バンパー広告

【6秒勝負】ユーチューブの「バンパー広告」が注目される理由

広告の媒体として、注目を集めるユーチューブ。

1日100万人が視聴する人気動画もあり、そこに広告を流せば高いPR効果が期待できます。

ユーチューブの広告にはさまざまな種類がありますが、最近注目されているのは、動画の直前に6秒間だけ流れる「バンパー広告」です。

6秒間で自社の商品やサービスをPRすることは至難の業ですが、視聴者へのインパクトが強く、離脱しにくいというメリットがある「バンパー広告」。

この記事では、ユーチューブのバンパー広告の

1)概要

2)メリット・デメリット

3)設定方法

を解説します。

バンパー広告の概要

6秒間で自社の商品やサービスを効果的にPRすることを可能とする「バンパー広告」。

その概要について紹介します。

ユーチューブの広告は「グーグル広告」事業の一部門

広告が「のるもの」のことを広告媒体といいますが、ユーチューブはグーグルの一部門であり、グーグルにとっての広告媒体です。

相関図は以下のとおりです。

バンパー広告 Google広告

上記の図から分かるように、バンパー広告は、「グーグル広告のなかのユーチューブの広告のなかの一種」といえます。

バンパー広告の特徴

バンパー広告は、ユーチューブの動画を見るとき、冒頭に流れる短い広告のこと。

これまで、広告業界でバンパーというと「テレビ番組とCMの間のわずかな時間」のことでしたが、ユーチューブはインストリーム広告の欠点を補うために「バンパー広告」を開発しました。

インストリーム広告は、いわゆる「普通のユーチューブの広告」のことで、

1)視聴者が広告開始から5秒でスキップできる長い時間のインストリーム広告

2)視聴者がスキップできない15秒のインストリーム広告

の2種類があります。

このインストリーム広告は、視聴者に嫌われる、最後まで見てもらえない、というのが欠点でした。

そこで、ユーチューブは、「6秒完結」「スキップできない」という特徴を持つバンパー広告を開発したのです。

バンパー広告は、わずか6秒の広告であり、視聴者の離脱を防ぐことが可能であり、わずか6秒であろうとストーリーは完結しているので、広告主が訴えたいことはすべて視聴者に伝えることができます。

バンパー広告は、視聴者も広告主も、そしてユーチューブ(グーグル、アルファベット)も納得できるWin=Win=Win(Win、Win)な広告といえるでしょう。

バンパー広告のメリット・デメリット

広告を出す企業(広告主)にとって、バンパー広告にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット・デメリットを分かりやすく見ていきましょう。

短い広告はメリットがたくさんある

バンパー広告のメリットは以下のとおりです。

  • 広告離脱率が低いので、多くの視聴者に訴求できる
  • 視聴者の我慢が少なくて済むので、嫌われない
  • PRしたい商品やサービスの「ひとつの特徴」だけに絞ってPRできる
  • ユーモラスな内容になる

多くの視聴者「広告の洪水」にはうんざりしていますが、バンパー広告はわずか6秒であるがゆえに、興味がない広告でも「見てしまおう」と思います。

したがって、広告主は、これまでリーチできなかった顧客層にアピールすることができます。

広告の制作陣は、6秒にすべてを盛り込むことはできないため、商品やサービスを効果的にPRできるよう、キャラクターを際立たせる工夫をしたり、インパクトのある面白い広告を作成する工夫を施しています。

クオリティを出すのが難しいなどのデメリットも

バンパー広告のデメリットは以下のとおりです。

  • 短すぎて十分に訴求できない(そもそも説明できない)
  • クオリティを出すことが難しい
  • 結局、広告本数を増やすことになり、コスト高になることも

テレビCMは、最も短いものでもバンパー広告の2倍以上の長さがありますが、その長さでも広告制作陣の苦労は尽きません。

その理由は、広告には、商品やサービスの特徴、使ったときのメリットや差別化ポイント、企業イメージや季節性、話題性やストーリー性などさまざまな情報を盛り込まなければならないため。

バンパー広告は「6秒」ととても短く、1本に商品やサービスの情報を盛り込むことはできないので、インパクト狙いのユーモア広告にしたり、異なる種類の広告を複数本作って「シリーズ化」する必要があります

「シリーズ化」すれば、伝えたいことを伝えることはできますが、製作費が膨らみます。

バンパー広告は、短時間でアピールできる商材のPRや、認知度だけを高めたいときなど、目的が明確なときに限って使うようにするとよいでしょう。

バンパー広告の設定方法

「6秒」で商品やサービスについて効果的に知らせるバンパー広告。

その設定方法を紹介します。

ここでは、すでに、ユーチューブ動画に貼り付ける「6秒広告」が完成している前提で解説していきます。

バンパー広告を出すには、「グーグル広告」のサイトから登録。

ログインすると、「新しいキャンペーンを作成」のページが現れますので、ここで「動画」を選択します。

続いて「キャンペーン名」のページで、キャンペーン名、予算、掲載期間、広告費の上限、視聴者のタイプ、視聴者が住んでいる地域などを入力します。

最後に、すでに制作してある「6秒広告」を設定したら完了です。

「6秒」の動画は、広告主が自社で作成することが可能ですが、クオリティを求めるのであれば広告制作会社に依頼するとよいでしょう。

バンパー広告で効果を得るコツ

企業(広告主)がバンパー広告で効果を得るコツは

  • 目的を明確にする、目的を1点に絞る
  • 伝えたいメッセージを短い言葉にする
  • インパクトを重視する
  • すべてを伝えようとしない(欲張らない)
  • 説明しようとしない(そもそも説明できない)
  • 複数の種類の広告を制作する(シリーズ化する)

など。

これらのコツは、広告づくりではかなり特殊です。

普通の広告をつくる感覚でバンパー広告をつくっても、大きな効果は得られない可能性があるので、これらのコツをしっかりと抑えた広告作りをすると良いでしょう。

まとめ~広告の一手段と割り切る

バンパー広告が注目を集めているのは、広告には珍しく、視聴者の好感度が高いため。

ユーチューブの視聴者は、広告ではなく動画が見たいと思っているので、興味がないうえに長い広告には、嫌悪感すら抱きます。

これでは広告が逆効果になってしまいますが、6秒なら嫌悪感を抱かれずに見てもらうことができます。

しかし、6秒広告は、視聴者のニーズを優先している反面、十分な情報を盛り込むことはできません。

そのため企業は、バンパー広告を「広告の一手段」と割り切る、または、メインの広告を補完する広告と考えて活用すると良いでしょう。

お役立ち資料ダウンロードはコチラ

【関連記事】

マーケティングチャネルとして有用なYouTube|活用事例も紹介します
【徹底解説】YouTube動画広告の活用でマーケティング効果を上げた事例


<参考>