【マーケティングの基礎】マーケティングプロセスの解説と成功のポイント

たくさんのものが溢れ、市場のニーズが多様化する現代で企業が安定的に自社の商品やサービスを売り上げるためには、適切なマーケティングプロセスの構築が非常に重要です。

そこで今回は、マーケティングプロセスの重要性や具体的な流れについて基礎から詳しく解説していきます。

この記事は次のような人にぴったりの内容になっています。

・自社のマーケティングを見直したい人

・マーケティングプロセスについてきちんと理解したい人

・マーケティングプロセスの実際の流れが知りたい人

マーケティングプロセスとは

マーケティングプロセスとは、市場における自社の商品やサービスの位置づけを検討し、プロモーションや価格を選定するまでの流れのことです。マーケティングマネジメントプロセスとも呼ばれますが、冒頭でも触れたとおり企業にとって重要なマーケティング戦略に欠かせない工程になっています。

まずは、マーケティングプロセス意味と重要性について見ていきましょう。

マーケティングプロセスの意味

マーケティングプロセスは、マーケティング戦略を実施するうえで必要になる一連のプロセスを意味します。具体的には、次の6つで構成されています。

・環境分析

・セグメンテーション

・ターゲティング

・ポジショニング

・マーケティング・ミックス

・実行と評価

上記の工程を効果的に進めるためには、すべての事業工程(生産、製造、販売、アフターサービスなど)と顧客を結び付けてマーケティング戦略を考えることが大切です。

最大限マーケティングの効果を生み出すことがマーケティングプロセスの目的でもあります。

マーケティングプロセスの重要性

マーケティングプロセスは基本的なフレームワークですが、企業の規模にかかわらずどんな会社でも実践すべきだと言えるくらい非常に重要です。

顧客ニーズや消費者の価値観の多様化や市場の成熟化が叫ばれる現代では、適切なマーケティング活動が必要不可欠です。自社製品に最適な顧客を選択して届けなければ、企業は安定的な成長を継続するのが難しいでしょう。より一層精度が高いマーケティング戦略が求められるなかで、マーケティングプロセスの重要性も高まっています。

では、具体的にマーケティングプロセスはどのように実施していけばよいのでしょうか。マーケティングプロセスにおける6つの流れについて解説していきます。

マーケティングプロセス6つの流れ

先に説明したとおり、マーケティングプロセスは次の6つの流れに分けられます。

・環境分析

・セグメンテーション

・ターゲティング

・ポジショニング

・マーケティング・ミックス

・実行と評価

すべてのプロセスをきちんと理解することが自社に最適なマーケティング戦略の立案に繋がるので、6つの流れについてひとつずつ詳しく解説していきます。

環境分析

環境分析では、自社における内部環境と外部環境について分析します。企業の将来的な方向性や事業計画にかかわる重要なステップにも繋がる工程なので、しっかり見極めることがポイントです。ちなみに内部環境は自社の強みや弱みなど、外部環境は自社が参入する市場などが含まれます。

環境分析をいかせるのは新規参入のときだけではありません。既存事業の強化やリスクマネジメントとしても有効で、自社ならではの強みを発見することは事業を安定的に稼働させるうえで重要になるので定期的に実施することをおすすめします。

環境分析に効果的なフレームワークは以下のとおりです。

・3C分析

・SWOT分析

・PEST分析

・5フォース分析

セグメンテーション

セグメンテーションは、市場ニーズや消費者の持つ価値観をカテゴライズする作業で市場細分化とも呼ばれています。自社が提供したいものと市場や顧客の整合性があるか見極めるためにセグメンテーションの実施が必要です。

市場にあるすべてのニーズを満たすのは難しいので、細分化は年齢や職業、地域など顧客の属性を細かくカテゴリー化していきます。

ターゲティング

セグメント化された市場の中で、自社の強みをいかせる場所を選ぶことをターゲティングと言います。

ターゲットティングをするときは、特に次の5つについてよく検討しましょう。

・市場動向

・顧客の属性

・市場規模

・参照へ期の有無

・競合企業

自社が競争優位性を維持し続けられるか否か冷静に分析することが大切です。しっかりターゲティングできていないとその後のマーケティングに大きく影響するため、効果的なマーケティングをしたいのであればできるだけターゲティングに経営資源を投入することをおすすめします。

ポジショニング

ポジショニングは、市場の中で自社の商品やサービスをターゲットに認識してもらうためのプロセスです。競合他社との明確な差別化をすることがポイントになります。なぜなら、明確に差別化ができると、顧客は自社に対して商品価値や企業価値を感じるようになります。ポジションをしっかり確立できれば、消費者が自社の商品やサービスに対して求めていることが抽出できたり、新規ニーズの獲得に繋がったりします。

ポジショニングマップなどのフレームワークを用いるとポジショニングが効率良く進むので、ぜひ使用してみてください。

マーケティング・ミックス

マーケティング・ミックスでは、4Pや4Cなどのフレームワークを用いるといいでしょう。

マーケティング プロセス

ちなみに、4Pは企業視点であるのに対して、4Cは顧客視点で分析をするフレームワークです。近年は顧客視点で商品やサービスを分析することが重要視されているので、4C分析に時間を費やす企業が多いです。

マーケティング・ミックスを実施するタイミングで、KPIの洗い出しをしておくのを忘れないようにしましょう。KPI(Key Performance Indicator)とは、組織が独自に設定する業績評価指標のことです。ここで評価基準を明確に決めておくと、次の工程である実行と評価の作業がスムーズになります。

実行と評価

ここまでに説明したマーケティングミックスによって決定したマーケティング戦略を実施します。実行後は先に説明したKPIを用いてマーケティングの効果を測定し、改善・評価しましょう。

近年では、オフラインマーケティングだけでなく、オンラインマーケティング(デジタル・マーケティング)を併用した運用の重要性が叫ばれているので、ぜひ参考にしてください。

マーケティングプロセス成功のポイント

マーケティングプロセス成功のポイントは、次の4つです。

・ITに対してできるだけ投資する

・適切なマーケティングができる人材確保や育成に力を入れる

・「ランチェスターの法則」の活用(=ニッチャー戦略)

・デジタル・マーケティングにシフトする

まとめ

自社の商品やサービスの市場での位置づけを検討してプロモーションや価格を選定するまでの流れであるマーケティング・ミックスは、企業が効果的なマーケティングを実施するために必要不可欠です。

市場や顧客が多様化する中で、以前より増してマーケティングプロセスの重要性に注目が集まっています。今回紹介したポイントを参考に、ぜひ一度自社のマーケティングを見直すことをおすすめします。お金や時間はかかりますが、マーケティングプロセスは会社の将来に繋がりかねないので検討してみるといいでしょう。


<参考>

  1. マーケティングプロセス(Biz Hint)
  2. マーケティングを始めるための基礎~「マーケティングプロセス」を知っていますか?~(エムタメ!)
  3. マーケティングプロセスとは?売上を最大限に高める戦略の立て方(Workship MAGAGINE)
  4. KPI(Biz Hint)