メールマーケティング

メールマーケティングとは|メリット・デメリットや注目される理由を紹介

効果的、実施しやすい、コストパフォーマンスが良い、すぐに始められる。
そんなマーケティングがあれば、是非導入されたいですよね。それが、メールマーケティングです。

メールマーケティングは数あるマーケティングの中で、最もコストパフォーマンスが良いとされるマーケティング手法であり、簡単かつ即開始できるのが大きな魅力です。本記事では、具体的なメールマーケティングの注目点、種類と活用法を解説いたします。

メールマーケティングとは

メールマーケティングとは、Eメールを活用したマーケティング全般のこと。
見込み客に自社や自社製品への好感を与え、購入へと繋げることが目的です。

法人・個人を問わず、ターゲットである顧客に最適なタイミングで、各顧客にとって有益な情報・コンテンツを配信。そして、顧客を商品の購買や問い合わせなどの行動へと誘導します。

設定したマーケティングの目的から顧客の行動を逆算することで、目的達成へと繋がる行動を促すものであり、コンテンツを顧客に合わせて細分化できるマーケティング手法です。

メールマーケティングが注目される理由

メールマーケティングに欠かせない顧客情報は、ツールのデジタル化に伴って準備が容易になりました。また、既にヒットしたコンテンツを有していれば、再利用することで時間の節約もできます。

このように、非常にコストパフォーマンスが高い手法として、注目されているのです。メールマーケティングは、BtoBでもBtoCでも用いることができます。パソコンでEメールを開くことが多いBtoBでは、より効果的です。

メールマーケティングのメリット・デメリット

メールマーケティングには多数のメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。

ここでは、メリット・デメリットを具体的に解説します。

メールマーケティングのメリット

メールマーケティングのメリットとして、

・低コストで始めやすい
・コストパフォーマンスが高い
・効果測定がしやすい

ということがあげられます。それぞれのポイントについて、簡単に解説します。

低コストで始めやすい

メールマーケティングのメリットとして、低コストで導入・実施できるということが挙げられす。メールマーケティングに要する費用は分析ツールの導入にかかるコスト程度。

ランニングコストは、あまりかかりません。顧客情報とメール配信ツールの準備が完了すれば、運用開始できます。

コストパフォーマンスが高い

メールマーケティングは、既に興味を持っているユーザーが対象のため、高い効果を期待することができます。また、Eメール内に自社で運営するWebサイトのリンクを記載することで、メディアとの連携による相乗効果を図ることも可能。

コストを抑えながらも、多くの見込み客との接触ができるコストパフォーマンスの高いマーケティング手法といえます。

効果測定がしやすい

メールマーケティングは、顧客の反応を数字で確認できるため、効果が測定しやすい手法といえます。ユーザーに合わせた情報を分析して把握できるため、より効果的なアプローチが可能です。

メールマーケティングのデメリット

メールマーケティングのデメリットとして

・定期的なコンテンツの更新が必要
・ユーザー動向を把握しながら運用するため、負担が大きい

ということがあげられます。それぞれのポイントについて、簡単に解説します。

定期的なコンテンツの更新が必要

メールマーケティングは、継続的に顧客に訴えかけることで効果が発揮されます。ゆえに、常に魅力的なコンテンツの作成が求められます。それが負担となり、他の業務に集中できないケースも多くあります。

ユーザー動向を把握しながら運用するため、負担が大きい

魅力的なコンテンツの作成には、常に顧客の動向の把握が求められます。そして、様々な顧客の嗜好やトレンドを把握して変化に対応するには、大きな負担が伴います。

ステップメールの再設定など、定期的なコンテンツの見直しも必要です。

メールマーケティングの種類

費用対効果の高い施策であるメールマーケティングには、

・メルマガ
・ステップメール
・ターゲティングメール
・リターゲティングメール

など、様々な種類があります。

それぞれ得られる効果が異なるため、使い分けが必須です。以下では、各メールマーケティングの種類を説明いたします。

メルマガ

メルマガは、メールマーケティングの代表格であり、定期的かつ一斉に、顧客リストに対してEメールを配信する手法です。旬な情報やセール情報の配信が可能で、目的は、自社への信頼の育成などエンゲージメントの強化です。

ステップメール

ステップメールは、特定の行動を起こした顧客に対して、あらかじめ用意したEメールを配信する手法です。「特定の行動」とは、資料請求・セミナーの申し込み・無料トライアルの実施・商品購入など。

それを元に、次に顧客が求める情報を予想して一定期間内に複数のEメールを自動送信し、興味を示した顧客には配信内容を変化させて関心を高めます。継続したEメールの配信により、顧客が運営者を認識しやすくなることから、結果的に、商品やサービスに対する信頼の獲得も期待できます。

顧客に応じて段階的に情報を配信できるため、顧客により適切なメッセージを届けることが可能です。

ターゲティングメール(セグメントメール)

ターゲティングメールは、顧客の属性からターゲットを絞り、メール配信リストを切り分けて配信する手法です。特定の顧客が興味を持つ情報を提供するため、アクション率が高まります。

LTV(顧客生涯価値)の考え方が浸透していることから、既存顧客へのターゲティングメールによる再購買の促進は効果的なマーケティング手法といえます。

リターゲティングメール

リターゲティングメールとは、顧客が、どのサイトにアクセスしているか等の行動を追跡してアプローチする手法です。顧客の能動的な動きに対して、細分化したアプローチができるため、結果に繋がる確率が高まります。

メールマーケティングに必要なツール

メールマーケティングを行う上で必要なツールは「メール配信システム」と「MA」です。各ツールについて詳しく説明します。

メール配信システムとは

メール配信システムは、顧客に自動でEメールを大量配信や一斉配信するシステムです。通常のメールソフトで送信した大量のEメールは、迷惑メールと判断される確率が高くなるため、顧客が多いほどEメールの配信は困難で、マーケティング効果は期待できません。

その問題を解決するのが、メール配信システムなのです。宛先指定やEメール内容の変更等も一括で実施できるので、作業効率が大幅に向上します。

顧客管理システムと連携をすれば、パーソナライズされたEメールの配信が可能となり、より高いマーケティング効果が期待できます。比較的安価な点も、導入率を高めている要因です。

MAとは

MAとは、マーケティング活動を自動化することにより、作業効率を高める仕組みです。 MAの活用で、氏名・年齢・性別などの顧客の属性情報や、Eメールの開封履歴・クリック履歴・Webの行動履歴などの行動情報を取得することができるため、顧客の興味をより明確に把握することができます。

MAを実現するMAツールの使用で、メールマーケティングにおける作業プロセス全体を自動化し、顧客の多様なニーズに応じたEメールを配信できるため、多くの企業が重宝しています。

いくつかのシナリオを作成し、各分岐点でふさわしいステップメールの自動送信もできます。

メールマーケティングを成功させるには

メールマーケティングでは、各顧客に最適な情報を、正しいタイミングで配信することが必須です。したがって、配信するEメールが、顧客にとって役に立つかどうかを意識することが大切です。

明確性と情報を絞ることを心がけ、簡潔で読みやすい内容にしましょう。また、メリットを伝える件名と信頼できる送信者名にすることで、開封率の増加に繋がります。

まとめ

メールマーケティングは簡単で、コストパフォーマンスが高いのでマーケティング手法です。メリット・デメリットを把握した上で、うまく活用すると良いでしょう。

お役立ち資料ダウンロードはコチラ

<参考>

メールマーケティングとは?低コストで導入可能な費用対効果の高いマーケティング手法(SEDesign)

メールマーケティングとは?基礎知識から手順、成功事例までを徹底解説(マケフリ)

メールマーケティングとは何か?メルマガとの違いややり方を解説(配配メール)

メールマーケティングとは?効果を上げるために知っておきたい7つの誤り(ANAGRAMS)

なぜいま「メルマガ」ではなく「メールマーケティング」なのか(SynergyMarketing)

メールマーケティングとは?「小さな工夫で大きな効果」が得られる事例と改善手法(ferret)

メールマーケティングとは?成功事例や目標設定方法などを集約しました!(エムタメ!)

メールマーケティングはなぜ今重要なのか?最新のトレンドとともに解説(WiLL Cloud Blog)