アンケート調査

効果的なアンケート調査の方法とは【注意すべきポイントなど徹底解説!】

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

企業が売上を上げるために有力な情報を取得するには、アンケートの実施が有効です。

市場の値段について調査したり、ユーザーにアンケートを行うことによって得られたデータを元に、サービスや商品、企業の改善点などを改善し、さらなる売上につなげることが出来ます。

アンケート調査の種類

マーケティングにおけるアンケートには

  • 製品に付いての意見調査
  • モニター調査
  • 満足度調査
  • WEB意見調査
  • 訪問数調査
  • 謝礼調査
  • ソーシャルリスニング

などがあります。

どの調査も、アンケートのフォーマットを定めてアンケートを実施することが求められます。

全てのアンケートが同じ項目の質問ができているかどうか、そして、その質問が的を得ているかどうかをしっかり判断する事が大切です。

 

郵送でのアンケート調査は郵送の費用がかかるため、アンケート調査の多くがWEB調査で行われています。

フリーのアンケートに関しては、キャンペーンやインセンティブ、プレゼントなどよって回答率を上げると、より効果的なマーケティングを行うことが出来るようになります。

企業がマーケティングの一環としてアンケートをする際には、まずはアンケートの意図をしっかり把握することが大切です。

アンケート調査にはどの調査方法を選ぶべきか

web調査

郵送でもアンケートを募ることは可能ですが、近年、アンケートを募る際に郵送費がかかるアンケートはあまり好まれない傾向にあります。

また、web調査のほうが早く反響を得ることができるためWEBアンケートまたはソーシャルリスニングなどが多く利用されています。

街頭アンケート

ランダムでの調査ならば、街頭アンケートも効果的です。

街灯アンケートでは、大衆が何を求めていてどう感じているのかというリアルな意見を聞くことが出来るので、ときには非常に効果的な結果を得ることが出来ます。

インタビュー調査

インタビュー調査は、ある特定の人数やグループでの調査であり、参加者のリアルな意見を聞くことが出来る方法として非常に効果的です。

インタビュー調査はマンツーマンで行うこともあり、社長や有名人への調査方法として企業のマーケティングで用いられています。

定量調査

定量調査は、ある不特定多数の人数にアンケートを募るという方法で実施されます。

回答数が多いので調査結果をグラフ化して分析することが比較的容易であり、しっかりとした結果を得ることが可能です。

アンケート調査の進め方

アンケート調査をどのように進めるかは、マーケティング部で決定します。

アンケートの質問内容は、意見がわかりやすく反映されるようなものにする必要があります。

データの集計の際は、Excelなどを利用することによってデータ化することがおすすめです。

また、2人以上の人数で集計するようにすることで、集計ミスが少なくなります。

調査票を作る前の注意点

調査票は、質問する内容を並べたシートのことです。

不特定多数の人へのアンケートの場合、質問したいことをすべて盛り込んでしまうと、調査した結果がまとめられずにアンケート調査が失敗に終わってしまうこともあります。

したがって調査票を作る際には、調査の目的をきちんと決めて、どのようなデータが必要なのかをはっきりさせるようにしましょう。

また、調査によって得られた結果を、EXCELなどによってわかりやすくまとめられるようにする必要があります。

そのため、調査表の作成は情報処理に長けているマーケターに依頼してしまうこともおすすめです。

グラフを作成しておくことで、売上に繋がる企業戦略の一環としてデータを効果的に活かすことができます。

調査票構成のポイント

アンケートの内容は取り扱う商品やサービスによって異なりますが、アンケートは、郵送・webという調査方法の違いに関わらず、出来るだけわかりやすく、答えやすい内容にすることが大切です。

結果をグラフでまとめやすくするために、YesかNoのみで回答できるアンケートでも良いでしょう。

アンケートでは、基本的に値段や使用した感想などを尋ねる内容で募集されます。

参考として、基本的な構成は以下のようになります。

まとめ

アンケートを効果的に実施することで、企業戦略にアンケート結果を活かし、企業の売上を上げたり、競合他社と製品を比較することが可能となります。

マーケティングにおけるアンケートにはさまざまなものがありますが、近年では、SNS上でアンケートを募るなど、その多くがWEB調査で行われています。

アンケートで得られた結果をOFFICE、EXCELなどのツールを用いてデータ化することで、企業のあらゆる部署でその結果を共有し、有効に活用することが可能となるのでおすすめです。


参考

  1. 実はたくさんあるアンケート調査方法の種類
    https://www.web-research.net/column/article15/