効果的なアンケートの作り方とは?【作成時大切なポイント大公開!】

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

企業が商品やサービスを新しく市場に提供するときや既存の商品やサービスをリニューアルする場合などに必要になるのが、アンケート調査です。「アンケート」と一口に言っても、実はいろいろな種類あるので必要な情報に応じて適切な方法を選択することが大切です。

そこで今回は、アンケート調査の具体的な種類や作成方法について詳しく解説します。アンケートを作るうえで重要になるポイントもしっかり押さえていきましょう。

この記事は、次のような人におすすめの内容になっています。

・アンケートの調査の種類を把握したい人

・アンケートの作成方法が知りたい人

・アンケート作成のポイントを押さえたい人

まずは、アンケートの種類をチェックしていきましょう。

アンケートの種類とは?

冒頭で触れた通り、アンケートにはいろいろな種類があります。今回は大きく次の3つに分けてアンケートの種類を紹介していきます。

・アンケートの対象者や内容による種類の違い

・アンケート形式による違い

・アンケートの回答形式による違い

それぞれの違いごといにアンケートの種類を見ていきましょう。

【アンケートの対象者や内容による種類の違い】

ここでは、次の3つのアンケートについて説明します。

・顧客アンケート

・会場アンケート

・社内アンケート

顧客アンケートは、企業が自社の商品やサービスにアンケートの調査結果をいかすために顧客に実施されます。顧客アンケートの種類としては、次の5つが代表的です。

・利用者アンケート

・お客様アンケート

・商品アンケート

・ブランドイメージ調査

・パッケージ調査

会場アンケートは、イベントアンケートや住民アンケート、セミナーアンケートなどが該当します。用意した会場の来場者に対してアンケート調査を実施するのが会場アンケートです。

社内アンケートは、社内環境を改善する目的で実施されます。社内アンケートの種類としては、ストレスチェックや従業員満足度アンケートがあります。

【アンケート形式による違い】

続いては、形式の違いによるアンケートの種類を紹介します。今回は、次の3つについて解説していきます。

・用紙を使ったアンケート調査

・フォームを使った調査

・アプリを使用した調査

それぞれの調査内容とアンケートに適しているケースをチェックしていきましょう。

【用紙を使ったアンケート調査】

紙にアンケートを印刷して調査対象者に配布して回答してもらう方式で若い世代はもちろん、年齢層が高い人にも回答してもらいやすいメリットがあります。デメリットとしては、次の2つが挙げられます。

・アンケートの回収や集計に時間がかかる

・調査対象者が膨大だとアンケート用紙の準備にコストがかかる

アンケート用紙での調査に適しているのは、先に紹介したセミナーアンケートや店頭での調査で特にセミナー後に実施するのであれば、フォームやアプリよりも紙に印刷したアンケートを対象者に配布する方が回答率が高い傾向があります。

【フォームを使った調査】

調査対象者にスマホやパソコンを使用してもらって、アンケートを実施する方法で先に紹介した用紙のアンケートよりも低コストで調査ができるのが特徴です。アンケートの回答がデータ化した状態で集められるため、集計や分析が紙ベースのアンケートよりも容易に調査ができます。

フォームを使用したアンケート調査のデメリットは、次の3つです。

・事前に適切なフォームを準備する必要がある

・Webページの準備がいる

・インターネットを使用する人しかアンケートの回答を得られない

参加者が多い大型のイベントや展示会にタブレットなどを用意して、フォームを使ったアンケート調査を実施すると効果的です。また、スマホやタブレット操作に慣れている世代であれば、気軽にアンケートに回答してくれる場合が多い特徴があります。

【アプリを使用した調査】

フォームよりももっと気軽に回答できるのがアプリを使ったアンケート調査です。例えば、LINEの投票機能を使えば簡単なアンケートをすぐに作成できます。回答者の詳細な設定も可能で、匿名でもアンケートに回答できるのが特徴です。アンケートの回答者に対してクーポンを付与できるLINE@を使えば、回答率のアップに繋がりやすいのでおすすめの調査方法です。

ただし、アプリを使用した調査はアンケートの質問数が少なくなるので注意が必要です。アプリの利用に抵抗がない若い世代に対してアンケートを実施したい場合に適している調査方法です。

【アンケートの回答形式による違い】

アンケートの代表的な回答形式としては、次の5つがあります。

アンケート 作り方

続いては、アンケートの作成方法を具体的に解説していきます。

アンケートの作成方法は?

アンケートを作成したい場合は、主に次の3つの方法があります。

・エクセルやワードなどを利用する

・無料ツールを使って作成する

・アンケート業者に依頼する

自分でソフトやツールを利用してアンケートを作成するときの流れは、次の通りです。

1.アンケートを実施する目的や調査対象者を設定する

2.アンケートの実施方法を決める

3.アンケートの質問を決定する

4.アンケートフォームや用紙を作る

アンケートを作成する際のポイントとは?

最後にアンケートを作成するときに、最低限注意すべきポイントを2つ紹介します。

・できるだけ分かりやすい言葉や表現で作成する

・質問の時系列や流れを意識して作成する

上記の2つのポイントについて、もう少し詳しく解説していきます。

アンケート調査では、回答者に質問内容が正確に伝わらなければきちんとした回答が得られません。そのため、できるだけ専門用語や難易度が高い言葉の使用を避け、回答者が分かりやすく理解しやすい文章でアンケートを作成するのがポイントです。また、アンケートの質問は時系列に並べると回答者が回答しやすくなります。

その他、アンケートを作成するうえで注意すべき点として、次のようなものがあります。

・適切な選択肢を設定する

・中立性がある質問の文章にする

・できるだけ選択回答形式のアンケート作成する

・適宜自由回答欄を使う

・重複した内容の質問をしない

・ひとつの質問で複数の質問をしない

・質問は必須回答ではなく、任意回答にする

・アンケートを実施する前にテストを実施しておく

アンケート調査において大切なのは、調査対象者に回答してもらって、できるだけ回収率を高く維持することです。回収率を上げるためには、無記名制のアンケートにしたり、回答者の時間や手間がかからない質問内容にするように工夫することが大切です。また、場合に応じて回答者に対してギフトカードや景品などのインセンティブを渡すのもひとつの方法です。

アンケート調査の実施後は、回答を正確に集計してきちんと調査結果を分析するようにしましょう。

まとめ

アンケート調査にはたくさんの種類があり、得たい情報によって適切な調査方法が異なります。アンケートを作成するときは回答者が質問に答えやすく、必要な情報を得られるように意識することが大切です。

今回紹介したアンケートの種類や作成方法を参考に、効果的なアンケートを作ってみましょう。

 


<参考>

  1. 成功するアンケートと投票の書き方(SurveyMonkey)
    https://jp.surveymonkey.com/mp/writing-survey-questions/
  2. アンケートの作成方法には何がある?作成の流れやポイントのまとめ(ハイプドビッツ公式HP)
    https://www.pi-pe.co.jp/solution/article/enquete_system/148/#i