バックキャスティング 

【徹底解説】未来の姿から今を考える「バックキャスティング」思考法とは?

企業や個人で目標を設定し改善したい時に役に立つのが、バックキャスティングという考え方です。

バックキャスティング思考は、未来のあるべき姿をまず描いてから、そこに向かうための具体的プランを立てていくもの。

現在や過去を考慮しないので、革新的なアイディアが出やすいのが大きな特徴です。

今回は、そんなバックキャスティングについて具体的な手順や効果的な取り入れ方、さらには成功事例も紹介します。

読んですぐ活用できるところもあるので、参考にしてください。

バックキャスティングとは

バックキャスティングとは、未来の目標や夢から逆算して考える思考方法のことです。

もともとは環境保護の分野で生まれた考え方であり、未来のあるべき姿を決めて共有することで、革新的な事業や偉業などに繋げることができます。

バックキャスティングは、既存の事業や企業を大きく飛躍させるためによく活用されています。

バックキャスティングのメリット・デメリット

バックキャスティングのメリットやデメリットにはどういうものがあるのか、具体的に解説していきます。

メリット

バックキャスティングは、将来なりたい姿を決めて、それを叶えるためのプランを立てていくというもの。

したがって、今の状態を加味せずに、到達点にいくための目標や具体的行動を決められることが大きなメリットといえるでしょう。

前向きにチャレンジするきっかけとなったり、自由な発想で事業に取り組めるようになるというのもポイントです。

ただし、バックキャスティングで取り組むのは長期的な課題のため、目先の利益は期待できません。

デメリット

バックキャスティングのデメリットは、失敗のリスクがあることです。

なぜなら、現状を考慮せずに組み立てるため、今の状態と離れすぎてしまうことがあるからです。

また、理想とする未来を共有することができず、実施途中で頓挫してしまうことも珍しくありません。

短期的行動計画には向いておらず、成果を実感するためには時間がかかるのでモチベーションの維持が難しいということもデメリットの1つとして挙げられます。

バックキャスティングの対となる思考「フォアキャスティング」

バックキャスティングは未来から逆算する思考方法ですが、その対となるのがフォアキャスティングです。

バックキャスティング フォアキャスティングフォアキャスティングは、過去のデータなどをもとに現在実現できることを積み上げ、未来の目標に近づく思考方法であり、現状における問題点を知り、改善するために行動できるのが強みです。

一方で現状起点で考えてしまうため、現状の延長的な目標や行動計画が生み出されてしまうのがデメリット。

また、ゴールを決めずにいると、出たとこ勝負になり時間とコストが余計にかかってしまう可能性もあるので注意が必要です。

 バックキャスティングの進め方

目標を設定し、その目標を実現するための手法を決めていくバックキャスティング。

その進め方について、紹介します。

未来の「姿」を設定する

まずは、未来のあるべき姿を決定しましょう。

この時に重要なのが、未来の理想的な姿をしっかり思い浮かべること。

この段階では、逆算をしたり、実現できるかどうかは考えてはいけません。

もし「実現できるかどうか」を考えてしまうと、バックキャスティングからフォアキャスティングに変わってしまいます。

大事なのは未来の姿を思い浮かべることであり、逆算という概念を捨てることで、革新的なアイディアや目標を生み出すことができます。

「現在」の課題と可能性の洗い出し

未来の姿が決めたら、その目標が実現できていない理由を洗い出します。

そして、現状と未来の姿とのギャップを埋めるための可能性を洗い出すのです。

キャップを埋めるための可能性を言い換えると、「課題解決のために活かせそうな武器」といえます。

その武器は自身で持っている必要はありません。

他者が持っている武器でも、それを使って課題解決できる方法があれば、洗い出しておきましょう。

設定した未来を実現するために必要なアクションを挙げる

次に、未来実現のための具体的なアクションを挙げていきます。

ここでは、「いつやるか」は一旦置いておきます。

そして、出されたアクションをSVTごとに整理していきましょう。

SVTとは、システム・価値観・技術のこと。

それぞれ順番に分かりやすく解説していきます。

S=システム(System)

Sはシステム、要するに仕組みのことです。

社会の仕組みやビジネスモデル、法律などがこれにあたります。

具体的な行動例として、

  • 補助金を申請する
  • 特許申請をする
  • どんな売り方をするか決める

ということなどが挙げられます。

V=価値観(Value)

Vは価値観です。

教育やマインドセット、個人の意識や価値観などがこれにあたります。

「向上心を上げる、企業理念の徹底」など心理や精神に関わることと考えると分かりやすいでしょう。

T=技術(Technology)

Tはテクノロジー、つまり、技術を表します。

ソフトウェアやバイオテクノロジー、マシンなど、道具や技術、ツールなどが該当します。

目標達成のために何が必要かを把握しておきましょう。

アクション項目を時間軸で配置する

必要なアクション項目を挙げたら、次は未来のあるべき姿に向けてアクション項目を時間軸に配置していきましょう。

時間軸に配置することで、足りないアクションを発見し補足することができます。

 

すべてのアクションプランを時間軸に記入したら、バックキャスティングの完成です。

完成した計画をもとに、アクションを一つずつ実行して、「なりたい姿」に近づいていきましょう。

バックキャスティング思考で成功した企業例

バックキャスティング思考で成功した企業やプロジェクトを紹介していきます。

オーラライト

バックキャスティングの成功事例として有名なのがオーラライトです。

オーラライトは、もともとはスウェーデンで電球を製造する会社でした。

しかし、CEOに就任したMartin氏が[電球製造では、LEDにとって変わられてしまう」と考えたところから、バックキャスティング思考による改革がスタート。

Martin氏は未来のなるべき姿として

  • 照明の問題を解決するデザインの提供
  • エネルギー消費だけでなく、コスト削減もサポート
  • 顧客である法人の、持続可能な快適な照明技術を提供するパートナーになる

という3つを掲げ、5年で売上2倍、営業利益率2倍という野望にも近い目標をたてて、改革を実施していきました。

売上目標の達成のために、Martin氏と経営陣は

  • ヨーロッパへの進出、営業力の強化
  • 製品の見直し
  • 製造からサービスへ

などの行動を進めました。

ヨーロッパ諸国へ進出するために、母国でのセールスを行ってくれる社員を増員しようと考え、本社近辺に在住しているヨーロッパ出身者を多数採用。

1年で2000回を超える面談を行い、積極的に採用を進めました。

また、ヨーロッパでは省エネがトレンドになっていたことから、従来の商品よりも10%省エネタイプの製品販売を開始。

さらに、製品を製造して売るだけでは、労働力を安く抑えられる地域で販売された製品との価格競争に負けてしまうため、照明に関する問題を解決するサービスをセットにして販売したのです。

この取り組みはイタリアで成功を収め、巨大な市場を手に入れました。

ここまででかなりの成功を収めているように感じるものの、Martin氏は満足せず、「省エネ需要の高まり」にどう対応するかを検討。

将来的な環境変化を予測して幹部と共有するために、地球と社会が無理をしないビジネスをするための会議を何度も行いました。

そして、「2014年までにLEDを用いた照明ソリューション・プロバイダー企業になる」ことを策定し、ソリューション事業の拡大を図ったのです。

センサー開発企業の買収や問題解決に必要な技術をもったエンジニアの採用、イギリスの他企業と連携など次々とアクションを起こしていった結果、従来よりも80%の省エネ、75%のメンテナンスコストを削減できるサービスの実現にこぎつけました。

2014年には照明ソリューション・プロバイダー企業としてヨーロッパで地位を確立し、2015年以降も革新が続けられています。

歴史的偉業に結びついたバックキャスティング

バックキャスティングは、歴史的な偉業に結びついた例もあります。

その1つが、人類初の月面着陸を成し遂げたアポロ計画です。

当時のアメリカ大統領、ジョン・F・ケネディが月面着陸の実現を宣言したことにより、進むべき目標が技術者の間で共有され、予想より早いスピードで計画が実現されました。

また、日本最大の自動車メーカー・トヨタもバックキャスティングの事例として挙げられます。

創業者である豊田喜一郎氏は、欧米での自動車社会に影響されて国産自動車の開発に着手。

困難を乗り越えて自動車メーカーとして確固たる地位を確立しました。

トヨタは2015年に「環境チャレンジ2050」を発表し、2050年のあるべき姿からテーマを決めてチャレンジするという、バックキャスティングを実施しています。

ホンダのエンジンやスマホ、タブレットなどの開発などにも大きな影響を与えたバックキャスティング。

革新的な事業の実現のために、さまざまな分野で実施されています。

まとめ

すでに多くの企業が取り入れて成果を出している「バックキャスティング」。

しっかりとした目標を決め、共有することで大きな力を生み出せることが、最大の魅力といえるでしょう。

目標を掲げて、ぜひ成功させてください。


参考