ASP

クラウドでソフトを使う「ASP」はマーケターの武器

「アプリケーション・サービス・プロバイダー」(以下、ASP)とは、クラウド経由でアプリケーション(以下、アプリ)を使うことができるサービスを提供している企業のこと。また、サービス自体をASPと呼ぶこともあります。

ASPはコンピュータ・システムに関する技術であり、マーケターがこれに関与することはほとんどありませんでした。

しかし、ネット通販などのECや顧客管理などでASPが使われるようになったことで、マーケティング業務も無関係ではいられなくなりました。

マーケターがASPの基礎知識を持っていると、マーケティング・キャンペーンの企画で斬新なアイデアを出せるようになるでしょう。

そこで、今回は、ASPの仕組みや使われ方、メリットとデメリットについて、分かりやすく解説します。

混同されがちなSaaSやISPとの違いについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ASPの仕組みと使われ方

「アプリ」という言葉は、スマホに搭載された1つひとつの機能のことを指すことが多いですが、パソコンで使う一般的なソフトウェアを指すこともあります。

ASPでアプリといった場合、スマホ・アプリとパソコン・ソフトの両方を指します。

ASPの最大の特徴はクラウドでアプリを提供すること。そのため、企業は、オンプレミス型のシステムを構築しなくて済みます。

ASPの仕組みと、その使い道を紹介します。

クラウド=非オンプレミス

ASPが普及するまでは、企業が大々的に業務のコンピュータ・システム化を進める場合、社内に広いスペースを確保して、そこに大きなサーバを置き、社内ネットワークを構築しなければなりませんでした。これをオンプレミス型のシステムといいます。

オンプレミスでは、自社でアプリ(ソフト)を購入して起動させなければならないため、システムを管理する人材を雇用する必要がありましたが、ASPは、ASPを提供する会社が持つアプリをインターネット経由で使うことができるため、ASPを使えば、企業はサーバもソフトも購入しなくて済みます。

サーバの更新もソフトの更新もASP提供会社が行ってくれるので、ユーザー企業は新たな投資をすることなく、使用料を払い続けるだけで常に最新のシステムを使うことが可能です。

ネット経由で遠隔地にあるサーバの機能を使うことを、クラウド・サービスといいます。

ASPはこのように使われている

ASPは、いわば、コンピュータの機能を切り売りするものであり、コンピュータでできることがそのままASPでできることになります。

ASPの「できることリスト」には

  • ECサイトの構築、運営、管理、データ収集、データ分析
  • キャンペーンの自動化などのマーケティング・オートメーション
  • 顧客管理や名刺管理
  • 営業管理や販売管理、在庫管理、文書管理
  • 人事業務や総務業務、経理業務に関わるシステム化
  • オンライン学習
  • オンライン会議
  • オンライン診療

などがあります。

これらをすべてオンプレミスでやろうとしたら、莫大な初期投資と莫大なランニングコストが必要になるでしょう。

ASPなら、原則初期投資なしで、必要な機能だけを必要なときだけ借りることができます。

ASPのメリット

企業がASPを使うメリットは主に次の3つです。

  • システム関連のコストを削減できる
  • システムの管理が不要になる、または簡素化できる
  • 手軽に利用できる

これらは、ASPによる直接的な恩恵にすぎません。

ASPを使うメリットとしては、この3つのメリットがもたらす2次的メリットのほうがより大きいといえるでしょう。

たとえば、システム関連のコストを削減できれば、その原資を開発やマーケティングや営業などに回すことができます。

そして、サーバ管理に使っていたIT人材を、ITやネットを使ったキャンペーンのプロジェクトチームに配属することができるようになります。

つまり、カネとヒトを、利益につながる分野に投入できるようになります。

そして、ASPなら、コンピュータ機能を遠慮なく「使い捨て」できるので、アイデアを持っている人はトライ&エラーがしやすくなります。大胆なアイデアを試せるようになるだけでなく、試行錯誤の頻度が増えれば自ずと成功確率も高まるはずです。

イノベーションを生み出す可能性が高くなることが、ASPを導入する最大のメリットといえるでしょう。

ASPのデメリット

ある程度の規模がある企業にとって、ASPを導入するデメリットはほとんどないといえます。もちろん、デメリットはゼロでありませんが、これから紹介するデメリットを懸念してASP導入を断念することは得策ではありません。

ASPは、オンプレミス型のシステムよりセキュリティが弱いとされています。

それは、企業が使っているコンピュータが、ASPでは社外にあり、オンプレミス型システムでは社内にあるからです。

社外のコンピュータのほうが、危険にさらされる可能性が高くなる、と考えることができますが、セキュリティ技術は日進月歩であり、オンプレミスでもハッカーに狙われるため、ASPであるからセキュリティが心配、とはいえないでしょう。

また、ASPは、機能をユーザー企業に貸すものなので、ユーザー企業のなかにそれを使いこなすことができる人材がいないと高い効果を得ることは難しいでしょう。

したがって、少なくとも「ASPを使ってこれを試してみたい」という発想できる人が必要です。

このデメリットは、企業が乗り越えなければならない課題といえます。なぜならライバル企業がASPをフル活用してどんどん生産性を高めているかもしれないからです。

システムやITに関係する部署以外の管理職でも「ASPを使えば解決できそうだ」と発想できるようにしておく必要があるでしょう。

SaaSやISPとは何が違うのか

ASPは「ソフトウェア・アズ・ア・サービス」(サービスとして提供されるソフト、以下SaaS)や「インターネット・サービス・プロバイダー」(インターネット接続サービス会社、ISP)混同されることがあります。

SaaSとASPは同じ意味で使われることもありますが、あえて違いを指摘すれば、ASPは「サービスそのものの名称」であると同時に「サービス提供者の名称」であり、SaaSは「サービスそのものの名称」だけということ。

人によっては、ASPは「シングルテナント」、SaaSは「マルチテナント」と、明確にわけています。

シングルテナントとは、クラウド・サービス企業が、1社のユーザー企業のために「サーバとソフトのセット」を1つ用意する形態のこと。つまり、クラウド・サービス企業の顧客企業が10社あったら、10セット持っていることになります。

マルチテナントは、クラウド・サービス企業が持つ1つのサーバと1つのソフトを、複数のユーザー企業が使う形態のこと。顧客企業が10社あっても、1セットを10社が使っている、ということになるのです。

もし、マーケターが自分でクラウド・サービス企業に発注することになったら、その会社がASPとSaaSをどのように定義していて、どちらのサービスを提供しているのか確認したほうがよいでしょう。

ISPはインターネットの接続を可能にする業者の名称であり、ASPと名称が似ているものの、内容は全然違います。

まとめ~クラウドに強いマーケターは強い

マーケティング・オートメーション(マーケティング業務の自動化)の波が押し寄せています。ITやシステムを苦手にしてきたマーケターも、マーケティング・オートメーションは無視できないでしょう。

マーケティング・オートメーションは、ASPを使えばそれほど苦労なく進めることができるかもしれません。そして、マーケティング・オートメーションが進めば、マーケターは顧客とのコミュニケーションを深めることができるでしょう。

自動化できる作業をASPに任せてしまうことで生産性が上がるのは、事務員もマーケターも同じです。クラウドを自在に操ることができると、強いマーケターになるでしょう。


<参考>

ASP

日本の大企業が導入する「初めてのSaaS」に

SaaSに追い風 新興勢の大型調達・IPO続々