新規事業 フレームワーク

新規事業立ち上げに役立つフレームワーク10選|新規事業のプロセスも紹介

初めて新規事業の立ち上げに携わる場合、どのようなプロセスで物事を進めていくべきか悩む人もいるでしょう。

新規事業を立ち上げるとなると、さまざまなことをグループで決めていく必要があるため、方向性を見失ったり、意見がまとまらなかったりすることがあります。

そこで今回は、新規事業を立ち上げるときに役立つ情報を紹介します。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 新規事業を立ち上げる予定の人
  • 新規事業を立ち上げるときのプロセスが気になる人
  • 新規事業に役立つフレームワークが知りたい人

新規事業立ち上げのプロセス

新規事業を立ち上げる場合は、次のプロセスに沿って活動していくことが大切です。

  1. アイデアの検討
  2. 仕組みの検討
  3. 行動計画の策定

上記3つのプロセスについて、それぞれ詳しく紹介します。

アイデアの検討

新規事業の立ち上げの際、まずは、事業のアイデアを検討します。

すでに社内にある資源や利益率から検討する、または、市場調査を行ってニーズを調査する、という方法があります。

ここでのポイントが、社内で参入したことがない市場への立ち入りはおすすめしない、ということ。なぜなら、新しい市場にアプローチするためには既存市場よりも大きな費用が必要になるからです。

新規市場に参入する場合は、社内で慎重に検討した上で判断しましょう。

仕組みの検討

アイデアがまとまったら、実現するための仕組みを考えます。

ここで考えることとして、例えば、リスクマネジメントや販売促進の方法などがあります。

場合によっては、1度決めた仕組みの再検討も必要です。

行動計画の策定

続いて、新規事業を実現させるための具体的な行動計画を立てていきます。

時間軸などを基準に、取るべき行動を明確にしていきましょう。

新規事業に関連する人と情報を共有できるように、大きな用紙に書き出したり、共有ファイルに計画を入力したりするのがおすすめです。

新規事業に役立つフレームワーク

どのように新規事業を考えればいいか分からない場合に、おすすめなのがフレームワークの活用です。

今回は、新規事業の立ち上げに役立つフレームワークを10個紹介します。

  • SWOT分析
  • VRIO分析
  • MVV分析
  • 3C分析
  • TOWS戦略
  • ポジショニングマップ
  • PEST分析
  • PDCAサイクル
  • ペルソナ分析
  • ビジネスモデルキャンパス

以上10個のフレームワークについて、順番に説明していきます。

SWOT分析

SWOT分析とは、新規事業における以下の4項目を客観的に分析するフレームワークです。

英単語日本語の意味
Strength強み
Weakness弱み
Oppotunity機会
Threat脅威

StrengthとWeaknessは内部環境を分析する項目ですが、OppotunityとThreatは外部環境について考える項目です。

SWOT分析は自社の要因だけでなく、競合他社や市場の状況のリサーチもできるフレームワークといえるでしょう。

VRIO分析

VRIO分析とは、次の4項目を検討するフレームワークです。

英単語日本語の意味
Vlue経済的な価値
Rarity希少性
Inimitability模倣困難性
Organization組織

VRIO分析では、市場やターゲットにとって経済的な価値があってレアな商品・サービスであれば売上を伸ばせる可能性が高いと判断されます。

また、他社に真似されづらく、自社でプロモーションできる状態であれば新規事業が会社として継続的な収益源になる可能性があるでしょう。

MVV分析

MVV分析とは、以下の3項目について検討する分析方法です。

英単語日本語の意味
Mission使命
Vision将来像
Value価値

新規事業を通して社会にどのような価値を提供したのか、実現するために自社はどのような状態であるべきなのかを明確にしていきましょう。

3C分析

3C分析とは、次の3つについて分析するフレームワークです。

英単語日本語の意味
Customer顧客
Competitor競合
Company自社

Customerでは市場や顧客のニーズをつかみ、Competitorで競合他社の対応方法を検討します。

そのうえで、Companyで新規事業を成功に導く案を考えるのが3C分析です。

TOWS戦略

TOWS戦略とは先に紹介したSWOT分析を活用したフレームワークです。

SWOT分析の項目をかけ合わせて、つぎの4項目について分析を深めていきます。

掛け合わせ洗い出す内容
S×O自社が積極的にアプローチすべき市場
S×T脅威への対策を講じるべき市場
W×O自社の弱点を克服するアイデアが必要な市場
W×Tできるだけ避けた方が良い市場

ポジショニングマップ

ポジショニングマップとは、自社や競合他社を含めた市場での位置取りを明確にできるフレームワークです。

フレームワークの横軸と縦軸を設定して、実際の会社名をマッピングすることで勝率が高い市場が見えやすくなります。

軸にする項目は任意ですが、ターゲットが商品を選ぶときの基準になるもの(例:デザイン、機能、高級感など)を選ぶといいでしょう。

PEST分析

PEST分析とは、次の4つの視点で新規事業について検討するフレームワークです。

英単語日本語の意味
Politics政治
Economy経済
Society社会
Technology技術

PEST分析をすれば、自社の外部の環境を把握できます。

新規事業が外部にどのような影響を与えるか知りたい場合は、PEST分析を行うことをおすすめします。

PDCAサイクル

PDCAサイクルは、4つの英単語の頭文字を取って名づけられたサイクルです。

英単語日本語の意味
Plan計画
Do実行
Check評価
Action改善

上表の4つの段階を繰り返し実施することで、新規事業の課題や問題を洗い出して改善できます。

PDCAサイクルはずっと前から活用されているフレームワークということもあり、時代遅れだと指摘されることもあります。

しかし、新規事業を立ち上げる上ではとても有効なフレームワークです。

サイクルを1周させるだけで完結するのではなく、繰り返し行うことが大切です。

何度もサイクルを回すことで、時代の流れに乗った判断がしやすくなります。

ペルソナ分析

ペルソナ分析とは、新規事業でターゲットにする顧客像を具体的に設定するフレームワークです。

1人の顧客を想定してペルソナ分析をすることで、新規事業をブラッシュアップできます。

ターゲットとペルソナを混同する人がいますが、まったく違うものです。

例えば、ターゲットとは「30代未婚女性、関東在住、キャリアウーマン」といった感じで設定しますが、ペルソナは「35歳、結婚や婚活に興味がない女性、埼玉県在住、仕事が忙しくてプライベートに割く時間がない」というようにターゲットよりも具体的に顧客の状態を想定します。

ビジネスモデルキャンバス

ビジネスモデルキャンバスとは、下記の項目の相関性を把握できるフレームワークです。

項目概要
顧客セグメント年齢や国、性別などの検討
顧客との関係商品・サービスを通して顧客とどのような関係を持つか(例:サブスクリプション、売り切りサービス)
チャネル販売経路などの検討
収益方法商品・サービスでどのように収益を得るのか
提供価値商品・サービスを通して顧客にどのような価値を提供するのか
キーアクティビティ新規事業を通して自社が取り組むべき活動
キーリソース新規事業を行う上で必要な経営資源(例:人材、工場、店舗、資金)
キーパートナー新規事業を行うために必要な関係者(例:提携先、仕入れ先、代理店、販売店)
コスト構造新規事業を行うために必要なコストの洗い出し

<h2>まとめ</h2>

新規事業の立ち上げに大切なポイントは

  • 新規事業を立ち上げるときは行動をする前にプロセスを考えることが重要
  • アイデアや仕組みを検討した上で行動計画の策定に入るのがおすすめ
  • 新規事業に役立つフレームワークは多数ある
  • 必要な情報や分析したい内容に合わせて最適なフレームワークを選ぶことが大切

ということ。

新規事業の立ち上げはそう簡単にいくものではありません。

プロセスを意識していても、予定通りにならないことも多々あると思います。

トラブルが発生した場合は、今回紹介したフレームワークを活用して問題解決に役立ててください。


<参考>

新規事業を成功に導くビジネスフレームワーク 〜フレームワーク活用は経営者にとって必須のスキル〜(ProSharing)

新規事業の立ち上げ前に最低限おさえるべきポイントと、即実践に使えるフレームワーク4選(LISKUL)

【保存版】新規事業立ち上げのプロセスと鉄板フレームワーク5選(techpartner)

新規事業を立ち上げるためのプロセスとフレームワーク(Battery)

新規事業に必携! 悩みがなくなる爆速フレームワーク14選(SAIRU)