さい問題もしっかりリストアップすること。顕在的な問題だけでなく、潜在的な脅威までしっかり想定しましょう。

プロジェクトを実行する前に把握できた問題の数だけ、将来のリスクをつぶすチャンスがあるといえます。

問題を解決するための方法

先に書き出した問題を解決するための方法を講じることが、ビジネスロードマップを作成する上で最も大切な作業です。

問題が生じたときに、「誰が、いつ、どのような対策をするのか」具体的な行動リストを作成しておくといいでしょう。

問題を避ける方法を考えるよりも、解決策を考えることがポイントです。

仮に、想定した問題にぶつからなくても解決するアイディアが多い方が余裕を持った判断をすることができます。問題が起きたときに迅速かつ適切な判断をするために、できるだけ多くの解決策を出しましょう。

また、複数人でプロジェクトを進行する場合は、ビジネスロードマップの解決策を共有して違うアイディアを出すことも重要です。

まとめ

ビジネスロードマップは、企業の未来予想図ともいえる大切なフレームワークです。

確実に将来の目的を達成するために、ビジネスロードマップの作成が必要であり、導入する企業は増えています。

現在と未来とのギャップを把握できるので取るべき行動が明確になるだけでなく、担当者間で視覚的に共通理解ができるため、ビジネスロードマップの作成がおすすめです。

書き方はプロジェクトや業界によってさまざまですが、今回紹介した6つの項目は最低限含めて作成しましょう。

作製したビジネスロードマップはそのままにせず、定期的に見直しをして当初立てた計画を確認することがビジネスの成功への道です。

【関連記事】

失敗しないビジネスロードマップとは?【目的や書き方まで大公開!】