アクセス解析~目的・ポイント・役立つツールなどを徹底解説~

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

アクセス解析とは、Webサイトがビジネスにつながるサイトになっているかどうかを知るために欠かせないものです。

この記事では、アクセス解析の目的や解析のポイント、役立つツールについて紹介します。

サイトのコンバージョン率を上げたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

アクセス解析とは

アクセス解析とは、サイトを訪れたユーザーが「どこから来たのか」「どういうページを見たのか」などを分析することです。

ここで大切なのが、ユーザーの行動や属性を調べるだけで終わってはいけないということ。

アクセス解析は、Webサイトを訪れたユーザーが登録や問い合わせ、商品購入をするなど、サイトのコンバージョン率(CV)を増やすことが目的であり、アクセス解析によって得られたデータを分析することでサイトのコンバージョン数を上げるにはどういうことが必要なのか、という「課題」を知ることが大切です。

アクセス解析でわかること

アクセス解析で得られるデータには

  • 閲覧者数(訪問者数)
  • コンバージョン率(CV率)
  • 閲覧数(ページビュー数)
  • 新規ユーザー割合
  • 直帰率(1ページみただけで離脱した割合)
  • 平均閲覧(滞在)時間
  • 流入経路
  • アクセス環境

などがあります。

 

これらのデータを解析することによって分かることとして、サイトの問題点や施策の効果、今後コンバージョンしてくれる可能性の高いターゲットなどが挙げられます。

まず、サイトの問題点の例ですが、アクセス解析の結果、スマホユーザーの平均滞在時間が短い・直帰率が高いということなどが挙げられたとしましょう。

スマホユーザーの平均滞在時間が短い場合、スマホでは見にくいサイトなのではないかということが考えられます。

また、直帰率が高い場合、ユーザーが求めている情報が載っていないサイトであると判断されているのではないかということが考えられるのです。

アクセス解析によって得られたデータを解析することで上述したようなサイトの問題点を知ることができれば、その問題を解決するための施策を考え、実行することができます。

 

次に、施策の効果を知ることができるという点ですが、企業がコンバージョンを増やすために行った広告の配信やコンテンツの公開など、さまざまな施策を行った後、アクセス解析のデータがどう変化したのかを調べることによって、その「効果」を調べることが可能です。

さらに、すでにコンバージョンしてくれたユーザーを分析することで、今後、コンバージョンしてもらえる可能性のあるユーザーの属性や行動を知ることもできるでしょう。

このように、サイトの状況や問題点、今後ターゲットとするユーザーを知ることができるのがアクセス解析なのです。

アクセス解析のツール

アクセス解析のツールにはさまざまなものがありますが、その中でも知名度が高いものとして、Googleアナリティクスがあります。

Googleアナリティクスは、Googleが運営している解析ツールであり、利用料は無料。

Googleアナリティクスにアクセスして、自社のサイトに「トラッキングコード」を貼り付けるだけと使い方も簡単です。

(Googleアナリティクス:https://analytics.google.com/analytics/web/provision/?authuser=0#/provision

トラッキングコードを貼り付ければ、Googleがサイト訪問者の行動を追跡できるようになり、ユーザーはその結果を知ることができます。

Googleアナリティクスについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

Googleアナリティクスでアクセス解析する方法とは?【導入から使い方まで徹底解説!】https://kotodori.jp/research/google-analysis/

導入や使い方を順を追って解説しているので、ぜひ参照してください。

 

アクセス解析のツールには、ランキング傾向のレポートや解析の指標など、高機能な解析機能が備えた有料のものもあります。

自社が求める目的に合う解析ツールを選ぶと良いでしょう。

アクセス解析のポイントはKGIとKPIをしっかり定めること

アクセス解析のポイントとして、KGIとKPIをしっかり定めておくことが挙げられます。

 

KGIはKey Goal Indicatorの略で、別名「重要目標達成指標」。

最終目標が達成されているかどうかを計測する指標であり、サイトを運営するにあたって設定する「具体的な目的に紐づく判断基準」です。

そして、KPIはKey Performance Indicatorの略で、別名「重要業績評価指標」。

KGIを達成するための過程を細分化し、その過程をどういう状態で通過すればKGIを達成できるかを計測する指標です。

アクセス解析 KGI KPI

例えば、ECサイトであれば、KGIは売上高の向上、KPIはリピーターの増加や初購入者の確保などであり、ネットコンテンツであれば、KGIは企業ブランドを高めること、KPIは読者を増やすことや閲覧時間を長くすることなどになります。

 

ここで大切なのが、KGIもKPIも「具体的な数値で設定すること」です。

「売上を上げる」という漠然とした目標ではなく、「半年後に売上を30%に上げる」など、具体的な数値で設定するようにしましょう。

 

ゴールとなるKGIを設定したのちに、KPIを設定します。

KPIが達成できたのにKGIが達成できなかった場合には、KPIの見直しが必要です。

KPIの設定方法についてはこちらのサイトで詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【関連記事】

KPI設計における目標数値の決め方とは【目的やメリットまで完全紹介】

https://kotodori.jp/research/how-to-make-kpi/

まとめ

アクセス解析の目的や方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

Webサイトの運営には、アクセス解析が重要です。

アクセス解析を行うことによってサイトの問題点を見付け、改善していくようにしましょう。


<参考>