効果的なマーケティングリサーチとは【リサーチの手法など徹底解説!】

ビジネスを展開する上で必要な不可欠なマーケティングリサーチ。

単に市場を調査するだけでは意味を成しません。

時間をかけて収集した情報を分析して、どう活かすかがビジネスの成功のカギです。

この記事を読めばマーケティングリサーチの効果的な活かし方が分かります。

適切な市場調査を用いてビジネスを成功させましょう。

マーケティングリサーチとは

マーケティングリサーチとは市場調査を指します。

あなたの会社が売りたいと考えている商品と市場で求められている商品は必ずしもイコールではありません。

ビジネスを成功させるには、市場ニーズに応えた商品を提供することが近道であり、市場で求められているものは一体何かを見極めるために必要なのがマーケティングリサーチです。

市場の情報を定量的・定性的の両側面から集め、適切に分析することが重要です。

マーケティングリサーチを行うメリット

マーケティングリサーチを行えば、市場ニーズを把握することができます。

そして、そのニーズを自社商品に反映させることで、ユーザーを満足させる商品を提供することが可能となります。

ユーザーの満足度が高ければ高いほど販売数の増加に繋がるので、マーケティングリサーチをしっかり行うことで、大切なリピーターを獲得することができるでしょう。

的確なマーケティングリサーチはユーザーから愛される会社になるための方法であるのはもちろん、売上高にも直結する重要性の高い調査です。

定量調査と定性調査とは

マーケティングリサーチには、定量調査と定性調査の2種類があります。それぞれ調査の対象が異なっているため、分けてご説明します。

マーケティングリサーチ

定量調査

マーケティングリサーチの調査方法の1つに、定量調査があります。

定量調査は、ユーザーから集めた情報を数値化して分析する手法であり、数値を基に分析をしていきます。

ある程度の情報数を得ることができれば、その数値は客観的に見ても意味のある数値になりますが、逆に言えば、少ない情報数の定量調査は客観性に欠けてしまうので、注意が必要です。

定量調査の具体例としては、電話や訪問などによるアンケート調査や多数の人がいる場所での街頭調査などがあります。

定性調査

マーケティングリサーチの調査方法には、定性調査もあります。

定性調査は、ユーザーの意見や行動などの性質的な側面から調査する方法です。

個人の考えにフォーカスするため、万人が同じ認識・評価をするものではありません。

定性調査の具体例としては、ミステリーショッパーや行動観察調査などがあります。

定性調査・定量調査についてはこちらの記事で詳しく紹介しているので、参考にしてください。

定性調査と定量調査の違いとは【最適な使い方は組み合わせること!】
https://kotodori.jp/research/qualitative-survey-and-quantitative-survey/

マーケティングリサーチの手法

マーケティングリサーチの手法は定量調査と定性調査とで異なるので、2つに分けてご紹介します。どちらも調査に時間がかかりますが、価値のある情報を得ることができるので時間を割いて行うことをおすすめします。

定量調査

大勢の意見を聞きたいときや数値的に仮説を検証したい場合は、定量調査が適しています。

今回は定量調査の具体例として5つご紹介させていただきます。

1.インターネット調査

2.郵送調査

3.訪問調査

4.電話調査

5.会場調査

インターネットの発展に伴い、郵送や訪問調査などの機会は減っています。

インターネット調査は他の調査より費用が抑えやすい方法ですが、ターゲットに回答してもらえないケースも多いので、目的に応じた調査方法を選択するといいでしょう。

定性調査

商品の問題点を発見したいときや新しいアイディアを創出したいときなど、ユーザーの生の声を知りたい場合は定性調査が適しています。

今回は具体例といて5つピックアップしました。

1.グループインタビュー

2.ミステリーショッパー

3.行動観察調査

4.ワークショップ

5.日記調査

定性調査は定量調査よりも情報の分析が難しいのが特徴です。

したがって、ユーザーのどういった行動を調査対象とするのか具体的かつ明確にすることが必要です。

詳細なチェックリストを作成するなどして調査に臨むといいでしょう。

マーケティングリサーチの流れ

マーケティングリサーチの流れについて時系列でご説明します。

マーケティングリサーチ 流れ

1.企画

まず、どの市場を調査するのかを考えます。

不特定の市場をリサーチするよりもある程度的を絞って調査する方が効率的です。(例:東京都に住む30代の独身女性。)

2.仮説を立てる

調査対象を決定したら、その市場で立証する仮説を検討します。(例:20代をターゲットに調査するとテレビの視聴時間よりネット動画の視聴時間の方が長いという仮説がなり立つのではないか。)

3.調査方法を選択する

仮説を立証するために適切な調査方法を選択します。

定量調査と定性調査の両方を使ったリサーチする方が多方面から情報を得られます。

なるべく性質の異なる2つの調査を横断的に使用することをおすすめします。

4.調査を実行する

調査方法が選択できたら、実際に調査をしましょう。

調査で得られた情報は適切に管理して保管することが必要です。

調査によっては膨大な情報量になるため、このときにある程度まとめていないと後の分析が困難になります。

アンケート様式を徹底したり、インタビュアーの質を一定にしたりするなど、適切な工夫をして使いやすい情報を得ましょう。

5.情報を分析する

得た情報を基に分析をしていきます。

定量調査の場合は数値の集計になりますが、定性調査の場合は抽出するルールがないとまとめるのが大変です。

事前に基準などを設定することをおすすめします。

6.仮説が立証されるか確認する

調査前に立てた仮説が立証されるか確認します。

立証されなかった場合は、なぜそうなったのかしっかり考察して、次回の調査に活かしてください。

仮説が立証されない要因には、対象とする市場を誤っていた場合やそもそもの仮説が甘かった場合などがあります。

リサーチをする際のポイント

マーケティングリサーチをする際に特に重要となるポイントは

1.マーケティングリサーチをする目的を明確にする

2.適切な仮説を立てる

3.情報を取得する

4.得た情報から適切なニーズを把握する

5.自社のならでは対応を企てる

の5つです。

単にマーケティングリサーチをするのではなく、ポイントを押さえてビジネスを成功させましょう。

まとめ

マーケティングリサーチで重要なのは、得た情報を適切に分析して自社の対応に反映させることです。

必ずしも市場から求められている商品を提供する必要はなく、顕在ニーズへのアプローチだけでなく、まだ表に現れていない潜在ニーズにアプローチする手法もあります。

ターゲットは誰なのか、どんなニーズに対応した商品なのかを明確にすることが大切です。

この記事があなたのビジネスのさらなる発展の力になれば幸いです。


<参考>

  1. Q&A 定量調査 定性調査 違い(市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク(旧マーシュ)https://www.asmarq.co.jp/qa/qa0010.html
  2. 「マーケティングリサーチ」とは?基礎知識と代表的な調査方法を解説(ferret[フェレット])
    https://ferret-plus.com/8157
  3. マーケティングリサーチとは|意味・市場調査・違い・調査手法・おすすめサービス解説
    https://boxil.jp/mag/a4519/