マーケティングに必要なスキルやスキルを身につける方法を伝授!スキルアップしたい人も必見!

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

企業が市場で商品やサービスを売るために欠かせないのが、マーケティングの概念です。ものが売れる仕組み作りを仕事とするマーケターは、基本的なマーケティング知識を押さえているだけでなくマーケターの必須スキルを身に付けていますが、どのような力なのでしょうか。

マーケティングのプロであるマーケターの仕事内容を紹介しながら、マーケティングに必要なスキルと身に付けるために効果的な方法を解説します。

この記事は、次のような人にピッタリの内容になっています。

・マーケティングスキルをアップさせたい人

・マーケターの仕事に興味がある人

・マーケティングの必須スキルが気になる人

それではまず、マーケターの仕事内容をチェックしていきましょう。

そもそもマーケターの仕事とは?

冒頭で触れましたが、マーケターとは企業の商品やサービスが市場で売れる仕組みを作る人のことです。マーケティングは奥が深く幅広いスキルが必要になる仕事なので、マーケターの仕事内容は多岐にわたります。マーケターの具体的な仕事内容としては、次のようなものがあります。

・市場調査の結果の集計や分析をする

・新商品や新サービスのマーケティング戦略を立てる

・市場に効果的にアプローチするためのマーケティング計画を考える

・戦略や計画の検証をする

値段の設定やプロモーションが商品やサービスに適していないと、どれだけクオリティが高くても売れません。そのため、マーケターの腕が商品やサービスの売上を大きく左右すると言っても過言ではないのです。

マーケターになるためには、基礎的なマーケティングスキルがあることが前提であるとも言えます。

マーケティングに必要なスキル

マーケティングをする上で必要になるスキルとして、必要になるのは次の8つです。

マーケティング スキル

1.データ分析力

2.企画力

3.コミュニケーション力

4.マーケティングスキル全般

5.情報収集力

6.プレゼンテーション力

7.Web制作スキル

8.パソコンスキル

それぞれのスキルについて、もう少し詳しく解説します。

【データ分析力】

市場調査の結果、得られた情報を適切に分析できなければ売れる仕組み作りはできません。そのため、データ分析力はマーケターとして働く上で非常に大切だと言えます。

マーケターがよく使用する分析方法には、以下のようなものがあります。

・3C分析

・バリューチェーン分析

・PEST分析

いずれもマーケティングの基本的な分析方法なので、内容をしっかり押さえておきましょう。

【企画力】

先に説明した通り、マーケターの仕事は商品やサービスが市場で売れる仕組みを作ることなので、顧客にアプローチする上での課題を発見し、改善する企画を立てられる力が特に重要です。

一方、企画力を身に付けるには時間がかかります。現状を客観的に認識して、問題を見つけてそれを解決できるアイデア力がマーケターの価値とも言えます。企画の成功率を上げるために、企画力の重要性は高いのです。

企画力を上げるための検定試験として、マーケティングの戦略立案や現状把握など実践的な内容が出題されるWebプロデューサー検定がおすすめです。

【コミュニケーション力】

マーケターはさまざまな人とチームになって仕事をこなしていく仕事なので、たくさんの人と正確なコミュニケーションをする力がマーケターには求められます。同じ目標を目指すチーム内の人間だけでなく、社内の他の部署や消費者などとも接する機会があります。マーケターはいろいろな場面でスムーズに意思疎通をするコミュニケーション力が必須です。

【マーケティングスキル全般】

効果的なマーケティング戦略を考えるためには、マーケティングに関する知識や経験が必要不可欠です。マーケティングを学び始めてすぐに取得するのは難しくても、必要に応じて次のような資格の勉強をするといいでしょう。

・中小企業診断士

・ネットマーケティング検定

・経営学研士(MBA)

マーケティングは時代に応じてトレンドが変わるので、その時に応じたマーケティングスキルを追いかけ続けることがマーケターにおいて大切です。

【情報収集力】

市場に溢れている情報の中から、必要なものを収集できる力があることが大切になります。マーケティングに必要な情報は絶えず新しくなり、流行を逃さずに把握しなければいけません。

新聞やテレビなどの大手メディアから発信される情報だけでなく、SNSやネットニュースなどで取り扱われる情報に目を向けるのもポイントです。マーケターは市場の新鮮な情報を仕入れるためにアンテナを張っていなければ、効果的なマーケティング施策を打ち出せないのです。

【プレゼンテーション力】

マーケターはマーケティング施策を社内・社外にプレゼンする必要がある仕事で、どれだけ優れたマーケティング施策でも周囲の人に認められなければ実践ができません。論理的で説得力があるプレゼンができる力がマーケターには必要です。プレゼンの内容はもちろん、話し方やジェスチャーなどを含めて分かりやすく伝えられるかがポイントです。

【Web制作スキル】

インターネットやスマホの普及によって、企業の多くは自社でブログやホームページを運用しています。マーケターとして働く上で、Web制作スキルは必須とは言えないがWebマーケターになるのであればWeb制作スキルが身に付いていた方が無難です。基本的なWeb制作スキルを押さえるために、Webクリエイター能力認定試験やHTML5プロフェッショナル認定試験などの資格を取得するといいでしょう。

【パソコンスキル】

マーケターに限らず、パソコンを使って仕事をするのが当たり前になっています。パソコンスキルがあれば、仕事が迅速に進むのであらかじめ身に付けておく方が効率が良いです。ワードやエクセル、パワーポイントなどのオフィスソフトを扱えるスキルは最低限身に着けておくようにしましょう。

マーケティングのスキルを身につける方法

先に紹介したマーケターに必要な力の中で特に重要なのが、企画力です。効果的にマーケティングをするために欠かせない企画力を身に付けるために、日ごろから次のようなことを意識することをおすすめします。

・どうやって目標を達成するか行動や手法を考える

・なぜその目標を達成する必要があるのかメリットや効用を考える

上記のようなメソッドで企画を立てると、マーケターに必要なスキルが自然に身に付きます。

マーケティングに必要なスキルで、企画力の次に重要なのは分析力です。データを収集した後に、適切に情報を分析して市場の状況を把握しなければいけません。経験がものを言う分析力ですが、資格取得を目指すのもおすすめです。

マーケティングのスキルをアップさせる方法

先に紹介した資格はもちろん、マーケティングにおけるスキルアップを目指したい人は次のような資格を取得してみてはいかがでしょうか。

・Webアナリスト検定

・統計検定

・ウェブ解析士

・マーケティング・ビジネス実務検定

マーケターの仕事は、専門的な知識があることが前提なので初心者でいきなりマーケティングを始めるのは難しいです。まずは、基本的なマーケティングの概念を押さえて仕事に臨みましょう。仕事をしながら経験を積んで、必要に応じて資格取得をすると売れる仕組み作りができるようになります。

まとめ

マーケティングのプロであるマーケターの仕事は、非常に幅広い知識が必要になります。マーケターにならずとも、マーケティングに精通した人間になりたいのであれば今回紹介した方法を実践することをおすすめします。

時代に応じて必要になるスキルが変化するのがマーケティングの難しいところですが、それがマーケティングのおもしろさでもあります。新しい知識や流行をしっかり把握することがマーケティングにおいて非常に重要と言えます。

 


<参考>

  1. あなたは大丈夫?新人マーケターに必要な8つのスキル(ferret)
    https://ferret-plus.com/7884
  2. マーケターに必要な4つのスキルとは?仕事の概要も合わせて紹介!(marketing carrer)
    https://mar-cari.jp/article/articledetail/?id=181
  3. マーケターにとって必要となるマーケティングスキルとは(eMplex)
    https://www.emplex.jp/column/marketing/marketers-skill.html