成果を出すアンケートのまとめ方と実施方法とは?

アンケートを実施するときに、どのようなものを作成すれば効果的か悩む人は多いのではないでしょうか。

アンケートは、実施後にアンケートの結果を分かりやすく集計してまとめる必要があるため、準備から集計まで、多くの時間がかかります。

そこで今回は、効果的なアンケートの実施方法や集計のやり方、結果の分かりやすいまとめ方について詳しく解説します。

具体的に説明していくので、アンケートに関する知識がない人でも安心して読める内容になっています。

この記事は次のような人に適した内容になっています。

・成果が期待できるアンケートを作成したい人

・アンケートの集計方法のポイントを押さえたい人

・アンケートの適切なまとめ方が知りたい人

それでは、効果的なアンケートの実施方法からチェックしていきましょう。

アンケートの効果的な実施方法とは?

アンケートを効果的に実施するためには、次の3点をしっかり意識することが大切です。

・目的や意図を明確にしたアンケートにする

・手間のかからない設問にし、回答率UPをはかる

・集計や分析がしやすい設問にする

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

目的や意図を明確にしたアンケートにする

アンケートを実施する目的や意図を明確にしましょう。
あやふやなままアンケートを作成すると、必要な情報を得るための質問が足りなかったり、無駄な質問を入れたりするなどの事態に陥りやすくなります。

目的をしっかり定めると、アンケートに適した対象者や必要な質問内容、具体的な実施方法などがおのずと決まります。できるだけ早くアンケートを実施したい気持ちは分かりますが、何のために調査するのかを明確にすることが大切です。

手間のかからない設問にし回答率UPをはかる

設問は、アンケートの対象者があまり時間をかけずに簡単に回答できるように意識して作成しましょう。設問の意味が誰でも理解できるように分かりやすい言葉を用いたり、質問を時系列順に構成したりすることもポイントです。

また、回答方式もできるだけ手間がかからない選択式を選ぶようにすると良いでしょう。選択肢の数にも気を配るとアンケートの回答率のアップに繋がります。

アンケート調査の目的などにもよりますが、個人情報を保護する意識が高まっているので、無記名の調査の方が回答率が高まります。どうしても対象者の名前や電話番号などの情報がいる場合は、必要な理由をアンケートに記載するといいでしょう。

集計や分析がしやすい設問にする

アンケートは実施後の集計や分析をして、目的に結び付けることに意味があります。

そのため、アンケートを作成する時点で集計や分析がしやすい設問を選択することがポイントです。

具体的には、自由回答や複数回答よりも単一回答にすると集計がまとめやすくなります。

対象者から詳細な回答が必要なケースでは、単一回答を中心にしていくつかの設問を自由回答や複数回答にすると効果的です。

集計の種類を知ることが大切

実施したアンケートはその種類や回答の内容に合った方法で集計することが大切です。

アンケートの集計方法では、単純集計とクロス集計が代表的な方法として知られています。

2つの集計方法の概要とポイントを解説します。

単純集計

単純集計は、アンケートの質問の項目ごとに合計を出して集計するシンプルな方法です。

アンケート結果を全体的かつ大まかに把握したい場合は、単純集計が適しています。回答者全体の数とパーセンテージを表示して集計することで、母数だけでなく無回答のチェックもできる方法です。

アンケートの大枠の結果を知りたい場合は単純集計が適していますが、回答を深掘りしたい場合は次に紹介するクロス集計がおすすめです。

クロス集計

クロス集計は、アンケートの質問項目や属性ごとに回答を集計します。

回答数や回答比率の集計を表にして記載する方法で、単純集計よりも回答者の詳細な傾向を把握するのに適しています。

例えば、年齢と商品やサービスの購買動機をかけ合わせると、年齢別に購買動機の分析をすることができます。

ちなみに、この例の場合、年齢を説明変数、購買動機を目的変数と呼びます。目的変数である購買動機を説明変数である年齢で説明し、因果関係を明確にすると効果的です。

クロス集計はアンケートで得た情報から回答者について深く分析する方法で、綿密なマーケティング戦略などの立案などに繋がります。

アンケート結果のまとめ方ポイント3つ

アンケート結果のまとめ方のポイントは次の3つです。

・グラフの種類は適切なものを選択する

・集計結果は同じ単位ごとにまとめる

・集計の際は「母数としてカウントする回答の定義」を決めておく

アンケートは最初から最後までにかかる時間や工程が長くなりますが、結果をしっかりまとめることが一番大切です。

より良い報告ができるように、アンケート結果のまとめの作成は特に力を入れて取り組みましょう。

グラフの種類は適切なものを選択する

アンケートの回答から得た情報を分かりやすく表すためには、内容に合わせて適切なグラフを選択することがポイントです。誰が見ても同じデータが読み取れ、正確に分析ができるためには工夫が必要になります。

集計方法別の適切なグラフの種類は以下の表のとおりです。

アンケート まとめ方

集計方法を基準にグラフを選ぶことも大切ですが、アンケートの目的や結果などに合わせて柔軟に選ぶといいでしょう。

集計結果は同じ単位ごとにまとめる

アンケートの集計結果は同じ単位でまとめると分かりやすくなります。

例えば「10万円」は、「100,000円」や「10千円」などの表記ができます。同じアンケートの結果は単位を統一して作成すると、データの読み間違いなどの防止に効果的です。

集計の際は「母数としてカウントする回答の定義」を決めておく

対象者から回収したアンケートには、有効回答だけでなく無効回答もあることが多くあります。

一般的に、無効回答はアンケートを実施した母数から差し引きますが、どのような回答が無効になるのかをあらかじめ定義付けておく必要があります。

母数としてカウントする回答の定義を明確にしておかなければ、せっかく実施したアンケートの結果が間違ったデータになるので注意が必要です。

アンケート結果の振り返りも重要

アンケート結果を出した後は、工程や内容を振り返ってしっかり振り返りをしましょう。

少なくとも次の2つの項目は、アンケートの結果をまとめたレポートにも記載することがおすすめです。

・事前に設定したアンケートの目的などの達成に至ったか

・アンケート調査から何をいつまでに実施するべきだと判断したか

まとめ

成果に繋げられるアンケートを作成したい場合は、目的や意図を事前に明確にしておくことが重要です。

アンケートを実施する目的などを明確にすることによって、適切な実行方法や対象者などが自然に定まります。

アンケートは実施することに意味があるのではなく、集計や分析に価値があります。

今回紹介した集計方法や適切なまとめ方を参考にして、ビジネスに役立てましょう。

無料お役立ち資料フォーム

【関連記事】

わかりやすいアンケート結果のまとめ方とは【簡単解説!】

誰にでもできるアンケートの集計方法とは【Excelを使った方法を紹介!】

誰でも簡単にできるエクセルを使ってアンケートを集計する方法とは?