プロダクト開発

プロダクト開発の基本を解説|成功の秘訣・進め方のポイントとは?

プロダクト開発は、企業がビジネスで継続的に利益を得るために必要なことであり、慎重かつ正確な判断が求められるもの。

しかし、初めてプロダクト開発に携わる場合や自社にプロダクト開発のノウハウがあまり蓄積していない場合、なかなか正しい選択ができないケースもめずらしくありません。

そこで今回は、プロダクト開発の基本を詳しく説明していきます。

ビジネスにおけるプロダクト開発の必要性やユーザーに受け入れられるための条件を確認していきましょう。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • プロダクト開発を担当することになった人
  • プロダクト開発の基本を押さえたい人
  • ユーザーに理解されるプロダクトを開発するコツが知りたい人

プロダクト開発は企業の継続的な営業に不可欠

企業がプロダクト開発をする意味は、継続的に営業を続けるため。

企業経営では、商品・サービスを提供し、売上・利益を得ることが大切です。

そして、売上・利益を得るためにはユーザーのニーズを満たす商品を生み出せすことが求められます。

つまり、企業は、市場や顧客が抱える問題を解決するプロダクト開発が必要不可欠だといえます。

プロダクト開発で重要なポイント

プロダクト開発をするにあたって重要なのが

  • ユーザー目線
  • 得意分野を活かす
  • 失敗を恐れない

ということ。

それぞれのポイントについて見ていきましょう。

ユーザー目線

「プロダクト開発をする」となると、どうしても企業が売りたいものを頭に思い浮かべがちですが、前述した通り、本来、プロダクトはユーザーの問題を解決するために開発するもの。

もちろん、会社が売りたいものをベースに作成したプロダクトが市場に受け入れられることもあります。しかし、それは会社が売りたいものと市場のニーズが運よく合致した場合のみです。

企業として利益を上げるためには、ユーザー目線でプロダクトを開発することが大切です。

プロダクト開発を行う場合は、

  • ユーザーが抱えている問題は何か
  • 開発する商品はその問題を解決できるか
  • 問題解決のための最善策と言えるか

をしっかりと考えましょう。

得意分野を活かす

前述した通り、プロダクト開発を行う場合はユーザー目線で制作を進める必要があります。

しかし、いくらユーザーのニーズを満たせるからといっても、自社の苦手な分野に進出すると競合他社との競争に負けてしまう可能性が高くなる恐れがあります。

したがって、プロダクト開発で成功するためには、自社の得意分野をうまく活かしながらもユーザーのニーズを満たせる商品を制作することが大切です。

自社がすでに持っている技術やノウハウを活かせるプロダクト開発を心がけるのが成功への近道といえるでしょう。

失敗を恐れない

多くのヒット商品を生み出している会社や豊富なノウハウがある企業であっても、プロダクト開発で失敗することはあるもの。

市場に存在しない新しい商品を作る際、失敗はつきものであり、プロダクト開発を1回で成功させるのは、至難の技です。

したがって、失敗や不安を恐れずに挑戦することが大切です。

失敗してしまった場合は、「どうして失敗したのか」「どうすれば失敗しなくて済んだのか」を客観的に分析することが大切です。

ユーザーに受け入れられるプロダクトの条件

前述の通り、プロダクト開発を成功させるためには、ユーザーに受け入れられるものを制作する必要があります。

しかし、初めて本格的なプロダクト開発に臨む場合は、具体的にどのような条件を満たす必要があるか判断しづらいでしょう。

そこでこの章では、ユーザーに受け入れられやすいプロダクトの条件について詳しく解説します。

ニーズを満たすもの

プロダクト開発を進める場合、まず重要となるのが「ユーザーのニーズを満たすもの」。

ユーザーのニーズを満たすものを作るためには、ユーザーが抱えている不満を把握することがポイントとなりますが、ユーザーが自身の不満に気付いていないケースもあります。

ユーザーが気付いていないニーズのことを潜在ニーズと呼びますが、企業が潜在的ニーズを把握すれば「かゆいところに手が届く商品」の開発が可能となります。

自社のターゲットを設定した上で、そのユーザーが持つ顕在的・潜在的ニーズの調査を進めましょう。

「使ってみたい」と思わせるもの

人が何かを購買する際にあるのが「使ってみたい」という感情です。

使いたいと感じないものや価値がないと判断したものをわざわざ購入する人は基本的にはいません。

したがって、プロダクト開発を進めるときは、ターゲットになるユーザーが「使ってみたい」という感情を抱ける商品を制作する必要があります。

多くのユーザーと感情的な関係を築くことができれば、企業として大きな利益の獲得につながります。

「ユーザーがどのようなものに魅力を感じるのか」を検討してください。

使いやすいもの

どれだけ良いプロダクトでも、ユーザーに「使いにくい」と判断されると購買されることはありません。

つまり、プロダクト開発を行う場合は、ユーザーが使いやすいと感じられるような商品を制作する意識を持つことが大切です。

また、ターゲットが10代なら百貨店ではなくコンビニやドラッグストアに、30代なら百貨店やスーパーに置くなど、ターゲットに応じた販売場所を選ぶことも大切です。

まとめ

プロダクト開発の基本的な内容について詳しく解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

説明した内容のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • 企業が継続的に利益を得るためには、魅力的なプロダクト開発が必要
  • プロダクト開発はユーザー目線で行うことが大切
  • 失敗を恐れずに、時には挑戦することもポイント
  • ユーザーの二ーズを満たすプロダクト開発を意識する

プロダクト開発を成功させるのは、大変ですが、本記事で紹介した内容を参考に、自社で試行錯誤しながら利益を獲得できるプロダクトの開発を目指しましょう。


<参考>

 商品企画の進め方を5つのステップでわかりやすく解説(LOGO市)

プロダクト開発の基本。ユーザーに愛されるプロダクトを作るためのポイントとは(Goodpatch グッドパッチ)

効果的な新商品開発のポイントとは?(J-Net21)