ブロックチェーン

「ブロックチェーン」で変化するマーケティング|仕組みや活用例を紹介

「ブロックチェーン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ブロックチェーンは、マーケティング活動に上手く取り入れることで会社にとって大きなメリットがある仕組みです。

 

今回はマーケティングでの活用が期待されているブロックチェーンについて、基礎から分かりやすく解説します。ブロックチェーンを導入すると、マーケティング活動にどのような変化がもたらされるのかも合わせてチェックしましょう。

 

この記事は、

  • ブロックチェーンとは何か知りたい人
  • ブロックチェーンの仕組みが気になる人
  • 参考になる活用例をチェックしたい人

におすすめの内容です。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、もともと仮想通貨であるビットコインの取引を記録するために生まれた記帳技術のことで、日本語では「分散型台帳技術」と表されます。

ブロックチェーンは、情報を特定の機関が管理するのではなく、ユーザがそれぞれ分散して管理します。そのため、情報の管理機関に権限が集中することがありません。

ブロックチェーンを導入することで、低コストでシステム障害に強い金融サービスの実現が期待できます。

ブロックチェーンの仕組み

情報を分散して管理するブロックチェーンの仕組みを理解する上で、大切なポイントは

  • 情報をブロックで管理している
  • 各ブロックがチェーン(ネット)で繋がっている

という2つです。

以上2つのポイントを押さえれば、ブロックチェーンの基本的な仕組みを理解できるので内容をしっかり確認していきましょう。

情報をブロックで管理している

ブロックチェーンはトランザクションをブロックに蓄積させて、情報の管理をしています。トランザクションとは、金融サービスの1つの取引データのこと。例えば、A社から10万円の振込があると、その旨がトランザクションとしてブロックに記録されます。

ブロックチェーンはユーザ1人1人が情報を持つため、「ブロックのトランザクションが漏洩するのでは」と不安に思う人もいるでしょう。しかし、各ブロックはハッシュ関数で暗号化されているので情報が漏れることも、外部から侵入されることも妨げるのです。

ちなみに、ハッシュ関数とは、データをランダムで作成した文字列に置き換えられる関数のことであり、情報が一度置き換えられるとデータの読み取りはできなくなります。

各ブロックがチェーン(ネット)で繋がっている

ブロックチェーンは特定の管理機関がなく、各ブロックが対等にネットで繋がっています。

そのため、ユーザ全体でブロックに蓄積された情報の共有管理を行います。各ブロックがチェーンで繋がっている仕組みことをP2P方式(peer to peer)と呼ぶと覚えておくといいでしょう。

ブロックチェーン

ブロックチェーンによってマーケティングにもたらされる変化とは

近年、ブロックチェーンをマーケティングに活用する方法が注目されています。

会社や業界におけるマーケティング施策の効果・結果をそれぞれが管理することで、

  • 効果的な戦略の立案
  • 消費者の満足度向上

という2つの変化が生まれます。

マーケティングにおいて、以上のような変化は大きな影響力を持っています。具体的にどのような変化が起きるのか、それぞれの項目に分けて順番に見ていきましょう。

効果的な戦略の立案

ブロックチェーンを導入すれば、効果的なマーケティング戦略の立案がしやすくなります。なぜなら、ブロックチェーンによって情報が透明化するため、どのような戦略がどれくらいの成果を生んでいるかが分かるからです。

消費者の満足度向上

会社が管理する情報をどのように使用するかを明示することで、消費者の満足度を向上させる効果が期待できます。なぜなら、消費者は会社における情報の取扱いをきちんと掲示してもらえると不安や懸念が和らぎ、会社に対して安心や信頼を抱くようになるからです。

また、ユーザの同意が得られると一人ひとりに最適な広告を掲載できるようになります。

ブロックチェーンをマーケティングにうまく活用することで、One to Oneマーケティングのクオリティを高められるのです。

マーケティングにおけるブロックチェーンの活用例

ブロックチェーンを実際に活用している事例として

  • EARNET
  • Kind Ads

の2つを紹介します。

会社にブロックチェーンを導入するときは、他社の活用例を参考にすることがポイントです。自社でどのようにブロックチェーンを活用すべきか考えながら、上記2社の活用例をチェックしていきましょう。

EARNET

EARNETは、アジア最大級のトークンエコノミーで発表された成果報酬型の広告システムです。

ブロックチェーンに加えてAIをうまく活用することで、ユーザ、アフィリエイター、広告主の3社が全員稼げる仕組みになっているのがEARNETのポイントです。

2018年に発表されたプログラムなので、今後の成果に注目しましょう。

Kind Ads

Kind Adsとは、BaseLayerという会社が提供している広告関係のプラットフォームのことです。

Kind Adsは、ブロックチェーンを活用して、ユーザと関連性が高い電子メールやプッシュ通知を配信しています。

ユーザが受け取ったプッシュ通知に反応すると、所定の報酬が受け取れる仕組みになっています。

Kind Adsの優れている点として挙げられるのが、メディアと広告主を直接繋げられるということ。両者が直接繋がっていると、広告主は仲介手数料を支払う必要がないのがポイントといえるでしょう。

日本では、2018年7月からKind Adsの進出が開始されています。

まとめ

この記事では、ブロックチェーンとは分散型台帳技術であり、情報をブロックで管理し、各ブロックをネットで繋ぐことで情報共有ができる仕組みであること。

そして、マーケティングに活用すると、効果的な戦略の立案や消費者の満足度向上が期待できるということを解説しました。

新しい仕組みを取り入れ慣れていない会社にとって、ブロックチェーンをいきなり導入するのは難しいかもしれません。

しかし、ブロックチェーンは、マーケティングに活用することでメリットが得られる仕組みであるため、今回紹介した内容を参考に、自社でのブロックチェーンの導入を検討してみるといいでしょう。


<参考>