アンケート ニッセイ 事例

アンケート事例~ニッセイ編~マイルの付与とSNSの活用

アンケートを実施する際、これまでの事例を参考にしている方は少なくないでしょう。

参考となる事例は数多くありますが、今回は、日本生命保険相互会社(以下ニッセイ)の例を紹介します。

アンケートキャンペーンを実施する際の参考にしてください。

アンケートへの回答でマイルが貯まる

ニッセイのアンケートに答えると、ニッセイで利用できるサンクスマイルが貯まる仕組みとなっています。

アンケートに回答するには、ニッセイとの契約と「ご契約者さま専用サービス」へのログインが求められますが、サンクスマイルは、カタログギフトやJAL・ANAのマイル、寄付などに利用できます。

季節ごとのテーマやさまざまな年齢を対象

ニッセイでは、季節ごとのテーマに合わせて、あらゆる年齢を対象にしたアンケートも実施しています。

これまでにニッセイが行ったアンケートには

  • 夏のボーナスに関するアンケート
  • 母の日に関するアンケート
  • コロナ禍で変化したことに関するアンケート

などがあります。

1つずつ紹介します。

①「夏のボーナス」に関するアンケート

アンケートのテーマ:夏のボーナス

開催時期:2021年6月1日(火)〜6月14日(月)

実施方法:ニッセイの「ずっともっとサービス」サービスのサンクスマイルメニュー

対象者:男性4,696名、女性4,270名、性別回答なし107名の合計9,073名

このアンケートは、無職や専業主婦、専業主夫、自営業、公務員、パート・アルバイト、学生をアンケートの対象外としたものであり、回答者の割合は50代が29.1%、40代が20.3%、60代が17.9%でした。

本アンケートのポイントは

  • 夏のボーナスが前年比や冬と比較して増減したか?
  • 昨年度の世帯支出と比較して増減したか?
  • 夏季休暇の過ごし方について
  • 冬のボーナスの見通しについて

の4点で、

  • 夏のボーナスの支給額が下がったケースが多かった職業は運輸業・郵便業である
  • 世帯支出が増えたケースの最大要因は食費である
  • 世帯支出が減ったケースの最大要因はレジャー費である
  • 夏季休暇の予定は自宅や自宅付近で過ごすとの回答が最も多かった
  • 新型コロナウイルス感染症の収束後は、お金を国内旅行に使いたいとの回答がもっとも多かった
  • 冬のボーナスは変わらないとの予測が最多だった

という事実が明らかとなりました。

②「母の日」に関するアンケート

アンケートのテーマ:母の日

開催時期:2021年3月1日(月)〜3月31日(水)

実施方法:ニッセイの「ずっともっとサービス」サービスのサンクスマイルメニュー

対象者:男性9,253名、女性9,198名の合計18,451名

本アンケートの回答者の割合は50代が32.4%、40代が23.0%、60代が17.0%でした。

本アンケートのポイントは

  • 今年は母の日にプレゼントを贈るか?
  • 母の日にプレゼントを贈らない人の理由は何か?
  • 昨年は母の日に贈らなかったが、今年は贈った人の理由は何か?
  • 母の日に贈るプレゼントは何か?
  • 母の日に何をプレゼントされたいか?
  • 母の日のプレゼントをどのように渡すか?
  • 母の日のプレゼントはいつ渡すか?
  • 母の日のプレゼントの予算はいくら程度か?
  • 母の日はいくら程度のプレゼントが欲しいか?
  • 世代別で母親になってほしい著名人は誰か?

の10点で

  • 今年の母の日にプレゼントを贈った回答者は74.2%と多かった
  • 母の日にプレゼントを贈らない派は、プレゼントする物が分からないケースが多かった
  • 昨年と異なり、今年の母の日にプレゼントを贈った最多の理由はコロナ渦によって、家族の大切さを知ったとの回答が多かった
  • 生花・カーネーションが母の日のプレゼントとして最多だった
  • 手紙やメール・絵をプレゼントされたい人が最も多かったが、実際に贈る予定の回答者は少ない
  • 母の日のプレゼントは直接渡すケースが多い
  • 半数以上が当日に母の日のプレゼントを渡す
  • 母の日のプレゼントは3,000円〜5,000円未満の予算であるケースが最も多い
  • 母の日のプレゼントを受け取る際に、金額にはこだわらないケースが最多である
  • 母親になってほしい著名人は、世代を問わず吉永小百合さんである

ということが明らかとなりました。

③「コロナ禍で変化したこと」に関するアンケート

アンケートのテーマ:コロナ禍で変化したこと

開催時期:2020年9月1日(火)〜9月30日(水)

実施方法:ニッセイの「ずっともっとサービス」サービスのサンクスマイルメニュー

対象者:男性8,112名、女性7,636名の合計15,748名

本アンケートの回答者の割合は50代が28.5%、40代が22.4%、60代が17.8%でした。

本アンケートのポイントは

  • コロナ禍が原因で起きた生活の変化について
  • 夏季休暇の過ごし方
  • 夏季休暇に対する予算

の3点で、

  • 半数以上が新しく始めたことや頻度が増えたものがある
  • オンラインショッピングをするようになった人が多い
  • 従来オンラインショッピングを利用していた人も、使用する金額が1ヶ月あたり平均1.1万円程増加した
  • オンラインショッピングでの購入額が最も増えた対象は日用品と食料品である
  • コロナ禍で貯蓄が増えたケースでは、お金を支出する理由がなかったり、将来への不安が多かった
  • 前年比半分にまで、夏季休暇に対する予算が減った
  • 夏季休暇で最も多かった過ごし方は自宅や自宅付近で過ごしたケースだった

などが明らかとなりました。

アンケートの実施にSNSを活用

ニッセイでは、アンケートの実施にSNSの活用も進めています。

ニッセイのSNSで開催されるアンケートキャンペーンの対象者は

  • 日本国内に居住している方
  • SNSで自身のアカウントを保有している方
  • SNSでニッセイの公式アカウントをフォローしている方
  • ニッセイのSNSキャンペーン規約に同意している方

という条件を満たす人。

SNSを活用することによって、より手軽に回答すること、ニッセイを身近に感じてもらうことができる取り組みとなっています。

まとめ

アンケートの実施には、明確な質問と答えやすい手軽な環境が欠かせません。

今回紹介したニッセイの例のように、SNSを活用したり、ポイントや商品などを付与するアンケートキャンペーンを開催すると回答が集まりやすいでしょう。

無料お役立ち資料フォーム


参考記事一覧

アンケートに答えてサンクスマイルを貯めよう!(日本生命)​​

ニッセイ インターネットアンケート〜「夏のボーナス」について〜(日本生命)

ニッセイ インターネットアンケート〜「母の日」について〜(日本生命)

ニッセイ インターネットアンケート〜「コロナ禍で変化したこと」について〜(日本生命)

ソーシャルメディア利用規約(日本生命)